参院選直前企画⚫極右候補者ガイド(後編)

自民党は日本会議、神道政治連盟だらけ…参院選「ウヨミシュラン」候補者は星2つ、1つでもこんなに危険!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
aoyamanakagawa_160710.jpg
左「青山繁晴の道すがらエッセイ」より/右・中川まさはる(なかがわまさはる)公式サイトより


 本サイトが参院選投開票日にお届けする極右候補者リスト、通称「ウヨミシュラン」。この記事では☆2つと☆1つの候補者を紹介していく。☆ふたつに関しては北から地域別にリストアップした(比例代表は最後)ので、ぜひ、まだ投票を済ませてない人、誰に一票を投じるべきか悩んでいる人は、リストにある候補者の名前だけでもチェックしてほしい。なお、とりわけヤバい☆3つ候補者については同時配信の別記事でじっくり書いているので、そちらもあわせてご覧いただきたい。

 それでははりきって、まずは☆2つの極右候補者を紹介していこう。

…………………………

■北海道・東北ブロック

☆☆ 長谷川岳(自民党/北海道)
 第三次安倍内閣で総務大臣政務官。日本会議国会議員懇談会(以下、日本会議議連)所属。靖国参拝に熱心で、秘書がブログで「長谷川参議、実は国会議員の中で一番訪れているのではないでしょうか? 朝のランニングコースに入っているそうです・・」と綴るほど。

☆☆ 柿木克弘(自民党/北海道)
 新人だが、自民党道連副会長などを歴任。日本会議地方議連に所属。首相の靖国参拝や「道徳教育の充実」に賛成。なお、新党大地の鈴木宗男が全面的にバックアップし、自民党本部も同じ選挙区の長谷川氏よりもこちらを積極的に支援。原発政策などの考え方がより安倍首相に近いタカ派だからか。

☆☆ 山崎力(自民党/青森)
 読売新聞記者出身の元参院予算委員長。日本会議議連、神道政治連盟国会議員懇談会(以下、神道議連)所属。2013年、沖縄・普天間移設を巡って稲嶺進名護市長(当時)と論争になった際、山崎氏は「震災がれきの受け入れで、焼却場の前にバリケードをはるような国民性だ」などと述べた。“地元の反対があっても政府の言うことなんだから聞け”という辺野古移設の強要、国民軽視である。

☆☆ 熊谷大(自民党/宮城)
 神道議連。稲田朋美政調会長が会長を務める「伝統と創造の会」所属。「伝統と創造の会」は終戦記念日に靖国参拝したり、保守系学者を呼んで勉強会などを行う若手極右政策集団。熊谷氏は公式サイトで「最優先で取り組みたい」こととして「教育」をあげて、〈震災によって子どもたちは深い傷を心に負ってしまったことは事実です。しかしその一方で、自分たちこそが頑張らなければという強い郷土愛に満ちあふれた若者たちがたくさん出てきています〉とする。被災地宮城で、3.11を“愛国心の強制”につなげようという意図が透けて見える。

☆☆ 岩城光英(自民/福島)
 第三次安倍内閣の法務大臣。神道議連所属。今年4月の靖国参拝時には「国務大臣」の肩書きで記帳。ちなみに、参院選前の朝日新聞社によるアンケートでは「治安を守るためにプライバシーや個人の権利が制約されるのは当然だ」との問いに対し、「どちらかと言えば賛成」と答えている。さすがは安倍政権の法相といったところ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

自民党は日本会議、神道政治連盟だらけ…参院選「ウヨミシュラン」候補者は星2つ、1つでもこんなに危険!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。編集部選挙の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
5 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
9 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
10 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
11 麻生太郎が愛人の店に2360万円
12 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
13 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
14 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
19 財務次官セクハラが海外メディアでも
20 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
17高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
20 財務次官セクハラが海外メディアでも