たかじんも健さんも膝をうつ? 相続トラブルを詠った短歌集が登場!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
souzoku_01_150120.jpg
『相続百人一首 相続対策を短歌で学ぶ!』(文藝春秋)

 百田尚樹『殉愛』(幻冬舎)騒動によって、あらためてスポットが当たっているのが、遺産相続の問題。故・高倉健の養女による遺産総取り報道や、昨年3月に亡くなった宇津井健も死去2週間前に結婚した新妻と息子のあいだで相続問題が勃発。そこに便乗してか、今春に復活する『渡る世間は鬼ばかり』(TBS系)も宇津井が演じた岡倉大吉の遺産問題をテーマにするらしい。ここまでくると下世話が過ぎる気もするが、遺産相続が世間のホットワードであることに違いはないだろう。

 このように遺産相続に注目が集まるのは、仕組みのわかりづらさにもあるはずだ。はたして遺産相続では、どんなことが問題になるのか。それをなんと短歌で(!)解説しているのが、先日発売された『相続百人一首 相続対策を短歌で学ぶ!』(森欣史/文藝春秋)だ。たとえば本書では、なんともタイムリーな、こんな短歌が登場する。

〈相続人 前妻の子と 後妻さん 考えただけで かなり揉めそう〉

 まるで、やしきたかじんの妻・さくら夫人と長女のバトルを意識したかのような短歌だが、著者によれば「この家族構成は遺産相続争いが起こりやすい典型的なパターン」だという。被相続人を男性と仮定すると、通常は“前妻との間に生まれた子と、再婚した妻がいる場合、相続人は子と後妻となり、法定相続分は2分の1ずつ”となる。しかし、「前妻と別れた理由が離婚か死別か」「前妻と別れてから後妻と再婚するまでの期間の長短」「その時の子の年齢」などが遺産相続にも影響する。とくに揉めやすいのは、後妻が「略奪婚」であったケース。さらに被相続人である父親の死亡時に子が未成年だと、本来なら相続権がない前妻が法廷代理人として加わるから、もう大変。前妻vs.後妻の遺産争い……リアル火曜サスペンス劇場のような修羅場である。

 また、気になるのは、〈財産を 相続させたくない人を 相続人から 排除できる?〉という短歌だ。

 これまた、さくら夫人は、“たかじんが娘には一切遺産を相続させないという旨の遺言状を遺している”と主張しているが、対して長女は「父親が正常な判断力を失った状態で書かされた」として無効の訴えを起こしている。だが、正常な判断云々の前に、血のつながった実の娘に一切相続させないということが可能なのだろうか。

 本来なら、この答えは“相続人から排除するのはかなり難しい”となる。相続人には「遺言の内容にかかわらず遺産の一定割合が保証される制度(遺留分)」があるため、遺留分減殺請求を行えば一定の割合は相続できる。実際、たかじんの長女もこの遺留分減殺請求を起こしている。逆に、相続から排除されるのは、「定職に就かずに反社会集団に加入し、重大な犯罪行為を繰り返して服役中の息子」や、「重病で入院中の夫を見捨てて年下の男と同棲し、看病も見舞いもしなかった妻」といったようなケースらしい。

 さらに、関西で連続して起こった“後妻業”事件でクローズアップされたのが、「公正証書遺言」。逮捕された筧千佐子容疑者の切り札は男性が遺した公正証書遺言だった。これは「遺言する人が、二名以上の証人の立ち会いの下で、遺言の趣旨を公証人に告げて、公証人に代筆してもらう遺言状」のこと。本書では「遺産を本人が望んだ人に迅速かつ確実に承継させるという点では、公正証書遺言が最も優れている」と書かれているのだが、無効となるケースもあるらしい。それは、〈遺言を 公証人が 読み聞かせ 本人はただ うなずいただけ〉という場合だ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

相続対策を短歌で学ぶ! 相続百人一首

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

たかじんも健さんも膝をうつ? 相続トラブルを詠った短歌集が登場!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。やしきたかじん家族島原らん老人高倉健の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 宮本亞門が衝撃告白「トップの方が裏で大金を渡し招致を決めたと自慢げに」
2 「五輪子ども動員」強行のために東京都が“キャンセル案内文書”を隠蔽!
3 五輪感染対策がザル化!開会式の観客は2万人、毎日PCR検査が抗原検査に
4 立民議員「50歳と14歳」問題でおぎやはぎが「多様性」「ロリータは名作」
5 “G7でぼっち”菅首相フォローのため甘利明やFNNが妄想ストーリー
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 JOC経理部長の飛び込み自殺で囁かれる「五輪招致買収」との関係,
8 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
9 組織委が五輪取材の海外メディアに「隔離0日」になる“抜け穴”例文を提示!
10 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
11 五輪の有観客開催強行のため菅首相が会見で空疎な嘘を連発!
12 G7で“借りてきたネコ”状態の菅首相をヨイショするためNHKがフェイク!
13 日本のネトウヨにも聞かせたいビリー・アイリッシュの反差別メッセージ
14 国会延長拒否の菅政権が「土地規制法案」だけ強行採決へ!その危険な中身
15 東京都が東京五輪の観戦に子ども81万人を動員! 感染拡大中に通達
16 五輪映画監督の河瀨直美が露骨な五輪礼賛発言、反対の声を八つ当たり扱い!
17 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
18 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
19 小栗旬が芸能界を痛烈に批判
20 竹中平蔵パソナの利益が前年の10倍以上に!五輪とコロナ対策事業のおかげ
1「五輪子ども動員」強行のために東京都が“キャンセル案内文書”を隠蔽!
2「大阪の自宅死が全国最多」でも吉村知事を追及できないマスコミ 朝日も…
3変異株クラスター発生のなか…政府は病床使用率の変更
4組織委が五輪取材の海外メディアに「隔離0日」になる“抜け穴”例文を提示!
5G7で“借りてきたネコ”状態の菅首相をヨイショするためNHKがフェイク!
6平井卓也のヤクザ並み恫喝はオリパラアプリのデタラメ発注をごまかすため! 
7国会延長拒否の菅政権が「土地規制法案」だけ強行採決へ!その危険な中身
8吉村知事の大阪府は「時短協力金」支給も大幅遅れでダントツ最下位! 
9“G7でぼっち”菅首相フォローのため甘利明やFNNが妄想ストーリー
10高須院長が田中事務局長と鈴木宗男に超法規的なリコール期限延長を陳情
11五輪感染対策がザル化!開会式の観客は2万人、毎日PCR検査が抗原検査に
12五輪の有観客開催強行のため菅首相が会見で空疎な嘘を連発!
13宮本亞門が衝撃告白「トップの方が裏で大金を渡し招致を決めたと自慢げに」
14赤木ファイル公開で改ざん指示は安倍から菅、菅から佐川のルートが濃厚に 
15立民議員「50歳と14歳」問題でおぎやはぎが「多様性」「ロリータは名作」

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄