自殺した赤木さんの妻が安倍首相の冷酷反応に「夫が生きてたら悔しくて泣いている」 ヒロミも思わず「なんだか怖い国だな」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
自殺した赤木さんの妻が安倍首相の冷酷反応に「夫が生きてたら悔しくて泣いている」 ヒロミも思わず「なんだか怖い国だな」の画像1
ニヤニヤ答弁する安倍首相(参議院インターネット審議中継より)


 森友問題の決裁文書改ざんを強要され自殺した近畿財務局職員・赤木俊夫さんが遺した遺書と手記をめぐって、安倍首相が下劣な本性を晒しつづけている。

 安倍首相は、赤木さんの手記に財務省の調査報告書とはあきらかに食い違う証言があるというのに、頑として再調査を拒否。23日におこなわれた参院予算委員会では、赤木さんの妻による〈安倍首相は、2017年2月17日の国会の発言で改ざんが始まる原因をつくりました〉〈この2人(安倍首相と麻生太郎財務相)は調査される側で、再調査しないと発言する立場ではないと思います〉というコメントが読み上げられたというのに、「自分の答弁が改ざんのターニングポイントになったとは手記には書かれていない」と強弁し、赤木さんの妻のコメントを真っ向から否定した。

 こうした安倍首相の態度に対し、赤木さんの妻は23日の午後、2度目となるコメントを発表。「怒りに震える」と感情をあらわにしたのだ。

〈今日、安倍首相や麻生大臣の答弁を報道などで聞きました。すごく残念で、悲しく、また、怒りに震えています。夫の遺志が完全にないがしろにされていることが許せません。もし夫が生きていたら、悔しくて泣いていると思います。〉
〈再調査をしないとのことですが、何を言われても何度も再調査の実施を訴えたいと思います。財務省の中の人が再調査をしても同じ結論になるので、是非、第三者委員会を立ち上げて欲しいと思います。このままうやむやにされるとすれば、夫の遺志が全く果たされないことになります。〉

 もし夫が生きていたら、悔しくて泣いている──。当然の感想だろう。赤木さんは命をかけてまで事実を告発したというのに、安倍首相はそれをことごとく無視しているのだから。しかも、このコメントが発表されたあとも、安倍首相は態度をまったくあらためようとしていない。昨日24日、マスコミは「安倍首相が自殺職員の妻に謝罪」などと報じたが、実際には謝罪などと呼べるシロモノではなかったのだ。

「安倍首相が謝罪」と伝えられたのは、昨日24日の参院財政金融委員会での答弁なのだが、まず、安倍首相は「奥さまに一言」と迫られると、手に持った書類に視線を落としたまま、「真面目に職務に精励していた方が自ら命を絶たれたことは、痛ましい出来事であり、本当に胸が痛む思いでございます」と18日にぶら下がり取材で発したのとまったく同じ言葉を繰り返した。「悲しく、怒りに震えている」と遺族がコメントを出したあとだというのに、安倍首相はこれみよがしに紙に書かれた文面を読み上げたのだ。

 これだけでも赤木さん夫妻を冒涜するような態度と言わざるを得ないが、問題の「謝罪」の場面でも、安倍首相の言葉は心無いものだった。

 安倍首相は、「奥さまにとってもですね、愛する方がああいうかたちで自らの命を絶たれた。本当に大変な思いをされたんだろうなとあらためてお見舞い、お悔やみを申し上げたいと思うところでございます」と答弁すると、こう続けた。

「いずれにいたしましても、いまの政府としての立場はいままで申し上げているとおりでございますが、我々のこうした答弁について、さまざまなお気持ちを持っておられるだろうなと、このように思いますし、お気持ちは察するところでございます。そういう意味では、ああした結果になったことについては、総理大臣として大変申し訳ない気持ちでございます」

「気持ちは察する」と口にしながら再調査を拒否する姿勢は崩さない上、赤木さんが自殺に追い込まれたことを「気持ちは察するが、そういう意味では、ああした結果になったことは申し訳ない」などと済ませたのである。一体、これのどこが「謝罪」だと言えるのだろう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

自殺した赤木さんの妻が安倍首相の冷酷反応に「夫が生きてたら悔しくて泣いている」 ヒロミも思わず「なんだか怖い国だな」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。バイキングヒロミ公文書改ざん坂上忍安倍晋三編集部赤木俊夫近畿財務局の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
2 自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
3 吉村洋文知事は「武富士」の盗聴犯罪を隠蔽するスラップ訴訟の代理人に
4 乙武洋匡が不倫旅行、5人の女性と関係
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
7 「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
8 ロシア入国禁止リストに“安倍元首相の名前なし”で「やっぱり」の声!
9 橋下徹バラエティ復帰でヒドい二枚舌
10 国会審議で「総理は嘘つき」が“侮辱罪”にあたる可能性を政府は否定せず
11 岸田政権の“改憲”の本命「緊急事態条項」はこんなに危ない!
12 三原じゅん子が「政権を握っているのは総理大臣だけ」と無知発言
13 浅田真央の父逮捕にマスコミ沈黙
14 マキタスポーツ「安倍は何の魅力もない」
15 ムツゴロウさんに動物虐待の過去?
16 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
17 安倍首相も森友土地取引に関与?
18 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
19 X JAPAN、TAIJIの死の謎
20 嵐・松本潤に葵つかさが反撃開始?
1「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
2自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
3維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
4ロシア入国禁止リストに“安倍元首相の名前なし”で「やっぱり」の声!
5古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄