独立発表の小泉今日子が自ら不倫を告白!「豊原はすでに離婚」誤報がバーニングの情報操作によるものだったことも暴露

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
mekuru_160204_top.jpg
「MEKURU」(Gambit)VOL.7

 今月1日、小泉今日子が1月末をもって所属事務所であるバーニングプロダクションから独立したことを、2015年に設立した制作会社の公式サイトで発表した。

 小泉といえば、「芸能界のドン」ことバーニングの周防郁雄社長から並々ならぬ寵愛を受けていたのは誰もが知るところであり、そんな彼女がバーニングから独立するとは、いったいなにがあったのか。

 この「バーニング独立問題」に関しては詳報がわかり次第またお伝えするつもりだが、それよりも本サイトが今回注目したいのは、事務所独立に際して小泉自身が発表した文章のなかで、かねてより交際が報じられていた俳優の豊原功補との恋愛関係を認め、しかも、これまですでに離婚しているとされてきた豊原が現在も既婚者でありいわゆる「不倫」であるという事実を明かしたことだ。

 小泉のこの告白はさまざまな意味で衝撃だ。まずは、この「不倫バッシング」全盛の時代にあって、わざわざ自分から「不倫」を明かしたこと。これ自体がすでに異例なことだが、この文章にはさらにもうひとつ衝撃的なものがある。

 彼女の今回の告白は、芸能マスコミにおける「バーニングタブー」および「バーニングへの忖度報道」の存在を、当のバーニング内部の人間が告発した前代未聞のものだということだ。

 事実関係を整理すると、まず、小泉と豊原の関係が報じられたのは2015年3月のこと。「FRIDAY」(講談社)は豊原との2ショットを複数掲載し、「週刊文春」(文藝春秋)も、豊原の個人事務所と同住所に小泉も個人事務所を設立したことをつかみ、豊原との関係を絡めた独立騒動として報じた。

 このとき、二人の関係について後追いするメディアはなかった。その裏には、2誌から連絡を受けたバーニングが、ワイドショーやスポーツ紙の担当者に後追い報道をしないようにという指示をしたといわれているが、実はこの2誌も報じていない疑惑があった。それが2人が「不倫」なのではないかという疑惑だ。

 実は本サイトは15年当時、2人の「不倫」疑惑について、マスコミ関係者の以下のような証言を報じていた

「豊原には離婚歴があるらしいんですが、小泉とは結婚していた時から付き合っていたのではないか、といわれているんです。さらに、現在も別居しているが、まだ籍が抜けていないという情報もある。ところが、両誌はなぜか、そのことに触れていないんです」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

独立発表の小泉今日子が自ら不倫を告白!「豊原はすでに離婚」誤報がバーニングの情報操作によるものだったことも暴露のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。バーニング小泉今日子編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
5 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
9 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
10 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
11 麻生太郎が愛人の店に2360万円
12 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
13 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
14 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
19 財務次官セクハラが海外メディアでも
20 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
17高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
20 財務次官セクハラが海外メディアでも