村山由佳が2度目の離婚を告白!原因は浮気、金、それとも村山の「強い性欲」?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
houtouki_01_141201.jpg
『放蕩記』(集英社文庫)

 9歳年下の夫と再婚して軽井沢でラブラブ生活を送っていたはずの売れっこ作家・村山由佳が2度目の離婚をしていた──。

「婦人公論」(12月7日号)のインタビューで、村山は自身の離婚について告白した。だがそれは「『結局、オレはポイ捨てかよ』 彼の言葉が胸に突き刺さる」というタイトルにあるように、赤裸々なものだった。

「私たちの間には、お金に関するいくつものトラブルがありました。そのことで、信頼関係が根底から覆されてしまった」

 村山は2003年に「星々の舟」で第129回直木賞を受賞、その後も夫以外との性愛を描いた「ダブル・ファンタジー」や母親との葛藤を描いた「放蕩記」など、自身の内面をモチーフにした作品が高い評価を浴びる売れっこ作家だ。特に「ダブル・ファンタジー」はそれまで少女の青春恋愛ものから作風を一変させ、女性の奥底に蠢く性愛、複数の男たちとの官能的な描写がちりばめられた作品であり、その後の村山の作風を決定づけた作品でもあった。そしてこの作品を執筆中の07年、17年寄り添った最初の夫と離婚、今回離婚することになる9歳年下の男性と再婚した。

 その後も自身の内面に抱えた“性へのドグマ”をテーマにした作品をいくつも世に出し続ける村山だが、その陰には村山自身「男度が高い」といつもノロけていた再婚相手の夫の存在があった。いや、そうだったはずだ。そんな2人に一体なにがあったのか。

 村山は「婦人公論」インタビューでいくつかの事例をあげ、こう話している。

「彼はもともと小説家志望で、私と出会った後、仕事を辞めました。形のうえは私の事務所の社長で、お金に関しては自由でした」

 村山を知る文芸関係者によると、「結婚前はバーテンなど水商売していた村山さんの夫は野性的でワイルドなタイプ。でも事務所社長とはいっても実際には作家のマネージメントや秘書的な仕事はしていなかった」という。いわば夫はほぼ無職で、生活費などすべては村山の腕にかかっていたらしい。実際、村山のインタビューでも金銭的な葛藤、そして仕事のない夫のプライドが結婚生活に陰を落としていたらしい。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

村山由佳が2度目の離婚を告白!原因は浮気、金、それとも村山の「強い性欲」?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。文学林グンマ離婚の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
3 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
4 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
5 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
8 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
11 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
12 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
13 上戸彩とHIRO離婚危機報道の裏!
14 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
15 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
16 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
17 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
20 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17上念司もケントと同様、加計の客員教授
18長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画