>  >  > 村上春樹はノーベル賞候補じゃない!?

今年も落選!村上春樹はそもそもノーベル文学賞候補ではないとの説が!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
haruki_10_141010.jpg
「ノーベル賞よりカフカ賞のほうがエラいんだい!」と強がるファンもいるとかいないとか(画像は「ニューズウィーク日本版」2013年5月21日号/CCCメディアハウス)

 昨晩ノーベル文学賞が発表され、フランスの作家・パトリック・モディアノが受賞。ブックメーカーなどで有力候補とされていた、村上春樹はまたしても受賞を逃した。

 2006年カフカ賞を受賞して以降、10月には毎年のように、「今年こそ村上春樹受賞なるか」と様々なメディアが大騒ぎを繰り広げている。昨日も、書店の村上春樹コーナーや、ハルキストと呼ばれる春樹ファンたちがカフェに集まり受賞の報せを待つ様子、春樹ゆかりの海外のファンの声など、今年こそはと受賞を期待する特集が展開されていた。

 そして、別の作家の受賞が発表され「がっかり」……というところまでが、風物詩となっている感もある。ここまで落選が続くと、結局このまま獲れないんじゃないか、と不安になっているファンもいることだろう。

 村上春樹はこれから先もノーベル文学賞は獲れないのではないか。こう指摘するのは、評論家で作家の小谷野敦。小谷野は、著書『病む女はなぜ村上春樹を読むのか』(ベスト新書)のなかで、春樹ノーベル賞の可能性について様々な角度から考察しているのだ。

 そもそも村上春樹はノーベル賞の候補に本当に入っているのか。そこから小谷野は疑問を呈する。というのも、この時期報道でよく目にする「下馬評で1番人気」「最有力候補」などというのは予想屋が勝手に予想しているだけのもの。ノーベル賞の選考委員会は候補を公表しているわけではない。ノーベル賞委員会は50年経つと候補を公開することになっており、たとえば今年はじめに1963年の最終候補から三島由紀夫が一歩手前で漏れていたことがわかったり、当時日本では全くノーマークだった賀川豊彦が実は1947年の候補だったことが50年を経て初めてわかったり、などということがあった。春樹がこのまま受賞しなければ、本当に候補に入っているかどうかは、50年経たないと真相はわからないというわけだ。

 小谷野が「ノーベル賞受賞に当たっては不利な要因」としてまず挙げるのが、「村上春樹は日本ペンクラブ会員ではない」ということ。そんなことで決まるの?と思うかもしれないが、日本人初のノーベル文学賞作家である川端康成は、日本ペンクラブ会長を17年という長期にわたって務めており、2人目のノーベル文学賞作家の大江健三郎も、ペンクラブ理事、副会長だった。

 しかも単にペンクラブの役職に就いていればいいというわけではなく、「根回し」が重要だと小谷野は見ている。川端は会長任期中に日本で初めての国際ペンクラブ大会を開いており、その関係で西洋へもたびたび行き、さらに国際ペンクラブの副会長も務めており、「西洋社会への根回しは十分だった」。大江も「海外へ出ることも多く、それなりに根回しはしていた」。一方、海外での評価も高く候補に入っていたが受賞には至らなかった谷崎潤一郎は、飛行機が怖くて一度も西洋へ行ったことはなかったのだとか。

 さらに政治的な立ち位置も関係している。小谷野に言わせると「ノーベル賞委員会は、少し左寄りである」という。たとえば、アメリカで初めてノーベル文学賞を獲ったシンクレア・ルイスや、授与されたが辞退したサルトルも、社会主義的だった。日本では保守派と見られる川端康成も「その辺はぬかりなく、戦後は平和主義の仮面をかぶり続けた。ノーベル賞をとってしまうと地金が出て、(略)以後日本ペンクラブは右寄りに」なったという。

この記事に関する本・雑誌

病む女はなぜ村上春樹を読むか (ベスト新書)

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

関連リンク

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 慎太郎「障害者殺戮犯の気持ち分かる」
2 もんじゅ廃炉で原発ムラに新たな利権が
3 安倍が米の男女平等イベントで失笑発言
4 “万引き老人”たちの壮絶な貧困
5 盛り土で慎太郎の責任にテレビが沈黙
6 福原愛の活躍の裏に父母との決別が
7 SMAP解散は香取慎吾のせいじゃない
8 川島なお美が近藤誠の診断を告発
9 稲田朋美が夫の軍事産業株保有で逆ギレ
10 安倍応援団・視聴者の会とリテラが対決
11 福島原発“凍土壁”崩壊の戦犯は安倍政権
12 『とと姉ちゃん』を「暮しの手帖」が批判
13 ジャニーズでSMAPとキスマイいじめ!
14 SMAPベストアルバムの裏事情
15 キムタク最大のタブーとは?
16 炎上!長谷川豊ら「医療亡国論」の詐術
17 豊洲問題で石原良純が慎太郎擁護の茶番
18 TBS山内アナが二重国籍のヘイト攻撃
19 「暮しの手帖」に「政治的すぎ」と批判
20 日テレの嵐推しとSMAP潰しの裏側
PR
PR
1盛り土で慎太郎の責任にテレビが沈黙
2稲田朋美も富山市議と同じ不正を
3辺野古判決の裏に裁判所の露骨人事!
4『とと姉ちゃん』を「暮しの手帖」が批判
5TBS山内アナが二重国籍のヘイト攻撃
6安倍が米の男女平等イベントで失笑発言
7稲田朋美、南スーダン視察中止の無責任
8稲田朋美が夫の軍事産業株保有で逆ギレ
9炎上!長谷川豊ら「医療亡国論」の詐術
10福島原発“凍土壁”崩壊の戦犯は安倍政権
11 “万引き老人”たちの壮絶な貧困
12新潮が天皇の生前退位を“暴走”と攻撃
13新潟県知事不出馬はやはり原発ムラ圧力
14「暮しの手帖」に「政治的すぎ」と批判
15北朝鮮への先制攻撃論と悪夢のシナリオ
16奴隷労働を強いられるベトナム人留学生
17Kダブシャインが日本の音楽状況を批判
18もんじゅ廃炉で原発ムラに新たな利権が
19豊洲問題で石原良純が慎太郎擁護の茶番
20沖縄の2紙は“偏向”などしていない
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」