東京五輪開会式で「渡辺直美を豚に」 女性差別丸出しの佐々木宏を演出総指揮に引き立てたのは森喜朗、安倍の意向も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
東京五輪開会式で「渡辺直美を豚に」 女性差別丸出しの佐々木宏を演出総指揮に引き立てたのは森喜朗、安倍の意向もの画像1
東京2020組織委員会公式ウェブサイトより


 東京五輪組織委員会の会長だった森喜朗氏の暴言が世界中に報じられ「性差別が横行する国」だと知れ渡ったのも束の間、今度は東京五輪開会式をめぐって、信じられないような「差別演出」プランが立てられていたことが発覚した。

 東京五輪開会式の演出総指揮をとる「総合統括」を昨年12月に狂言師の野村萬斎からバトンタッチした電通出身のクリエイティブディレクター・佐々木宏氏が、タレントの渡辺直美をブタに見立てた「オリンピッグ」なる演出案を披露していたと、本日夕方、「文春オンライン」が報じたのだ。

 佐々木氏といえば、ソフトバンクの「白戸家」やサントリーのBOSS「宇宙人ジョーンズ」シリーズを手掛けてきた有名CMクリエイターであり、リオ五輪であの「安倍マリオ」を演出した人物。その佐々木氏が、昨年3月、開会式の演出を担うメンバーのグループLINEに、こんなアイデアを送っていたという。

〈(ブタの絵文字)=渡辺直美
への変身部分。
どう可愛く見せるか。
オリンピッグ(ブタの鼻の絵文字)
歴史を振り返るというより、過去大会ハイライトシーンを、
どうワクワクする様に見せるか。〉
〈ブヒー ブヒー
(宇宙人家族がふりかえると、宇宙人家族が飼っている、ブタ=オリンピッグが、オリの中で興奮している。)〉
〈空から降り立つ、オリンピッグ=渡辺直美さん〉

 絶句するほかないだろう。最近も『スッキリ』(日本テレビ)がアイヌ民族を「あ、犬」と表現し大きな問題となったように、人を動物に喩える行為には差別的な文脈がつきまとうことが多く、とてもじゃないが五輪のような公的イベント・国際舞台でやるようなことではない。

渡辺直美がルッキズムへのアンチテーゼとして評価されていることをわかっていない佐々木宏

 しかもあ然とするのは、なぜ渡辺直美がいま世界で評価されているのか、その意味すら佐々木氏がまったく理解していないことだ。近年、人の容姿を嘲るボディシェイミングやルッキズムを問題視する声が高まっており、渡辺はまさに、そうしたルッキズムへのアンチテーゼ、“画一的な美の基準にとらわれず、ありのままの自分、ありのままの体を愛そう”という「ボディポジティブ」ムーブメントの世界的アイコンとして活躍しているのだ。その渡辺を、太った人を嘲笑したり侮蔑する際に用いられてきた「ブタ」に変身させようというのは、時代錯誤というか真逆の「差別」演出にほかならない。

 佐々木氏といえば、テレビのバラエティ好きとして有名で、インタビューなどでも「テレビがお手本」と公言しているが、この企画は、まさに日本のお笑いバラエティに横行する女性差別とルッキズムをそのまま国際的なイベントに持ち込もうとしたということなのか。

 いや、最近は、日本のテレビのバラエティでさえ、容姿イジりや自虐ネタについて、バービーなど女性芸人の間から批判の声が上がりはじめ、「差別的な笑いは時代遅れだからやめよう」という機運も少しずつではあるが出てきている。

 それを、佐々木氏は、よりにもよって国際舞台である五輪の開会式で披露しようと考えたというのだから、どれだけ時代遅れなのかという話だろう。

 さすがに、この佐々木氏のプランに対しては、演出チームのメンバーから〈理解できません〉〈眩暈がするほどヤバい〉という反対の意見があがり、撤回されたというが、あまりにも当然すぎるだろう。

 それにしても問題なのは、このような「差別演出」案を打ち出していたような人物を、東京五輪組織委員会が昨年12月に開会式の「総合統括」に引き上げたことだ。

 そもそも、2018年7月に公表された東京五輪開会式の演出チームは、野村萬斎が総合統括となり、佐々木氏はパラリンピックの式典を担当すると発表されていた。ところが、東京五輪組織委員会は新型コロナの影響を考慮し、昨年12月に開閉会式を簡素化するためとして、野村萬斎や椎名林檎らによる総合演出チームの解散を発表、佐々木氏を新たな責任者とした。

 だが、実際は昨年3月の段階ですでに佐々木氏は五輪の開閉会式の演出チームに入っており、そこで問題の渡辺を起用した「オリンピッグ」案をグループLINEに投稿。この案は却下されたが、佐々木氏はむしろその後も発言力を強め、結果、演出チームを事実上引っ張っていたコレオグラファーのMIKIKO氏が排除されてしまったという情報もある。

佐々木宏がコレオグラファーのMIKIKOを押しのけて「総合統括」になった背景に、森、安倍の意向

 しかも、こんな「差別演出」案を平気で出すような佐々木氏を開会式の演出家とし、「総合統括」にまで引き立てたのは、森喜朗氏と安倍晋三・前首相だ。

 前述したように、佐々木氏はリオ五輪の「安倍マリオ」の演出にかかわったが、これを当時の安倍首相と組織委の森会長が大きく評価し、東京大会の演出に引っ張り上げたというのは有名な話。実際、森氏は会長辞任会見でも「安倍マリオという大変大きな国際的に話題を生むセレモニーがあったことも記憶に新しい」などと語り、昨年11月に安倍前首相と出席した「オリンピック・オーダー」授与式でも「安倍マリオと森ヨッシーのように助け合いながら、東京大会の成功に向けて力を尽くしてまいりたい」と挨拶。昨年12月に佐々木氏を「総合統括」に就任させたのも、もちろん森氏だ。

 つまり、佐々木氏は「安倍マリオ」という露骨な政治利用パフォーマンスに手を貸したことで森氏と安倍前首相から目をかけられ、時代錯誤な「差別演出」案を出してチームメンバーから顰蹙を買いながらも「演出トップ」にまでのぼり詰めた、というわけだ。

 今回の「文春砲」を受け、橋本聖子・組織委会長は明日会見を開き、佐々木氏の処遇について説明をおこなう方針だというが、もはや東京五輪は「差別を容認・放置する国」だということを印象づけるものになっている。佐々木氏の処遇だけではなく、開催中止をこそ即刻発表すべきだろう。

最終更新:2021.03.17 09:36

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

東京五輪開会式で「渡辺直美を豚に」 女性差別丸出しの佐々木宏を演出総指揮に引き立てたのは森喜朗、安倍の意向ものページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。佐々木宏女性差別安倍晋三東京五輪組織委員会森喜朗渡辺直美田岡 尼野村萬斎の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 萩生田政調会長に統一教会と“家族同然”!生稲晃子を連れて施設に
2 統一教会とズブズブ萩生田「政調会長」に批判殺到!一方、テレビは…
3 葵つかさが「松潤とは終わった」と
4 テレ朝で『モーニングショー』統一教会報道中止、ネット動画削除!
5 アムウェイにキラキラ女子が急増中!
6 自民党がネトサポに他党叩きを指南
7 維新応援団・野村弁護士が懲戒、橋下徹にも請求が
8 吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり!
9 「こども庁」名称変更の裏に統一教会!安倍、山谷との関係を物語る内部文書
10 川島なお美が近藤誠の診断を告発
11 東京五輪「7人の戦犯」を徹底糾弾
12 デジタル庁初代大臣に平井卓也が居座り!オリパラアプリ業者との癒着
13 安倍元首相と統一教会の関係に田崎史郎、三浦瑠麗、橋下、東国原、古市らが…
14 五輪3兆円超え戦犯・森喜朗の重大疑惑
15 維新も統一教会とズブズブ!松井、馬場、音喜多、足立
16 安倍元首相と統一教会の直接的な関係が発覚!「桜を見る会」にも関係者
17 日本の恥!リオ閉会式で安倍が政治宣伝
18 統一教会と自民党の関係をごまかすメディア…民放は有田芳生に発言自粛を要求
19 JOC経理部長の飛び込み自殺で囁かれる「五輪招致買収」との関係,
20 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
1 テレ朝で『モーニングショー』統一教会報道中止、ネット動画削除!
2 統一教会とズブズブ萩生田「政調会長」に批判殺到!一方、テレビは…
3 萩生田政調会長に統一教会と“家族同然”!生稲晃子を連れて施設に
4 岸田政権の副大臣・政務官「統一教会系20人」に杉田水脈が含まれないインチキ
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄