【終戦記念日特別企画】日本の加害責任を検証するアンコール特集 その3

昭和天皇の末弟「三笠宮崇仁親王」が日本軍の南京での行為を「虐殺以外の何物でもない」と明言し、歴史修正主義を批判

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
昭和天皇の末弟「三笠宮崇仁親王」が日本軍の南京での行為を「虐殺以外の何物でもない」と明言し、歴史修正主義を批判 の画像1
宮内庁HPより


 75年という節目の終戦記念日。リテラ では、昨今のメディアで日本軍の「加害」責任が封じ込められていることに焦点をあて、その原因を作った歴史修正主義を批判し、日本の戦争犯罪の真実を暴く特別企画をお届けしている。

 第1弾、第2弾では中曽根康弘元首相、産経グループの総帥だった鹿内信隆の「軍の慰安所創設」への関与と下劣な発言と関与を改めて紹介したが、第3弾のテーマは南京虐殺。

 南京虐殺もまた慰安婦とならんで歴史修正主義者たちが躍起になって否定にかかっている。

 これは、日中戦争初期の1937年12月、首都・南京陥落以降に日本軍が行った中国人捕虜や民間人の殺害行為で、中国側が30万人が殺害されたと主張しているのに対し、日本の右派の多くは「大量虐殺ではなく暴動を鎮圧しただけ」「殺害されたのはせいぜい数百人」と主張してきた。安倍政権になると、それはさらにエスカレートし、「そもそも虐殺は存在しなかった」という“マボロシ論”までが跋扈。原田義昭・元環境大臣はじめ、自民党の政治家たちも、南京虐殺を否定するような発言を平気でおこなうようになった。

 リテラ では、これまで南京虐殺を否定するこうしたデマに反論する記事をいくつも配信してきたが、なかでも、反響のおおきかった記事を今回、再録したい。

 それは、三笠宮崇仁親王が日本軍の南京での行為を「虐殺以外の何物でもない」と明言していたことを報じた記事だ。三笠宮崇仁親王は先の戦争を引き起こした最大の責任者である昭和天皇の末弟であり、自らも軍人として、日中戦争時の1943年1月から1年間、中国・南京に派遣されている。

 そんな人物が南京での日本軍の行為を「虐殺以外の何物でもない」と断定したのはなぜなのか。三笠宮崇仁親王が逝去した2016年10月に、その理由と発言意義について詳しく考察しているので、ぜひ一読していただきたい

(編集部)

…………………………………………………………………………………………………………

 昭和天皇の末弟である三笠宮崇仁親王が、昨日10月27日、心不全により逝去した。享年100歳だった。一部メディアは、崇仁親王の先の戦争に対する反省の念や、戦争反対への思いなどを伝えているが、その発言は、マスコミが報じている以上に踏み込んだものだった。崇仁親王は、いまこの時代を支配している右傾化に対して、早くから警鐘を鳴らしてきたとさえ言える。

 それを象徴するのが、右派の“南京大虐殺はなかった”という歴史修正主義に対する強い批判だろう。

 1915年生まれの崇仁親王は、陸軍士官学校に進み、軍人となり、日中戦争時の1943年1月から1年間、「若杉参謀」の名で参謀として中国・南京に派遣された。このとき崇仁親王は「支那派遣軍総司令部」で「支那事変に対する日本人としての内省」という文書を書き、日本の侵略主義を批判したのだが、その文書が発見された1994年には、月刊誌のインタビューで“南京大虐殺はなかった”という論についてどう思うか聞かれ、このように述べている。

「最近の新聞などで議論されているのを見ますと、なんだか人数のことが問題になっているような気がします。辞典には、虐殺とはむごたらしく殺すことと書いてあります。つまり、人数は関係ありません。私が戦地で強いショックを受けたのは、ある青年将校から『新兵教育には、生きている捕虜を目標にして銃剣術の練習をするのがいちばんよい。それで根性ができる』という話を聞いた時でした。それ以来、陸軍士官学校で受けた教育とは一体なんだったのかという疑義に駆られました」(読売新聞社「This is 読売」94年8月号)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

昭和天皇の末弟「三笠宮崇仁親王」が日本軍の南京での行為を「虐殺以外の何物でもない」と明言し、歴史修正主義を批判 のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。三笠宮崇仁親王南京虐殺安倍政権宮島みつや日中戦争昭和天皇歴史修正皇室の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 ネトウヨ局アナ・小松靖がテレ朝看板ニュース番組のメインキャスターに!
2 ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
3 菅首相が『ひるおび』で安倍政権批判をしていた政治記者を首相補佐官に!
4 中曽根元首相の合同葬「1億円税金」はやっぱりおかしい!
5 中曽根元首相が慰安所開設の証拠
6 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
7 菅首相が訪問する福島の「伝承館」で国や東京電力の批判しないよう検閲
8 杉田水脈が自民党部会で「女性はいくらでも嘘をつけますから」
9 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
10 菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
11 山口達也の事件をNHKが隠蔽していた
12 悪評「マイナポイント」事業の広報費は54億円、電通が再び140億円
13 菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
14 『スシローと不愉快な仲間たち』第10話 安倍首相の「布マスク2枚」にあの人が…
15 大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
16 首相官邸のSNSはやはり電通が仕切っていた! 高橋まつりさんも母親に
17 菅原経産相辞任で田崎史郎不在の『ひるおび!』が政権批判
18 俳優・伊勢谷友介が自殺した近畿財務局職員の手記を読み危機感表明
19 安倍政権が消費者庁のジャパンライフ立入検査ツブシ、内部文書が
20 自粛補償を拒否、“ドケチ”全開の安倍首相がコロナを利用して改憲に前のめりに
1 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
2菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
3菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
4中曽根元首相の合同葬「1億円税金」はやっぱりおかしい!
5デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
6菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
7ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
8東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
9悪評「マイナポイント」事業の広報費は54億円、電通が再び140億円
10菅首相の叫ぶ「規制緩和」は30年前の流行語
11菅首相が訪問する福島の「伝承館」で国や東京電力の批判しないよう検閲
12ネトウヨ局アナ・小松靖がテレ朝看板ニュース番組のメインキャスターに!
13大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
14菅首相が『ひるおび』で安倍政権批判をしていた政治記者を首相補佐官に!
15ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
16河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化
17杉田水脈が自民党部会で「女性はいくらでも嘘をつけますから」
18『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
19竹内結子の自殺を受け加藤官房長官が国民の“自助”任せ発言

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄