タッキー&翼活動休止の原因は、SMAPをめぐる意見対立! 滝沢「SMAPはアホ」今井は「解散はメリーさんのせい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
タッキー&翼活動休止の原因は、SMAPをめぐる意見対立! 滝沢「SMAPはアホ」今井は「解散はメリーさんのせい」の画像1
2人の対立は決定的。その深刻さに活動再開は…

 ジャニーズ事務所の滝沢秀明と今井翼の2人組ユニット「タッキー&翼」が、ユニットとしての活動を今月から休止することが発表された。

 活動休止の理由としてジャニーズ事務所は「この数年はタッキー&翼として良いパフォーマンスをご披露出来ず、どのように活動することが良いか話し合いを重ねて参りました。最終的に2人でこのまま継続するよりも、一度グループ活動を休止し、それぞれがスキルアップを目指した個人活動に専念することで成長してタッキー&翼に戻ってきたいという本人達からの希望を受け入れることと致しました」と説明。1年ほど前から話し合いをしていたという。

 突然の発表にファンからは驚きの声があがっているが、たしかに予兆はあった。タッキー&翼は今月11日にデビュー15周年を迎えるが、ジャニーズ事務所はデビュー◯周年のアニバーサリーイヤーにはそのタレントやユニットを猛プッシュすることで知られる。にもかかわらず、今年のタッキー&翼にそうした動きはほとんど見られず、コンサートもなければCDの発売もないという状態だった。

 しかし、気になるのはその理由だろう。ジャニーズの説明には「それぞれがスキルアップを目指した個人活動に専念することで成長」とあるが、そもそもタッキー&翼はほかのグループ以上に個人活動の多いユニット。そんなことが今さら活動休止の理由になるとは思えない。
 
 実は話し合いが始まったとされる1年ほど前、滝沢と今井のあいだで決定的な意見の対立があった。それは、ずばりSMAP解散をめぐる意見対立だ。

 昨年9月、SMAP解散問題について「週刊文春」(文藝春秋)に直撃された滝沢は「事務所に感謝するのは当たり前。それをわからなかったらアホでしょう」と、事務所側に立ち、独立を企てた中居ら4人を強く批判した。

 一方の今井は、同じ中学出身の中居を日頃から慕っており、中居のほうも今井をかわいがっている。そんな今井は、SMAP解散についても「メリーさんのせいだ」とグチり、事務所批判をしていたと報じられた。

 ふたりが活動休止に向けた話し合いを始めたのは1年前ほど前とされており、ちょうどこうした2人の意見対立が表面化した時期と一致する。つまりこのSMAPをめぐる意見対立が、今回の活動休止にもつながっていったのではないか。とすると、休止の期間は不明で解散はないとされているが、2人の確執は深刻で活動再開は極めて不透明と言わざるを得ない。

 本サイトでは、昨年10月、このタッキー&翼のSMAP騒動をめぐる意見対立について報じた。しかも、この対立はSMAP問題だけにとどまらない、2人のあいだにさらに深刻な確執を生み出しており、またタッキー&翼だけに限った問題でもない。以下に再録するので、あらためてご一読いただきたい。
(編集部)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

タッキー&翼活動休止の原因は、SMAPをめぐる意見対立! 滝沢「SMAPはアホ」今井は「解散はメリーさんのせい」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。SMAPジャニーズタッキー&翼今井翼島原らん滝沢秀明編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 TOKIO山口わいせつでジャニーズが姑息
2 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
3 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
4 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
5 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
6 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
7 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
8 ジャニーズ10大事件簿 10位〜6位
9 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
10 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
11 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
12 NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
13 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
14 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
15 葵つかさが「松潤とは終わった」と
16 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
17 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
18 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
19 吉田羊と熱愛の中島裕翔が痴漢騒動
20 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画