タッキー&翼活動休止の原因は、SMAPをめぐる意見対立! 滝沢「SMAPはアホ」今井は「解散はメリーさんのせい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
タッキー&翼活動休止の原因は、SMAPをめぐる意見対立! 滝沢「SMAPはアホ」今井は「解散はメリーさんのせい」の画像1
2人の対立は決定的。その深刻さに活動再開は…

 ジャニーズ事務所の滝沢秀明と今井翼の2人組ユニット「タッキー&翼」が、ユニットとしての活動を今月から休止することが発表された。

 活動休止の理由としてジャニーズ事務所は「この数年はタッキー&翼として良いパフォーマンスをご披露出来ず、どのように活動することが良いか話し合いを重ねて参りました。最終的に2人でこのまま継続するよりも、一度グループ活動を休止し、それぞれがスキルアップを目指した個人活動に専念することで成長してタッキー&翼に戻ってきたいという本人達からの希望を受け入れることと致しました」と説明。1年ほど前から話し合いをしていたという。

 突然の発表にファンからは驚きの声があがっているが、たしかに予兆はあった。タッキー&翼は今月11日にデビュー15周年を迎えるが、ジャニーズ事務所はデビュー◯周年のアニバーサリーイヤーにはそのタレントやユニットを猛プッシュすることで知られる。にもかかわらず、今年のタッキー&翼にそうした動きはほとんど見られず、コンサートもなければCDの発売もないという状態だった。

 しかし、気になるのはその理由だろう。ジャニーズの説明には「それぞれがスキルアップを目指した個人活動に専念することで成長」とあるが、そもそもタッキー&翼はほかのグループ以上に個人活動の多いユニット。そんなことが今さら活動休止の理由になるとは思えない。
 
 実は話し合いが始まったとされる1年ほど前、滝沢と今井のあいだで決定的な意見の対立があった。それは、ずばりSMAP解散をめぐる意見対立だ。

 昨年9月、SMAP解散問題について「週刊文春」(文藝春秋)に直撃された滝沢は「事務所に感謝するのは当たり前。それをわからなかったらアホでしょう」と、事務所側に立ち、独立を企てた中居ら4人を強く批判した。

 一方の今井は、同じ中学出身の中居を日頃から慕っており、中居のほうも今井をかわいがっている。そんな今井は、SMAP解散についても「メリーさんのせいだ」とグチり、事務所批判をしていたと報じられた。

 ふたりが活動休止に向けた話し合いを始めたのは1年前ほど前とされており、ちょうどこうした2人の意見対立が表面化した時期と一致する。つまりこのSMAPをめぐる意見対立が、今回の活動休止にもつながっていったのではないか。とすると、休止の期間は不明で解散はないとされているが、2人の確執は深刻で活動再開は極めて不透明と言わざるを得ない。

 本サイトでは、昨年10月、このタッキー&翼のSMAP騒動をめぐる意見対立について報じた。しかも、この対立はSMAP問題だけにとどまらない、2人のあいだにさらに深刻な確執を生み出しており、またタッキー&翼だけに限った問題でもない。以下に再録するので、あらためてご一読いただきたい。
(編集部)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

タッキー&翼活動休止の原因は、SMAPをめぐる意見対立! 滝沢「SMAPはアホ」今井は「解散はメリーさんのせい」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。SMAPジャニーズタッキー&翼島原らん編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍政権が企む“子なし世帯増税”の異常性
2 美智子皇后がトランプとの面会に難色
3 マツコがLGBT発言を封印した理由
4 レコ大責任者がバーニング周防社長を告発
5 美智子皇后が事実婚パートナーに神対応
6 安保法制密約で自衛隊将校が実名告発!
7 日馬富士暴行で貴乃花批判のおかしさ
8 安倍の教育無償化はやっぱり嘘だった
9 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
10 たけしが安倍を「軍国主義」と批判!
11 欅坂・平手が「今年はひどいことばかり」
12 山口敬之氏が詩織さんに卑劣すぎる反論
13 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
14 オリラジ中田が日馬富士事件で松本批判?
15 柳広司、中原昌也らが東京五輪に疑問の声
16 マツコがいじめ、弱者叩きの構造を喝破
17 安倍がネトウヨ『報道特注』に出演熱望
18 内田樹が喝破!安倍独裁を容認させるもの
19 安室奈美恵ベスト盤にも奴隷契約の影が
20 「不倫学」が教える防止策とは?
1安倍政権が企む“子なし世帯増税”の異常性
2国連が安倍政権のメディア圧力に勧告へ
3加計学園で設置審委員が内情暴露!
4日本大使館が「民進党は米国が分裂させた」
5義家前文科副大臣が加計疑惑に茶番質問
6萩生田が前川前次官にシンゴジラを観ろ
7安倍政権が乱発するトンデモ閣議決定
8安倍の教育無償化はやっぱり嘘だった
9欧米で安倍と訪日トランプに嘲笑の嵐
10 安保法制密約で自衛隊将校が実名告発!
11鶴保前沖縄担当相に辺野古利権疑惑
12内田樹が喝破!安倍独裁を容認させるもの
13マツコがいじめ、弱者叩きの構造を喝破
14安倍がネトウヨ『報道特注』に出演熱望
15沖縄タイムス記者が官邸と百田に反撃
16 柳広司、中原昌也らが東京五輪に疑問の声
17美智子皇后がトランプとの面会に難色
18「朝日、死ね」足立議員のトンデモぶり
19日馬富士暴行で貴乃花批判のおかしさ
20JASRACが坂本龍一を騙しうち!

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」