「男しか行けない場所=風俗」に女が潜入取材してみたら理不尽なことだらけだった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
otokoshika_01_150221.jpg
『男しか行けない場所に女が行ってきました』(イーストプレス)

 イケメン男優が少女マンガさながらの甘い設定でセックスまで見せる、「女性向けAV」が市民権を得た昨今。だがしかし、「女性向け風俗」はあるのかといえば、出張ホストなどはあるもののその存在がポジティブに語られることはない。

 やはり風俗はまだまだ男性のモノなのだろう。

 そんな風俗を女性が見たら、ぶっちゃけどうなのか。『母がしんどい』で知られるマンガ家・田房永子が数年前に体験した風俗取材の裏側を描いたコミックエッセイ『男しか行けない場所に女が行ってきました』(イーストプレス)を読むと、エロ本などに載っている「風俗像」と彼女が見た「風俗の現実」の間に、すさまじいギャップがあることがよくわかる。

 マンガ家として駆け出しだった当時、エロ本に風俗レポートマンガを描いていた田房氏だったが、“無駄なものにびっくり”の連続だったという。

「レポート漫画家としては、『すごいですね、素晴らしいアイディアですね』と取材先の人たちに感服したけれど、ひとりの女としては、『なんて無駄なものが街中にたくさんあるんだろう』と思っていた」

 さらに描き続けるうちに、「本当に思ったことは書けない」ことに気づく。

 たとえばこうだ。風俗嬢・マリンちゃんに性感帯を聞く田房氏だが、マリンちゃんは「乳首とか書くとそこばかり責められて嫌だから、肩って書いてください」と、田房氏のほうも見ずに答えるなどつれない様子。だがマンガには、そのまま書くことはできない。田房氏は苦悩した、そしてついに、答えをひり出す。

「エッチなお店で働く21歳ピチピチのマリンちゃん。なんと肩が性感帯というドスケベ敏感BODYの持ち主! 毎日お客さんにイカされちゃってるんだって」

 また人妻アロママッサージの店長(金村義明似)と、風俗嬢の人妻さんを取材したときだった。描いたマンガは「きゃっおちんちんがおおきくなっちゃった! なんだか私も…ヘンな気分…」といった内容であったが、やはりそこに至るまでには田房氏に受難が振りかかっていた。

 まずは店長の、「これは加藤鷹とかAV男優御用達メーカーのパンツなんですけどね」という得意ヅラや、そのご自慢のパンツを脱ごうとするので制止すると、「平気ですよ全然、チンポ見られるの慣れてるんで」と、見慣れていない田房氏のことなど全く意に介さないことなどを、さらりとかわすことから始まる。さらに取材終了後の、「肝心なのは舐めですから」という突然の店長のクンニ自慢には、「この年一番の放心を味わった」という。

「『本当のこと』は、私の中に虚しさとともに降り積もっていった」と、田房氏は語る。

 特にイライラが募ったのは、密着型理髪店という、理容師たちが胸やお尻を強調したピッチピチの服を着ているのを、全身鏡越しに視姦したり、洗髪中におっぱいが当たるか当たらないかのジラシ感を楽しんだりする理髪店に、男性編集者とカップルを装い潜入取材したときだった。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

男しか行けない場所に女が行ってきました

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

「男しか行けない場所=風俗」に女が潜入取材してみたら理不尽なことだらけだったのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。羽屋川ふみ裏側の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 綾瀬はるかが毒ガス製造の元兵士を取材
2 トランプ的どっちもどっち論横行の日本
3 Nスペ731部隊検証にネトウヨ錯乱!
4 ウーマン村本こそ“最強反戦芸人”だ!
5 テレ朝が萩生田に全面謝罪した背景
6 『永遠の0』は恐い!元特攻要員が批判
7 ネトウヨ高須院長に息子が苦言!
8 イノッチが夫婦別姓反対派を一蹴!
9 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
10 幹部から新人までほとんどが商売右翼
11 葵つかさが「松潤とは終わった」と
12 ローラが所属プロと奴隷契約トラブルも
13 水木しげるが描いた慰安婦「地獄だ」
14 寂聴「憲法を汚した安倍は世界の恥」
15 グッディ!土田マジギレ真の原因
16 高橋洋一ら安倍応援団が特区ビジネス
17 久米宏、さんま、村本も東京五輪批判
18 市原悦子が語る戦争と安倍政権への怒り
19 吉川晃司が安倍の核禁止条約拒否を批判
20 ガンバ大阪「ナチス旗」問題を取材検証
1吉川晃司が安倍の核禁止条約拒否を批判
2ウーマン村本こそ“最強反戦芸人”だ!
3有森裕子が東京五輪の現状を批判
4 Nスペ731部隊検証にネトウヨ錯乱!
5菅官房長官が壊れ始めた!トンデモ会見
6加計幹部が官邸訪問、安倍と下村が
7森友新証拠!佐川の虚偽答弁が明らかに
8久米宏、さんま、村本も東京五輪批判
9安倍改造内閣はハレンチ閣僚だらけ!
10市原悦子が語る戦争と安倍政権への怒り
11長崎のメッセージも安倍には届かず!
12テレ朝が萩生田に全面謝罪した背景
13安倍応援団が発狂状態でメディア攻撃
14グアム北ミサイルは存立危機事態でない
15安倍は原爆の日も核兵器禁止条約を黙殺
16獣医学の重鎮が加計と安倍首相を一刀両断
17仲代達矢と桂歌丸が語った戦争体験
18手塚治虫が描いた戦争をいま読み直す
19閉会中審査、小野寺防衛相も隠蔽体質
20綾瀬はるかが毒ガス製造の元兵士を取材
PR
PR 飲むだけで女性のカラダの悩みを解消!?

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」