武井咲主演『エイジハラスメント』は安倍政権批判ドラマ!? 「女性が輝く」「女性の活躍」は口だけで実態はセクハラ三昧って安倍内閣そっくり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
age_150903_top.jpg
テレビ朝日『エイジハラスメント』HPより


「てめえ、五寸釘ぶちこむぞ」

 軒並み低調な今期のテレビドラマだが、にわかに流行語化しているのが、この台詞。テレビ朝日で木曜21時から放送されている『エイジハラスメント』で、ヒロインを演じる武井咲が毎回ぶっ放している決め台詞である。

 タイトルからもおわかりになるかと思うが、この『エイジハラスメント』は、一流商社に入社した新人の武井咲が、男性上司からは「若くてきれい」と消費され、一方、女性社員からは若さを武器にしていると疎まれる“エイハラ地獄”で奮闘するという物語。視聴率は振るわないものの、『半沢直樹』ふうの勧善懲悪ストーリーにハマっている人も多い、らしい。

 しかも、この『エイジハラスメント』の脚本を手がけているのは、「女→女の嫉妬を描かせたら右に出る者はいない」とも称される、あの内館牧子御大。そのため、男性からのハラスメント以上に女性が若い女に抱く嫉妬もねっとりと描写し、武井は上司の稲森いずみから入社早々に「嫌われバイ菌撒き散らしすぎなの!」と怒鳴られる理不尽を経験。その上、武井は武井で稲森と不倫中の上司・小泉孝太郎と「出会って5秒で合体」ぐらいの素早さで関係をもったりするので、毎度ツッコミが追いつかない展開となっている。

 だが、このドラマの注目すべき点は、そうした“ネタ感”だけではない。というのも、安倍政権が掲げる「女性の活躍」というキーワードの胡散臭さが、なんともコッテリと描かれているからだ。

 たとえば、物語の舞台となる一流商社では、次期社長を狙う常務役の風間杜夫が安倍首相よろしく、頻繁に「女性の活躍」「女性を輝かせる」と口にする。が、社内の実態は、女性社員がなにか口答えすると「更年期」と言われ、「25(歳)以上は女じゃない」「30過ぎた女に彼氏いるかどうか聞けない」「女子社員はうーんと若いか、できるブスのほうがいいよね」「女はジューシーでなくなるとシーサーになるんですね」などと男性が堂々と話すという、どうしようもない状態。そうした状況を許せない正義漢の武井が、毎回、父親の座右の銘である「てめえ、五寸釘ぶちこむぞ」という決め台詞を合図にブチ切れるのである。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

エイジハラスメント (幻冬舎文庫)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

武井咲主演『エイジハラスメント』は安倍政権批判ドラマ!? 「女性が輝く」「女性の活躍」は口だけで実態はセクハラ三昧って安倍内閣そっくりのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。テレビ朝日大方 草の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
2 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
9 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
12 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
13 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
14 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
20 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
8加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
9下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画