改憲に動き始めた安倍首相の「押しつけ憲法論」は嘘だらけ! GHQ支配の元凶は自民党とお前のじいさんだ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 WGIPの存在自体は1989年に保守系文芸評論家の江藤淳が『閉された言論空間』(文藝春秋)で初めて指摘した。その後、藤岡信勝、小林よしのり、櫻井よしこ、西尾幹二らに受け継がれ、第2次安倍政権発足と軌を一にするかのように再び脚光を浴びるようになった。ここ1〜2年の間だけでも『日本が二度と立ち上がれないようにアメリカが占領期に行ったこと』(高橋史朗/致知出版社)、『GHQの日本洗脳』(山村明義/光文社)、『日本人を狂わせた洗脳工作』(関野通夫/自由社)、『まだGHQの洗脳に縛られている日本人』(ケント・ギルバート/PHP研究所)、『ひと目でわかる「GHQの日本人洗脳計画」の真実』(水間政憲/PHP研究所)……と、多数のWGIP史観本が出版されている。

 WGIP史観論者は、こうしたアメリカによる“洗脳工作”が成功して、「戦前の日本はすべて悪だった」とする、いわゆる「自虐史観」がかたちづくられていったというのだ。彼らは、アメリカ(GHQ)による「精神の奴隷化」もしくは「精神的非武装化」政策ともいう。

 確かにアメリカが主導したGHQの施策は、これらの書物が指摘するように当時の日本人をマインドコントロールしようとする側面があったのは事実だ。それまで日本を支配していた天皇崇拝、愛国心、滅私奉公といった封建的価値観を破壊し、アメリカ流の価値観を植えつけようとしたことは間違いない。

 だが、少なくとも、自民党、とくに安倍には、これを言う資格はない。なぜなら、アメリカによる「精神の奴隷化」政策がいまも続いているのは、他ならぬ歴代自民党(親米保守)政権が積極的にそうしてきたからだ。安倍首相は「占領下につくられた仕組みを変えることが自民党立党の原点だ」と言っているが、真っ赤な嘘である。

 そもそも自民党は、戦後日本でほぼ一貫して支配的立場にあった。それが立党の原点にあるなら、なぜ自民党は60年経ったいまも「戦後を終わらせる」ことができないままなのか。

 それは、「戦後の占領状態」が続くことが自民党の保身につながるからだ。そのことを鋭く指摘したのが気鋭の政治学者、白井聡の『永続敗戦論──戦後日本の核心』(太田出版)だ。

 日本の戦後の正体は「敗戦」を「終戦」置き換えたことにあると白井は言う。「戦後」のスタートである8月15日を、日本では「終戦記念日」と呼んでいる。しかし、当たり前だが戦争は自然に「終わった」わけではない。戦争は日本の敗北によって終わったのだ。にもかかわらず、この日は「戦争に負けた」日ではなく、「戦争が終わった」日として認識されている。この「敗戦」を「終戦」と言い換える欺瞞によって、戦後レジームの根本が成り立っているというのである。白井はこれを「敗戦の否認」と呼んでいる。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

永続敗戦論――戦後日本の核心 (atプラス叢書04)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

改憲に動き始めた安倍首相の「押しつけ憲法論」は嘘だらけ! GHQ支配の元凶は自民党とお前のじいさんだ!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。エンジョウトオル安倍晋三憲法の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 五輪の有観客開催強行のため菅首相が会見で空疎な嘘を連発!
2 組織委が五輪取材の海外メディアに「隔離0日」になる“抜け穴”例文を提示!
3 国会延長拒否の菅政権が「土地規制法案」だけ強行採決へ!その危険な中身
4 G7で“借りてきたネコ”状態の菅首相をヨイショするためNHKがフェイク!
5 講演で稼ぐネトウヨ文化人のビジネス
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 平井卓也のヤクザ並み恫喝はオリパラアプリのデタラメ発注をごまかすため! 
8 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
9 JOC経理部長の飛び込み自殺で囁かれる「五輪招致買収」との関係,
10 「大阪の自宅死が全国最多」でも吉村知事を追及できないマスコミ 朝日も…
11 高須院長が田中事務局長と鈴木宗男に超法規的なリコール期限延長を陳情
12 吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり!
13 五輪組織委の現役職員が異常な人件費と中抜きの実情を告発!
14 吉村知事の大阪府は「時短協力金」支給も大幅遅れでダントツ最下位! 
15 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
16 保釈 河井案里被告と菅首相の特別な関係を物語る”パンケーキ動画”
17 変異株クラスター発生のなか…政府は病床使用率の変更
18 セカオワFukaseのいじめ発言
19 五輪選手の親はみんな“毒親”なのか?
20 竹中平蔵パソナの利益が前年の10倍以上に!五輪とコロナ対策事業のおかげ
1JOC経理部長の飛び込み自殺で囁かれる「五輪招致買収」との関係,
2五輪組織委の現役職員が異常な人件費と中抜きの実情を告発!
3炎上、竹中平蔵がYouTubeで「一部の既得権者が利益」とおまゆう発言
4「大阪の自宅死が全国最多」でも吉村知事を追及できないマスコミ 朝日も…
5変異株クラスター発生のなか…政府は病床使用率の変更
6組織委が五輪取材の海外メディアに「隔離0日」になる“抜け穴”例文を提示!
7G7で“借りてきたネコ”状態の菅首相をヨイショするためNHKがフェイク!
8平井卓也のヤクザ並み恫喝はオリパラアプリのデタラメ発注をごまかすため! 
9国会延長拒否の菅政権が「土地規制法案」だけ強行採決へ!その危険な中身
10吉村知事の大阪府は「時短協力金」支給も大幅遅れでダントツ最下位! 
11高須院長が田中事務局長と鈴木宗男に超法規的なリコール期限延長を陳情
12聖火リレーの醜いスポンサーファースト 子どもにスポンサー品の着用強要
13五輪映画監督の河瀨直美が露骨な五輪礼賛発言、反対の声を八つ当たり扱い!
14五輪の有観客開催強行のため菅首相が会見で空疎な嘘を連発!
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄