KABA.ちゃんも受ける? 実録「性別適合手術」はこうして行われる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kabachan_01_141010.jpg
プラチナムプロダクションより


 先日、『ウチくる!?』(フジテレビ系)で、振付師であるKABA.ちゃんが「45年育ったタマ取りました」と告白した。どうやらKABA.ちゃんは睾丸摘出手術を受けたものと見られるが、同番組では「戸籍変える」という発言も。現在、日本において戸籍上の性別変更を行うには“希望する性別の性器に似た外観にする必要”があるため、今後はさらに性別適合手術を受けるのではないかと思われる。

 まだまだとはいえ、性同一性障害への理解も進みつつある現在。しかし、性別適合手術というのはどんなものか、詳しく知っている人は少ないはずだ。一体、具体的にはなにをどうするものなのか……。今回は、エッセイスト、イラストレーターとして活躍する能町みね子氏が性別適合手術を受けた際の実録エッセイ『トロピカル性転換ツアー』(文春文庫)から紹介したい。

 まず、男性から女性への手術はどのように行うのか。能町の解説を引用しよう。

「チン子の中身の、海綿体とよばれるスポンジの部分(興奮すると血がたまってふくらむところですよね)を全部かきだして、皮だけを残して、亀頭のところをクリトリスに、棒だったところの皮のヒダの、陰唇とよばれる部分や膣の内壁にするらしいです」

 なんだかものすごくアクロバティックな手術のようにも思えるが、亀頭と表皮を活かすのは、「性的な感覚がそのまんま残るらしい」からなのだとか。感度には個人差はあるというが、なるほどである。

 しかし、ピアスと同じように、穴を開けるとそれを閉じようとするのが体の仕組み。そのため、ファーストピアスにあたる「ダイレーター」という、「先端の丸まった棒」を「1日に2回か3回、1時間くらいずつ」入れる必要があるらしい。能町にとってはこれがイヤだったようで、たしかに「昼、友だちと遊んでて「ちょっとダイレしてくるね」とか、ない。無理。だってアレですよ。膣に異物を挿入する作業ですから」といわれると、その気持ちもよくわかる。

 こうした手術を受けるため、彼女が選んだのはタイのリゾート地・プーケット。しかも、これが初の海外旅行。だが、「ふつう入院2週間、退院後は軽い観光も可、というくらいで、少し大きな整形手術という程度」という認識だったため、「よーし、パーッと気楽に受けて帰ってこよう!」と考えていたらしい。だが、「入院体験は私だけ一筋縄じゃいかなかったんです」と綴っているように、これが波乱に満ちたものとなった。

 通常の入院の経過は、1日目に「体調の検査」。2日目は「第1段階の手術」として、「いわゆるゴールデンボール」を取る。5日目か6日目には「詰め物を取り替える手術」、9日目か10日目に「第2段階の手術」として「前に取っておいたチン子や袋の表皮を、膣内の皮として移植」。そこからは2日間くらいは「皮膚移植を安定させるために絶対安静。歩行禁止」となり、「問題がなければ15日目頃に退院」。だが、退院したからといってすぐに帰国するのではなく、「できれば1週間程度は現地にとどまり(中略)そのあいだに一度病院に来て診察を受けることがのぞましい」という。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

トロピカル性転換ツアー (文春文庫)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

KABA.ちゃんも受ける? 実録「性別適合手術」はこうして行われる!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。性教育水井多賀子の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 TOKIO山口わいせつでジャニーズが姑息
2 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
3 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
4 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
5 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
6 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
7 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
8 ジャニーズ10大事件簿 10位〜6位
9 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
10 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
11 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
12 NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
13 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
14 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
15 葵つかさが「松潤とは終わった」と
16 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
17 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
18 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
19 吉田羊と熱愛の中島裕翔が痴漢騒動
20 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画