菅首相が『ひるおび』で安倍政権批判をしていた柿崎明二・共同通信論説委員を首相補佐官に! リベラルも取り込むメディア工作

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

政権に批判的なメディアやジャーナリストにまで手を伸ばし懐柔する菅首相

 いずれにしても、この人事で再認識させられたのは、菅義偉という政治家のマスコミ支配の手口の凄まじさだ。菅氏といえば、マスコミ各社に圧力をかけ、『報道ステーション』(テレビ朝日)の古賀茂明氏や『クローズアップ現代』(NHK)の国谷裕子氏を降板に追い込む一方、極右論客や応援団としか付き合わなかった安倍前首相と違って、政権に批判的なジャーナリストへの懐柔、取り込み工作も熱心に行っているといわれていた。『NEWS23』のアンカーだった故・岸井成格氏が、ある日、自分の講演会に菅氏がいきなりやってきたことを証言したこともある。

 しかし、今回の人事はこうした菅氏の懐柔工作が想像以上にメディアに浸透し、広がりを見せていることを証明したと言えるだろう。

 実際、柿崎氏以外にも、いま、ワイドショーに出演している政治評論家や政治ジャーナリストのほとんどは菅氏と定期的に会っているといわれている。いや、フリーの政治評論家やジャーナリストだけではない。大手マスコミ、安倍政権に対しては批判的だった朝日や毎日の政治部にも菅シンパは多数おり、菅首相の誕生に歓迎の意思を示している幹部も少なくないという。

 このままいくと、すべての政治マスコミで菅政権批判がタブーとなる。安倍政権どころではない情報統制がしかれてしまうのではないか。

最終更新:2020.09.26 06:21

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

菅首相が『ひるおび』で安倍政権批判をしていた柿崎明二・共同通信論説委員を首相補佐官に! リベラルも取り込むメディア工作のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ひるおび!情報統制柿崎明二編集部菅義偉首相補佐官の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 桜前夜祭で安倍事務所が有権者に大量の酒、サントリーが無償提供
2 極右ヘイトの企業経営者総まくり(後)
3 れいわから出馬 水道橋博士が主張する「反スラップ訴訟法」の重要性!
4 大阪のオミクロン死者急増も松井市長はウザ絡みに夢中、水道橋博士に訴訟恫喝
5 極右ヘイトの企業経営者総まくり(前)
6 泉ピン子“五輪聖火リレー検討委”の裏
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 不正入札、リニア新幹線はアベ友利権だ
9 維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
10 町山、ロマン、水道橋、春日、豪の論戦
11 吉村知事への批判がテレビでも…北村教授、日本城タクシー社長、小木博明も
12 自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
13 古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
14 「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
15 ICANノーベル賞授賞式を日本マスコミが無視
16 吉村知事肝いりの大規模入院施設の利用率が最大7%で閉鎖
17 昭和の名作裏ビデオ史
18 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
19 安倍晋三「桜前夜祭」事件で秘書が「違法性を認識していた」と供述!
20 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
1桜前夜祭で安倍事務所が有権者に大量の酒、サントリーが無償提供
2自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
3維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
4 れいわから出馬 水道橋博士が主張する「反スラップ訴訟法」の重要性!
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄