KABA.ちゃんも受ける? 実録「性別適合手術」はこうして行われる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kabachan_01_141010.jpg
プラチナムプロダクションより


 先日、『ウチくる!?』(フジテレビ系)で、振付師であるKABA.ちゃんが「45年育ったタマ取りました」と告白した。どうやらKABA.ちゃんは睾丸摘出手術を受けたものと見られるが、同番組では「戸籍変える」という発言も。現在、日本において戸籍上の性別変更を行うには“希望する性別の性器に似た外観にする必要”があるため、今後はさらに性別適合手術を受けるのではないかと思われる。

 まだまだとはいえ、性同一性障害への理解も進みつつある現在。しかし、性別適合手術というのはどんなものか、詳しく知っている人は少ないはずだ。一体、具体的にはなにをどうするものなのか……。今回は、エッセイスト、イラストレーターとして活躍する能町みね子氏が性別適合手術を受けた際の実録エッセイ『トロピカル性転換ツアー』(文春文庫)から紹介したい。

 まず、男性から女性への手術はどのように行うのか。能町の解説を引用しよう。

「チン子の中身の、海綿体とよばれるスポンジの部分(興奮すると血がたまってふくらむところですよね)を全部かきだして、皮だけを残して、亀頭のところをクリトリスに、棒だったところの皮のヒダの、陰唇とよばれる部分や膣の内壁にするらしいです」

 なんだかものすごくアクロバティックな手術のようにも思えるが、亀頭と表皮を活かすのは、「性的な感覚がそのまんま残るらしい」からなのだとか。感度には個人差はあるというが、なるほどである。

 しかし、ピアスと同じように、穴を開けるとそれを閉じようとするのが体の仕組み。そのため、ファーストピアスにあたる「ダイレーター」という、「先端の丸まった棒」を「1日に2回か3回、1時間くらいずつ」入れる必要があるらしい。能町にとってはこれがイヤだったようで、たしかに「昼、友だちと遊んでて「ちょっとダイレしてくるね」とか、ない。無理。だってアレですよ。膣に異物を挿入する作業ですから」といわれると、その気持ちもよくわかる。

 こうした手術を受けるため、彼女が選んだのはタイのリゾート地・プーケット。しかも、これが初の海外旅行。だが、「ふつう入院2週間、退院後は軽い観光も可、というくらいで、少し大きな整形手術という程度」という認識だったため、「よーし、パーッと気楽に受けて帰ってこよう!」と考えていたらしい。だが、「入院体験は私だけ一筋縄じゃいかなかったんです」と綴っているように、これが波乱に満ちたものとなった。

 通常の入院の経過は、1日目に「体調の検査」。2日目は「第1段階の手術」として、「いわゆるゴールデンボール」を取る。5日目か6日目には「詰め物を取り替える手術」、9日目か10日目に「第2段階の手術」として「前に取っておいたチン子や袋の表皮を、膣内の皮として移植」。そこからは2日間くらいは「皮膚移植を安定させるために絶対安静。歩行禁止」となり、「問題がなければ15日目頃に退院」。だが、退院したからといってすぐに帰国するのではなく、「できれば1週間程度は現地にとどまり(中略)そのあいだに一度病院に来て診察を受けることがのぞましい」という。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

トロピカル性転換ツアー (文春文庫)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

KABA.ちゃんも受ける? 実録「性別適合手術」はこうして行われる!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。性教育水井多賀子の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍の秋葉原街頭演説が極右集会そのもの
2 安倍政権にNOを突きつける芸能人
3 衆院選極右候補者「ウヨミシュラン」
4 安倍は経済・社会保障でも嘘つきまくり
5 見城AbemaTV安倍ヨイショとテレ朝
6 平野、ケラ…作家たちが安倍政権にNO
7 中原昌也「安倍応援団はあまりに下世話」
8 中村文則「この選挙は決定的な岐路に」
9 救う会元幹部が安倍の拉致利用に怒り
10 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
11 博士、町山が安倍と見城の癒着批判
12 安倍政権忖度でドキュメント番組が改変
13 安倍が神戸製鋼社員時代に不正に関与?
14 自民党がテレビを恫喝しネトウヨ煽動!
15 山本太郎、改憲翼賛体制とどう闘う?
16 安倍、森友加計問題の説明する気なし
17 「不倫学」が教える防止策とは?
18 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
19 安倍が拉致被害者に「北朝鮮に戻れ」と
20 自民党がネトサポに他党叩きを指南
1山本太郎、改憲翼賛体制とどう闘う?
2安倍、森友加計問題の説明する気なし
3マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
4安倍「妻は籠池さんに騙された」と言い逃れ
5高江ヘリ事故に安倍首相「功績」アピール
6田崎史郎のトンデモ安倍擁護に玉川徹が
7中原昌也「安倍応援団はあまりに下世話」
8 自民党がネトサポに他党叩きを指南
9自民党がテレビを恫喝しネトウヨ煽動!
10加計関係者を判事に!安倍の司法私物化
11安倍首相が日報問題でも口封じ人事!
12原発事故の主犯は安倍、裁判所の判断も
13中村文則「この選挙は決定的な岐路に」
14小学8年生の安倍伝記漫画が反日と炎上
15長谷川豊の自己責任論こそ維新の正体!
16ノーべル賞ICAN の足を引っ張る安倍
17安倍の秋葉原街頭演説が極右集会そのもの
18安倍は経済・社会保障でも嘘つきまくり
19昭恵氏に新たな口利き疑惑 オカルトの影も
20博士、町山が安倍と見城の癒着批判

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」