『夕凪の街 桜の国』が描く被爆の恐ろしさ! 作者こうの史代が直面した、広島・長崎以外の人は原爆を知らないという現実

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

平和について考え伝えてゆくことを、遠慮してる場合じゃない

 またもうひとつは、広島と長崎出身者以外は本当に原爆のことをほとんど知らないという事実に上京後気づいたからだった。

〈わたしと違ってかれらは、知ろうとしないのではなく、知りたくてもその機会に恵まれないだけなのでした。だから、世界で唯一(数少ない、と直すべきですね「劣化ウラン弾」も含めて)の被爆国と言われて平和を享受する後ろめたさは、わたしが広島人として感じていた不自然さより、もっと強いのではないかと思いました。遠慮している場合ではない、原爆も戦争も経験しなくとも、それぞれの土地のそれぞれの時代の言葉で、平和について考え、伝えてゆかねばならない筈でした。まんがを描く手が、わたしにそれを教え、勇気を与えてくれました〉

『夕凪の街 桜の国』は大きな反響を呼び、文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞、手塚治虫文化賞新生賞といった賞を受賞し、2007年には、田中麗奈、麻生久美子らの出演で映画化もされている。

 しかし、その一方で批判の声もあった。その代表的なものが「原爆スラム」をめぐる議論である。『夕凪の街 桜の国』の「夕凪の街」編では、「原爆スラム」と呼ばれるバラックが立ち並んだ集落での日常が描かれているのだが、本当はその街にいたはずの在日朝鮮人や引き揚げ者などが描かれておらず、なかったことにされているという問題が、川口隆行『原爆という問題領域』(創言社)や、「ユリイカ」(青土社)掲載の村上陽子「原爆文学の系譜における『夕凪の街 桜の国』」で指摘されている。

 また、こうの史代本人にとっても、『夕凪の街 桜の国』での反省はあった。それは「戦争」を語るうえで、あまりにも「原爆」にフォーカスし過ぎてしまったという問題だ。前掲「ユリイカ」に掲載された漫画家の西島大介との対談でこうの史代はこのように語っている。

「「原爆」というとすぐに「平和」に結びつけて語られるのが私はいやなのだと思います。だって、まるで原爆が平和にしてくれたかのようじゃないですか。そこにすごく違和感があって、だから原爆の話にばかり食いつくひとにすごく抵抗がある」
「原爆ものだけで戦争を語るのは不充分だという思いがあったので、よその地域の戦災についても描くことにしたんです」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

      『夕凪の街 桜の国』が描く被爆の恐ろしさ! 作者こうの史代が直面した、広島・長崎以外の人は原爆を知らないという現実のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。こうの史代原爆夕凪の街 桜の国常盤貴子編集部の記事ならリテラへ。

      人気記事ランキング

      総合
      いいね! 数
      1 籠池夫人が安倍夫妻、榮太郎、青山繁晴らの嘘と手のひら返しを暴露
      2 片山さつき大臣に国税への100万円口利き疑惑が浮上
      3 百田尚樹がウーマン村本とのバトルで
      4 稲田朋美が極右集会で小川榮太郎と
      5 ZOZO田端が「過労死は自己責任」で炎上
      6 櫻井よしこは嘘つきだ!小林節が告発
      7 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
      8 菅に日歯連から3000万円迂回献金
      9 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
      10 本田圭佑の朝鮮学校訪問と発言の勇気
      11 森友学園問題で安倍の虚偽答弁が発覚!
      12 民放連が改憲CMを無制限垂れ流しの方針
      13 蓮池透氏がさらに安倍の詐術を批判!
      14 安倍首相がカジノ法で虚偽答弁!トランプ圧力やっぱりあった
      15 「トランプに皮肉」村上春樹の本格的トランプ・安倍批判
      16 加計幹部が官邸訪問、安倍と下村が
      17 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
      18 茅ヶ崎市での慰安婦映画上映に慰安婦像を蹴った極右団体が
      19 グッディ!土田マジギレ真の原因
      20 『ZERO』降板の村尾、安倍首相ブチギレ事件
      1加計理事長会見で新聞・テレビ記者が徹底糾弾!
      2サザン桑田が“政治風刺辞めない”宣言!紅白での炎上にもめげず
      3 柴山文科相「教育勅語」発言は政権の総意
      4加計理事長のデタラメ会見に加計学園の職員が
      5ノーベル平和賞ムクウェゲ医師が批判した慰安婦問題
      6旭日旗問題で國村隼の発言は正論だ! 
      7本田圭佑の朝鮮学校訪問と発言の勇気
      8翁長前知事県民葬で菅官房長官に「嘘つき」の怒号
      9百田、上念、有本、WiLL…安倍応援団の小川榮太郎切りが醜悪!
      10籠池夫人が安倍夫妻、榮太郎、青山繁晴らの嘘と手のひら返しを暴露
      11安倍首相がカジノ法で虚偽答弁!トランプ圧力やっぱりあった
      12百田尚樹がウーマン村本とのバトルで
      13靖国神社宮司が天皇批判!右派勢力が陥る倒錯
      14民放連が改憲CMを無制限垂れ流しの方針
      15茅ヶ崎市での慰安婦映画上映に慰安婦像を蹴った極右団体が
      16稲田朋美が極右集会で小川榮太郎と
      17テイラー・スウィフトのトランプ批判に拍手
      18フジ、テレ東、NHKの入管PR番組と安倍政権の排外政策
      19『ワイド!スクランブル』コメンテーター就任の柳澤秀夫に期待
      20 スクープ! 神社本庁・田中総長が辞意を撤回

      人気連載

      アベを倒したい!

      アベを倒したい!

      室井佑月

      ブラ弁は見た!

      ブラ弁は見た!

      ブラック企業被害対策弁護団

      ニッポン抑圧と腐敗の現場

      ニッポン抑圧と腐敗の現場

      横田 一

      メディア定点観測

      メディア定点観測

      編集部

      ネット右翼の15年

      ネット右翼の15年

      野間易通

      左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

      左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

      赤井 歪

      政治からテレビを守れ!

      政治からテレビを守れ!

      水島宏明

      「売れてる本」の取扱説明書

      「売れてる本」の取扱説明書

      武田砂鉄