齢70歳超えの現役AV監督が語る“昭和の性”と「セックスしない若者」への説教

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
henry_150211.jpg
『セックスのすすめ』(双葉社)

 昨年、日本史上最小を記録した出生数。「2014年の人口動態統計」(厚生労働省)によると、昨年1年間に生まれた子どもの数は、前年から7000人減の約103万人だった。そもそも、それ以前に性への関心も薄くなっているといい、「第14回出生動向基本調査」(国立社会保障・人口問題研究所)によると、18歳から34歳までの女性の39%が処女、男性の36%が童貞だというデータも出ている。

 国にとっては由々しき事態かもしれないが、こうしたデータが出ると「セックスの歓びを知るべき」「性の感動を知らずに死ぬつもりか」などと説教を垂れる輩が得てして現れるもの。処女だろうが童貞だろうが他人に何の迷惑もかけていないのだから「ほっといてくれ」という話なのだが、そんななかでも、とりわけ鼻息荒く「セックスをしなさい! これからの日本を担っている若い世代に提唱したい」と吠えている男がいる。昭和18年生まれ、これまで2000本もの作品を生み出した70歳超えのAV監督、ヘンリー塚本氏である。

 塚本監督は最近、著書『セックスのすすめ』(双葉社)を出版し、「今、女のオマ◯コを愛おしく思える男が少なくなってきている」「若い人の間では『気持ち悪い』『グロテスクだ』などと忌み嫌う傾向もある」と憂えているのだ。その理由のひとつにあげるのが、ネット上での無修正女性器の氾濫だ。

「童貞は苦労しなくても、未知なる生き物だったオマ◯コの正体が分かってしまう時代である。しかも、それは自分の手の届かない、まったく現実味のない女のオマ◯コである」
「どこの誰とも知らない、ましてや自分の力で手に入れたわけでもないオマ◯コばかり見ていては、生身のオマ◯コへの愛情も湧き上がってこない」

 いや、そこまで神格化して固執されても困るんですけど……という女の声は、齢70歳超えの塚本監督には届きそうにない。塚本監督といえば、ノスタルジックな昭和の風景を盛り込んだ作品で知られるが、実際に彼のオマ◯コとの出会いは、それはそれは衝撃的なものだったらしい。

 ある日、童貞の塚本少年は、隣家に住む人妻が庭先で洗濯物を干す場面に出くわす。すると風が吹き、一枚の布が物干し竿から落ちたそのときだった。

「人妻が前かがみになり、布を拾おうとした瞬間、私の胸はひどくときめいた。一瞬であったが、肉感的で白い太ももが見えて、さらに着物の奥に秘められていた黒いヘアがチラリと目に飛び込んできたのである」

 そんなフランス書房の官能小説のような人妻エロスが現実にあったのか!?と驚いてしまうが、当時の女性は着物の下に下着をつけないのが通例。かねてから塚本少年は彼女のオマ◯コに興味津々だったこともあり、しばらくは勉強も手につかないほど、オマ◯コが目に焼きつて離れなかったという。さすがは昭和の童貞。それが隣のおばちゃんだろうが、もはやオマ◯コなら何でもよさそうだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

セックスのすすめ

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

齢70歳超えの現役AV監督が語る“昭和の性”と「セックスしない若者」への説教のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ヘンリー塚本性教育林グンマの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
2 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
3 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
4 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
5 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
6 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
7 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
8 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
9 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
13 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
14 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
15 葵つかさが「松潤とは終わった」と
16 原発広告に文化人や芸能人が
17 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
18 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
19 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
20 NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画