ラグビー日本代表への“日本の心”押し付けがひどい! 外国籍の選手もいるのに神社でさざれ石を見学し君が代合唱、合宿に模造刀

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
ラグビー日本代表への日本の心押し付けがひどい! 外国籍の選手もいるのに神社でさざれ石を見学し君が代合唱、合宿に模造刀の画像1
ラグビーワールドカップ2019日本大会公式HPより


 現在開催中のラグビーワールドカップ。日本代表の快進撃が大きな話題となっている。13日には、決勝トーナメント進出と日本初のベスト8入りを懸けたスコットランド戦が行われる予定で、その熱はこれからますます高まっていくことだろう。

 ラグビー人気が高まるのはけっこうだが、気になるのが、メディアがやたら「チーム全員が日本の心をもっている」といったことを強調する点だ。

 ご存知の通り、今大会を戦う日本代表チームは31人中15人が外国にルーツをもつ選手で、出身地もトンガとニュージーランドが各5人、南アフリカが2人、韓国、オーストラリア、サモアから1人ずつと、多岐にわたる。

 サッカーや野球など多くのスポーツとは違い、ラグビーは日本国籍をもっていなくても代表チームに入ることができる。本人が日本で生まれた、両親・祖父母のうち1人が日本で生まれた、3年連続もしくは通算10年日本に居住している、この3つのうちどれかひとつの条件を満たせば日本代表チームに選出される資格をもつことになる。


 そういうわけで日本代表は多様なルーツをもつ選手が集まったチームになっており、それは日本のみならず多くの国の代表チームが似たような状況にある。

 それにも関わらず、メディアはやたらと「選手が日本の心をもっている」と強調するのである。

 典型的だったのが、6日放送『真相報道バンキシャ!』(日本テレビ系)である。

 番組では、今年7月中に合宿中の日本代表が訪れた場所として、宮崎県日向市の大御神社をレポート。この神社は君が代の一節「さざれ石の巌となりて」の“さざれ石がある神社”とされているといい、神社の新名光明宮司が「しめ縄が張ってある、あれが、さざれ石。細かな石が集まって、砂やら粘土やらと入り交じりながら、大きな巌となりました。塊はさざれ石の巌となりて、巌でしょうね」と解説。

 宮司は、7月に同所へ訪れた日本代表チームにも同様の解説をしたのだろう。「リーチ・マイケルキャプテンがひと言おっしゃいました。『心を固めて大きな巌になろうじゃないか』」などと、当時の選手たちの様子を振り返った。

 番組では7月に日本代表チームが訪れた際の実際の映像も流されたのだが、そこには選手たちがこの“さざれ石”の前に立ち、神妙な表情で君が代を合唱する様子が映し出されていた。

 練習で忙しいなか、わざわざ、さざれ石がある神社まで足を運んだ理由について、合宿に参加していた山本幸輝選手は「マイケル・リーチさんがリーダーとなって、週に1回少ない時間をとって、その時間で日本の歴史とか文化を学ぶ時間っていうのをつくったりしてやっていました」と、日本代表チームの教育方針を証言する。実際、『バンキシャ』では他にも、“日本の心”を理解するために代表チームが遠征先や合宿に甲冑と模造刀を持ち込んでいる様子も紹介していた。

 その後、VTRが終わってスタジオに戻るとこうした代表チームの取り組みについてMCの夏目三久アナウンサーは「日本の文化を学ぶことがチームづくりにとてもよく効いていますよね?」と評価し、コメンテーターのラグビー元日本代表選手・大畑大介氏も「日本の文化を知る。そして、自分たちがこの国で戦っていることを考えて、母国じゃなく日本代表、日本を選んだという、熱い男たちの集まりなんですよね」と肯定的に語った。

 こうした論調は『バンキシャ』に限ったものではない。7日放送『モーニングショー』(テレビ朝日系)も「サモア撃破で3連勝! 悲願の8強へ多国籍JAPANをまとめる和の心」「日本の“輪”を強くする“和”の心」とタイトルをつけてラグビーを取り上げ、先に述べた神社の件などを紹介。また、レメキ・ロマノ・ラヴァ選手による「君が代を聞くと泣きそうな気持ちになる。この国のために戦う覚悟があるから、日本のジャージを着ている」というコメントも好意的に紹介していた。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

ラグビー日本代表への“日本の心”押し付けがひどい! 外国籍の選手もいるのに神社でさざれ石を見学し君が代合唱、合宿に模造刀のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ナショナリズムラグビーワールドカップリーチ・マイケル君が代森喜朗編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
2 吉村府知事の眉唾発表「うがい薬でコロナに勝てる!」にツッコミの嵐
3 安倍昭恵夫人のウズハウスに出資者がIR汚職に絡んで特捜部に逮捕
4 内閣不支持62%、国会開くべき8割…それでも国会から逃げる安倍首相!
5 “フジのスシロー”平井文夫解説委員と安倍夫妻の関係を物語る2枚の写真
6 安倍政権の“国会拒否”を田崎史郎と八代英輝がフェイク丸出しで擁護
7 吉村洋文知事がコロナワクチン開発でもペテン手口!
8 読売TV『あさパラ!』が岡田晴恵の容姿をからかうセクハラ的バッシング!
9 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
10 首相諮問会議入りした三浦瑠麗のトンデモコロナ言説
11 現役グラドルが芸能界の裏を暴露
12 自民党員の東京都医師会会長もブチ切れ「一刻も早く国会を開け」
13 神社宮司が日本会議や神社本庁を批判
14 マツコがいじめ、弱者叩きの構造を喝破
15 維新は優生思想政党! 馬場幹事長がれいわ舩後議員の「生きる権利」発言を否定
16 韓国の“首相謝罪”像が意外な展開に…「安倍首相は日本国民に謝れ」の声
17 大阪のコロナ陽性率は東京の倍…それでも吉村知事は自粛呼びかけず
18 また打ち上げ失敗 ホリエモンのロケット事業に経産省が巨額の血税投入
19 日本のPCR検査数は世界158位、死亡率もアジアで最悪レベル
20 RADWIMPS野田洋次郎の優生思想丸出し差別発言の背景にあるもの
1GoTo受託団体は二階幹事長らへ4200万円献金以外に巨額パーティ券購入も!
2また打ち上げ失敗 ホリエモンのロケット事業に経産省が巨額の血税投入
3 Go Toのせいで軽症者用ホテル確保が困難に、でも菅官房長官は
4自民党員の東京都医師会会長もブチ切れ「一刻も早く国会を開け」
5 安倍政権の“国会拒否”を田崎史郎と八代英輝がフェイク丸出しで擁護
6内閣不支持62%、国会開くべき8割…それでも国会から逃げる安倍首相!
7韓国の“首相謝罪”像が意外な展開に…「安倍首相は日本国民に謝れ」の声
8 首相諮問会議入りした三浦瑠麗のトンデモコロナ言説
9コロナ感染が再拡大するなか安倍首相が有名人とステーキ会食!
10吉村府知事の眉唾発表「うがい薬でコロナに勝てる!」にツッコミの嵐
11天皇が元SEALDs 奥田父を招きネトウヨが批判、雅子皇后は貧困問題に関心
12安倍昭恵夫人のウズハウスに出資者がIR汚職に絡んで特捜部に逮捕
13「布マスク、さらに8千万枚」に国民の不満が殺到、小泉今日子も疑問の声!
14大阪のコロナ陽性率は東京の倍…それでも吉村知事は自粛呼びかけず
15専門家の意提案を拒否する安倍政権、政権のいいなりになる尾身茂会長
16小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
17日本のPCR検査数は世界158位、死亡率もアジアで最悪レベル
18小学館で新たに3人がコロナ感染も外部には公表せず!
19ALS患者を殺害した元厚労省医系技官らの優生思想! 麻生や古市と同類
20RADWIMPS野田洋次郎の優生思想丸出し差別発言の背景にあるもの

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄