南アサッカー、チェコビーチバレー選手の感染、イギリス陸上選手の濃厚接触も公表せず!コロナ感染状況を隠し続ける政府と組織委に批判

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
南アサッカー、チェコビーチバレー選手の感染、イギリス陸上選手の濃厚接触も公表せず!コロナ感染状況を隠し続ける政府と組織委に批判の画像1
東京2020オリンピック競技大会公式ウェブサイトより


 東京五輪が「一大クラスターイベント」となる可能性がまたしても高まった。来日している大会関係者や海外メディア関係者の「バブル崩壊」が連日伝えられているが、ここにきて、明後日22日に日本と対戦予定にある南アフリカのサッカー男子代表チームの選手2人とスタッフ1人の3人が新型コロナに感染し、濃厚接触者は21人にものぼっていることが判明したからだ。

 東京五輪組織委員会は、濃厚接触者となった選手について試合前6時間以内にPCR検査で陰性となれば出場できる、としている。ご存じのとおり、PCR検査では本当は感染していても陰性と出てしまう「偽陰性」の場合があり、「偽陰性」の選手が出場すれば、試合での接触によって感染を広げる可能性も十分に考えられる。実際、ブラジルで10日に閉幕したサッカー南米選手権(コパ・アメリカ)では、選手を含む大会関係者約180人が陽性と確認され、関係者から新たな変異株がブラジルではじめて検出される事態にまで発展した。

 この濃厚接触者の扱いひとつとっても、組織委は選手の命と安全を守ることを放棄しているとしか思えないが、最大の問題は、組織委がこの期に及んでもその「隠蔽体質」を改めようとしていないことだ。

 というのも、組織委は17日に選手村に滞在する大会関係者1名、さらに18日午前には選手2名が新型コロナの陽性が確認されたと発表したが、その際、明らかにされたのは「組織委に報告があった日、陽性が判明した日、国内在住者か海外在住者か、入国後14日以内か以降か、選手なのか役員なのかなどの立場」だけ。陽性者の国や地域、性別、出場種目などについては「プライバシーなどの観点から公表しない」という方針を貫き、「陽性者は同じ国で同じ競技」という情報しか明かそうとしなかった。

 ところが、海外メディアの報道を受けて南アフリカのオリンピック委員会が陽性判定を受けた3人が南アフリカのサッカー男子代表選手とビデオアナリストであることを公表し、一斉にメディアが報道。すると、同日夜になって組織委もその事実を認め、本日には濃厚接触者が21人にのぼることを公表したのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

南アサッカー、チェコビーチバレー選手の感染、イギリス陸上選手の濃厚接触も公表せず!コロナ感染状況を隠し続ける政府と組織委に批判のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。新型コロナウイルス東京五輪組織委員会編集部菅政権隠蔽の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 れいわから出馬 水道橋博士が主張する「反スラップ訴訟法」の重要性!
2 葵つかさが「松潤とは終わった」と
3 岸田政権の“改憲”の本命「緊急事態条項」はこんなに危ない!
4 町山、ロマン、水道橋、春日、豪の論戦
5 坂上忍『バイキング』打ち切りはフジ上層部による政権批判潰し
6 自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
7 維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
8 『女が嫌いな女』アンケートの噓を暴く
9 「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
10 古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
11 X JAPAN、TAIJIの死の謎
12 古舘伊知郎“最後の一刺し”がテレビ大賞
13 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
14 オリラジの吉本興業退所でマスコミが触れない松本人志をめぐる圧力
15 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
16 ペジー社社長の財団が山口敬之の実家に
17 ロシア入国禁止リストに“安倍元首相の名前なし”で「やっぱり」の声!
18 古舘降板は安倍とテレ朝上層部のせい
19 朴槿恵と同じ!安倍も操られていた
20 川島なお美が近藤誠の診断を告発
1「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
2自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
3維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
4 れいわから出馬 水道橋博士が主張する「反スラップ訴訟法」の重要性!
5古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄