三田友梨佳アナが“女性専用車両乗り込み男性”を痛烈批判!「女性専用車両は避難場所、なにが男性差別なのか」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
三田友梨佳アナが女性専用車両乗り込み男性を痛烈批判!「女性専用車両は避難場所、なにが男性差別なのか」の画像1
『直撃LIVEグッディ!』(フジテレビ)番組ホームページより


 ここ最近、女性専用車両をめぐって問題が多発している。鉄道会社が女性専用車両を設けていることは「男性差別」であるとして、女性専用車両に男性が乗り込みトラブルを起こす事件が多発しているのだ。なかには、注意を促す女性や駅員の姿を動画におさめてネット上に晒すという行為を楽しんでいる人物もいる。この件はメディアでも取り上げられており、本サイトでも先日この問題を報じ、彼らの行為は痴漢犯罪の現実を無視した女性憎悪であると厳しく批判した(リンク)。

 しかし、ワイドショーのこの問題への反応はどこか鈍いものだ。「男性の言い分もわからないでもない」といった、ある種の「どっちもどっち論」がもちだされ、トラブルを起こした男性たちの卑劣な行動への批判はもちろん、そもそもなぜ女性専用車両が導入されたかといった痴漢問題への本質的な言及や、女性専用車両をめぐって「男性差別」という逆張りのロジックがもちだされるグロテスクな現象についての言及が満足になされていないのが現状だ。

 だが、2月28日放送の『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ)は違った。番組では、まず、2月16日に東京メトロ・千代田線で起きた騒動と、同月22日にJR東日本・京浜東北線で起きた騒動の動画を紹介。

 これを受けたスタジオで、番組MCの安藤優子が「女性だけが優遇されてるってことが我慢ならないってことでしょ? 優遇されてるわけじゃないじゃないですか。痴漢冤罪を防止するという意味では男性側のメリットもあるじゃないですか。これは女性とか男性差別の話ではないと思いますよ」と怒りを滲ませると、三田友梨佳アナウンサーも後をつぎ、痴漢という犯罪がいかに被害者に恐怖を与えるものであるかをこのように語ったのだ。

「全然気持ちを理解してないですよね。たぶん、痴漢に遭ったことがある人じゃないと、どれだけの恐怖心なのかわからないと思うんですよね。私のまわり、ほとんどの人が痴漢に遭ったことがあって。痴漢に遭ったら声も出ないし、動きもできないですし、ただ震えて涙が出てくる。しかも、その後、トラウマになる。その避難場所として、この女性専用車両があることの、なにが男性差別になるんだろうと思ってしまいます」

 この日の『グッディ!』では、「どっちもどっち論」などは登場しなかった。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

三田友梨佳アナが“女性専用車両乗り込み男性”を痛烈批判!「女性専用車両は避難場所、なにが男性差別なのか」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。三田友梨佳女性専用車両直撃LIVE グッディ!編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
2 中曽根元首相の合同葬「1億円税金」はやっぱりおかしい!
3 菅首相が『ひるおび』で安倍政権批判をしていた政治記者を首相補佐官に!
4 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
5 菅首相が訪問する福島の「伝承館」で国や東京電力の批判しないよう検閲
6 杉田水脈が自民党部会で「女性はいくらでも嘘をつけますから」
7 菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
8 山口達也の事件をNHKが隠蔽していた
9 菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
10 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
11 悪評「マイナポイント」事業の広報費は54億円、電通が再び140億円
12 中曽根元首相が慰安所開設の証拠
13 安倍政権が消費者庁のジャパンライフ立入検査ツブシ、内部文書が
14 ジャパンライフの広告塔に田崎とNHK島田も
15 報道特集が中曽根の慰安所作りを報道
16 小泉今日子が怒りの反論「共産党から出馬」ガセ情報は内調の仕掛けか
17 東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
18 大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
19 菅首相の叫ぶ「規制緩和」は30年前の流行語
20 安倍首相の病状説明に矛盾 「体調異変」と説明した時期にステーキ
1 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
2菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
3菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
4中曽根元首相の合同葬「1億円税金」はやっぱりおかしい!
5デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
6菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
7ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
8東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
9悪評「マイナポイント」事業の広報費は54億円、電通が再び140億円
10菅首相の叫ぶ「規制緩和」は30年前の流行語
11菅政権の官房長官に決定 加藤勝信厚労相がコロナ対応で見せた無能
12菅首相が訪問する福島の「伝承館」で国や東京電力の批判しないよう検閲
13大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
14河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化
15菅首相が『ひるおび』で安倍政権批判をしていた政治記者を首相補佐官に!
16菅内閣が「第三次安倍政権」化! 6月の時点で密約説
17杉田水脈が自民党部会で「女性はいくらでも嘘をつけますから」
18『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
19ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄