「あおり運転」で指名手配、晒し者逮捕…警察を過剰対応に走らせたのは異常なワイドショー過熱報道と安倍政権の閣僚だった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
「あおり運転」で指名手配、晒し者逮捕…警察を過剰対応に走らせたのは異常なワイドショー過熱報道と安倍政権の閣僚だったの画像1
あおり運転をいち早く報じた『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日)


 茨城県の常磐自動車道であおり運転をし、被害者を殴ったとされる宮崎文夫容疑者が18日、逮捕された。テレビのワイドショーは一斉にその逮捕の瞬間の映像を流し、「ようやく逮捕された」「これでモザイクが外せる」などと凶悪事件が解決したかのように大はしゃぎしている。

 しかし、考えてみてほしい。これ、本当にそこまで大騒ぎするような事件だったのか。たしかにドライブレコーダーに映し出されたこの男がやったあおり運転と暴行は犯罪だし、交通ルール上も危険な行為ではある。しかし、男は凶器を所持していたわけでも、殺人などの重大犯罪を犯したわけでもない。やったことはただの傷害なのだ。

 ところが、茨城県警はたかが傷害容疑のこの事件で容疑者を全国に指名手配し、さらには殺人や強盗事件を担当する捜査一課を投入。その後も大阪、名古屋、神奈川など男性の関係先に大量の捜査員を投入した。さらにこの宮崎容疑者の車に同乗し、ガラケーで暴行を撮影していた交際女性まで一緒に「犯人隠避」で逮捕してしまった。

 しかも、ひどかったのが、その逮捕の情報をマスコミに実況中継させたことだ。

「フジテレビや日テレなど複数の局が逮捕の現場にいて、その瞬間を映像に収め、放送していた。これは、事前に捜査当局から逮捕情報の日時や場所をリークされたとしか思えない。警察はマスコミ注目の事件を、格好のPRの機会にしようをと考えたんだろうが、こんな小さな事件で逮捕をショーにするというのは、明らかにやりすぎでしょう」(全国紙社会部記者)

 過剰としか言いようのない警察の対応だが、しかし、警察をこんな風に駆り立てたのは、明らかにマスコミ、特にワイドショーだ。

 そもそも今回の問題はテレビ朝日が被害者男性のドライブレコーター映像を入手、今月12日から13日にかけてニュースやワイドショーで放送したことが発端だった。この映像が大きな反響を呼んだのを受け、各局ワイドショーも一斉に後追い、連日、問題の映像を何度も繰り返し大々的に報道した。その報道時間は、35人もの死亡者を出した京アニ放火事件や、川崎市登戸のスクールバス襲撃事件を超える規模に思えたほどだ。

 報道量だけではない。コメンテーターたちも、まるで史上最悪の凶悪犯罪を語るような調子で、口々にこの暴行を働いた男を糾弾した。

 たとえば『直撃LIVEグッディ!』(フジテレビ)で安藤優子が「ここまで悪質なのは初めて見ました」「下手したら殺されてますよね」と大仰なコメントを発すれば、『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日)では玉川徹が「常識的じゃないっていうところを越えて、異常性を感じる」と猟奇犯のように糾弾。16日の『ひるおび!』(TBS)では、立川志らくが「どんな重い罪にしても、頭が悪いから理解できない」「人の心がないから、こういうのはどうにもなんない」「法律上ひどい目にあわせないと自分の身で痛い思いをしないと絶対にわからない」と、まるで“死刑にしろ”と言わんばかりのひどいコメントを垂れ流した。

 いや、暴行をはたらいた男に対してだけではない。同乗していた女に対しても、前出の志らくが「バカにバカがくっついてきて」、松本人志が「つがいでなんとか刑に処してほしい」と発言するなど、ヒステリックな糾弾が繰り広げられた。

 そして、こうしたワイドショーや世論の過熱に乗っかったのが、安倍政権の閣僚だった。15日、山本順三国家公安委員長が閣議後の記者会見で、この事件について「言語道断」「あらゆる法令を駆使した厳正な取り締まりを行い、抑止に努めたい」と発言。これを受け、翌日、茨城県警が豹変。「社会的影響の大きい事件」であるとして、異例の指名手配を行なったのである。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

「あおり運転」で指名手配、晒し者逮捕…警察を過剰対応に走らせたのは異常なワイドショー過熱報道と安倍政権の閣僚だったのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。あおり運転テレビ朝日ワイドショー伊勢崎馨安倍政権の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 『めざまし8』で3時のヒロイン・福田らが「吉村知事はタイプ」話で盛り上がる
2 コロナのさなか自公が高齢者の医療費負担を2倍にする法案を強行採決へ
3 大阪の入院率10%のなか、維新議員が「コロナ感染、即、入院」で非難殺到!
4 菅首相が「人流は間違いなく減少」と真っ赤な嘘! 東京駅前は昨年の1.8倍
5 三浦瑠麗“大震災時に迫撃砲”もフェイク
6 西村担当相が「マスクでも感染」認めたのに濃厚接触者の定義変更しない菅政権
7 東京都が東京五輪の観戦に子ども81万人を動員! 感染拡大中に通達
8 大阪に看護師不足は維新のせい!橋下徹は看護師の給料を「バカ高い」と攻撃
9 大阪で123の病床が削減! コロナ医療崩壊でも菅政権が強行する医療カット
10 菅首相がコロナ対応の失敗を改憲にスリカエる発言! 国民投票法も強行成立
11 自殺した赤木さんの妻が『バイキング』生放送中にLINEで…
12 吉村知事が「変異株対応」を強調して私権制限主張も…国内初の変異株死者を隠蔽
13 葵つかさが「松潤とは終わった」と
14 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
15 大阪「高齢者の入院の優先順位下げろ」は職員の問題ではない! 吉村知事も
16 吉村知事が“批判逃れ”に必死! 橋下徹と宮根誠司は“同情誘う作戦”
17 吉村知事は自己正当化モンスター!「重症センター」縮小をつっこまれ
18 日本城タクシー坂本社長が橋下徹を再び論破!「アホな議論」と一刀両断
19 名古屋リコール不正で維新市議が関与を証言!吉村知事、松井市長の責任
20 菅首相が「休んでいる看護師がいるから五輪に500人」妄言の直前に…
1東京都が東京五輪の観戦に子ども81万人を動員! 感染拡大中に通達
2大阪の入院率10%のなか、維新議員が「コロナ感染、即、入院」で非難殺到!
3コロナのさなか自公が高齢者の医療費負担を2倍にする法案を強行採決へ
4吉村知事が“批判逃れ”に必死! 橋下徹と宮根誠司は“同情誘う作戦”
5 菅首相がコロナ対応の失敗を改憲にスリカエる発言! 国民投票法も強行成立
6安倍晋三「朝日の捏造体質は変わらない」発言に「お前が言うか」と非難殺到
7吉村知事が「変異株対応」を強調して私権制限主張も…国内初の変異株死者を隠蔽
8大阪で123の病床が削減! コロナ医療崩壊でも菅政権が強行する医療カット
9 菅首相が「人流は間違いなく減少」と真っ赤な嘘! 東京駅前は昨年の1.8倍
10『めざまし8』で3時のヒロイン・福田らが「吉村知事はタイプ」話で盛り上がる
11 大阪「高齢者の入院の優先順位下げろ」は職員の問題ではない! 吉村知事も
12市長選で優勢 河村たかし市長との焼肉会食をリコール不正渦中の事務局長が
13東京五輪組織委が看護協会に「看護師500人動員」を要請する横暴!
14菅首相が「休んでいる看護師がいるから五輪に500人」妄言の直前に…
15緊急事態宣言発出で菅首相がついた大嘘 バッハシフトを追及する質問は無視
16西村担当相が「マスクでも感染」認めたのに濃厚接触者の定義変更しない菅政権
17フジ系『最高のオバハン』が結婚詐欺師の名を小室氏と一字違いの「小室敬」に

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄