ムツゴロウさんが“動物嫌いになった”意外な理由! 性欲減退でおっぱいに興味を失ったことが関係、と本人が

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
mutsugoro_01_140707.jpg
『ムツゴロウ先生の犬と猫の気持ちがわかる本』(ベストセラーズ)

 あのムツゴロウさんに“実は動物嫌いになっていた疑惑”が浮上し、世間を騒がせている。

 説明不要かもしれないが、ムツゴロウさんとは、かつて北海道に「動物王国」を作り上げたことで知られる動物作家の畑正憲氏。1980年代から90年代にかけてテレビ番組『ムツゴロウとゆかいな仲間たち』に出演。野生のワニと一緒に川泳ぎしたり、ライオンとじゃれあって中指を食いちぎられたり、発情した動物を射精させて「素晴らしいですね〜」と微笑むなど、その奇抜な動物とのふれあい方でお茶の間の人気者になった。小学生のときにワンちゃんや猫ちゃんの写真が表紙の「ムツゴロウの学習ノート」を愛用していた読者もきっと多いだろう。

 ところが、そんなムツゴロウさんが最近、新聞のインタビューでこんな心境を吐露したのだ。

「熊とか馬とかを命がかかっちゃうくらい愛するんです。だけど70を超えたころから、ふーっとなくなったんですね」(毎日新聞2015年1月29日付夕刊)

 あのムツゴロウさんの心から“動物愛”が消えた──。これは昨日、ヤフトピでも取り上げられ、大きな話題になった。

 しかし、そもそも、ムツゴロウさんに“動物愛”というものがあったのか、という話もある。実際、15年以上前にはかなりアブナイ疑惑が指摘されていた。それは“映画撮影のために猫を殺した”というものだ。

 これを報じたのは当時の「女性自身」(光文社)。「動物王国の独裁者 ムツゴロウの素顔」なる追及シリーズを1998年10月に3週連続で展開したのだが、そこで畑氏の実弟が実名告発したのである。

 86年公開の映画『子猫物語』でのこと。主人公の仔猫・チャトランが多くの動物と出会い、成長していくという冒険物語で、畑氏が監督・脚本を務めて大ヒットを記録したのだが、撮影現場にいたという弟は、こう重苦しく証言したのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

ムツゴロウさんが“動物嫌いになった”意外な理由! 性欲減退でおっぱいに興味を失ったことが関係、と本人がのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。動物小杉みすずの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍が国連演説で北朝鮮を煽りまくり
2 痛快!SMAP3人の奴隷解放宣言
3 田中慎弥が看破した安倍マッチョの正体
4 東京五輪買収は決定的と海外で報道
5 Twitter「永久凍結」菅野完氏インタビュー
6 不倫女性が告白する本音と日常とは?
7 フィフィが水原希子に狡猾なヘイト攻撃
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 長渕剛が安倍政権を批判する新曲を発表
10 田崎史郎が大義なき解散をトンデモ擁護
11 安倍解散強行の理由は森友捜査ツブシ
12 市川沙耶と熱愛・野島アナに二股の過去
13 坂本龍一が受けた政治圧力と誹謗中傷
14 東山紀之がキャスター就任で反差別表明
15 フジ社長とんねるず打ち切りは本気?
16 安室奈美恵事務所社長と暴力団
17 水原希子がヘイト攻撃に毅然メッセージ
18 グッディ!土田マジギレ真の原因
19 あさイチ紹介、高橋一生の本棚に驚愕
20 ジャニーズ事務所のSMAP消去作戦
1坂本龍一が受けた政治圧力と誹謗中傷
2東山紀之がキャスター就任で反差別表明
3安倍解散強行の理由は森友捜査ツブシ
4水原希子がヘイト攻撃に毅然メッセージ
5官製映画会社が22億円の公金をドブに
6 田崎史郎が大義なき解散をトンデモ擁護
7Twitter「永久凍結」菅野完氏インタビュー
8卑劣!官邸と産経が望月記者攻撃を煽動
9 フィフィが水原希子に狡猾なヘイト攻撃
10財務省と森友、口裏合わせの新証拠音源
11東京五輪買収は決定的と海外で報道
12西村京太郎「日本に現代戦は無理」
13田中慎弥が看破した安倍マッチョの正体
14安倍が国連演説で北朝鮮を煽りまくり
15安倍御用・山口敬之の不起訴はおかしい
16安倍の親書を秘書官が勝手に書き換え
17NHK岩田が安倍に反旗は大ウソ!
18原発攻撃対策ないまま柏崎刈羽も再稼働へ
19沖縄に大量の核兵器が配備されていた
20再審却下の飯塚事件に冤罪の新証拠が

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」