菅原経産相辞任で田崎史郎不在の『ひるおび!』が政権批判! 安倍首相の国民を舐めた姿勢とマスコミの責任を批判

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
菅原経産相辞任で田崎史郎不在の『ひるおび!』が政権批判! 安倍首相の国民を舐めた姿勢とマスコミの責任を批判 の画像1
10月25日放送の『ひるおび!』で安倍政権とマスコミの本質をついた与良正男・毎日新聞専門編集委員


「週刊文春」(文藝春秋)の連続スクープで昨日25日、菅原一秀経産相が辞任を表明した。当然だろう。先週、先々週と報じられていた過去の買収疑惑でも十分辞任に値したが、24日発売の「週刊文春」第三弾記事では、それに加え、練馬区でおこなわれた支援者の通夜会場で菅原経産相の秘書が香典袋を手渡した瞬間を“激写”されるという、公職選挙法違反の決定的証拠を突きつけられてしまったからだ。

 まさに世間を舐めきっているとしか思えないが、それは安倍首相も同様だ。菅原氏の辞任発表に対し安倍首相は「任命責任は私にあり、こうした事態になってしまったことを国民に深くおわび申し上げます」と“任命責任”に言及したが、しかし実際には安倍首相は任命責任など取るつもりはさらさらない。これまでの数々の不正・不祥事と同様、このままなんの説明もしないまま、幕引きしたって、「世間はすぐに忘れる、政権にとって大した問題にならない」とたかをくくっているはずだ。

 ところが、安倍首相のこうした国民を舐めきった姿勢を、意外なことに、安倍応援団番組の『ひるおび!』(TBS)が25日の放送で批判した。

 この日の『ひるおび!』には、安倍内閣に閣僚スキャンダルが起きたときは必ず出演して政権を擁護する御用ジャーナリスト・田崎史郎氏が出ておらず、政治アナリストの伊藤惇夫氏と毎日新聞専門編集委員の与良正男氏が出演していた。菅原経産相の辞任とスキャンダルを取り上げたなかで、説明責任はどうなるのかということに話が及ぶと、与良氏がこう指摘したのだ。

「おそらく今後も詳しい説明はしない、まあ、野党は求めていますけども、しない可能性はある。でもこの人から始まった話ではないんですよね。毎回、国会に影響を及ぼしたから、混乱を避けるために、私は辞めるっていって、その後、説明しない人がほとんどですよ」

 ここで司会の恵俊彰が「へーーっ」と驚くのだが、与良氏は“何をすっとぼけてるのか”とでも言いたげに「へーって、毎回そうですよ」と一蹴。さらに、伊藤氏との間でこんなやり取りを繰り広げた

伊藤「それで安倍首相は『任命責任は私にあります』と言って、どういう責任をとるんですかっていうのは、ないんですね」
与良「この7年間、(閣僚の辞任は)何回目ですかね」
伊藤「9回めですね。9人辞任してますね。この政権になってからね」
与良「その責任は私にあります、申し訳ありませんでしたっていうのが、その後なんかにつながっているかって、感じはしませんよね」

 たしかに、第二次安倍政権下では松島みどり法相、小渕優子経産相、西川公也農水相、甘利明経済再生担当相、今村雅弘復興相、稲田朋美防衛相、桜田義孝五輪相、江崎鉄磨沖縄北方担当相、そして今回の菅原経産相と、公選法違反やカネの疑惑、失言などで大臣を辞任してきたが(江崎氏は健康問題)、安倍首相が何らかの責任をとったことなど一度たりともなかった。2人はその事実をはっきり指摘したのだ。

コメンテーターの与良正男が安倍政権のやりたい放題を許すマスコミの責任に言及

 加えて、伊藤氏が問題にしたのは、そもそもスキャンダルだらけの菅原氏をなぜ、重要閣僚である経産相として入閣させたのか、ということだった。

「僕は不思議だなと思うのが、安倍政権って、どちらかというと経産内閣といわれるくらいですね、経済産業省の影響力が強い政権なんですね。その中心部分に噂の人を持ってきたっていうのが、どうも理解できないんですが。一歩踏み込んで考えると、前回の内閣改造、桜田さんの、今回もそうなんですが、派閥なり実力者の推薦をまる呑みにしてるんですね、かなりの数、入閣者の。それは裏を返すと、たとえばそういう人たちの中に問題大臣が出てきて、辞任しても、政権は揺るがないよという、ある種の自信をもっているから、こういう人でも入閣させちゃうのかな、ってちょっと考えちゃう」

 また、与良氏は、この菅原経産相辞任が安倍政権に大した打撃を与えないだろうと予測し、そのことの問題点を指摘していた。

「通り一遍の政治記事ですと、安倍首相の求心力に影響しそうだとか打撃になったとか書くんですけど。実際書いてんでしょうけど、だけどあまり打撃になる感じはしないんですね、僕は。それはなぜかというと、国民そのものが、こういうスキャンダルとか僕から言えば一番恥ずべきことについて、ものすごく慣れっこになってしまっている。まあそんなもんかね、でメロンだカニだと笑い話で済ませてしまうようなね、雰囲気があると思うんですね」

 確かに、どんな事態にも責任を取らず、平然と政権を維持してきた安倍首相によって、国民はスキャンダルに慣れっこにさせられてしまった。そして安倍首相自身、そんな状況を百も承知の上で、民主政治を揺るがしかねないスキャンダルをスルー、そして「1週間も経てばみんな忘れる」と国民を舐めきっている。

 こうした問題については、本サイトでも再三にわたって批判してきたが、テレビではっきりと指摘された意義は大きい。しかも、与良氏はマスコミの責任も追及していた。

「敢えて言えばマスコミにもあると僕は言いたいわけです。本当に重要な、民主政治にとって重要な話なんだというところまでいかずに、メロンだカニだという話で終わってしまって。そういう話で慣れっこになっている。桜田さんのときもそうですよ。あそこまでいくと本当、失言が慣れっこになって。資質がないというのも、なんかお笑いの対象で終えてしまっているというところにね。逆に言えば、安倍さんがもしかしたら、そこに自信を持っているのかもしれない。ボディブローにはもちろんなってくると思いますけど、菅さんの求心力は落ちるかもしれませんが、安倍さんに直結するかというと。これで一回も国会に出てこない、何も説明しない、一週間経ったらみんな忘れてしまう、みたいな話になると、安倍さんからすれば『しめしめ』というところで終わりかねないです」

テレビが報道しない萩生田、高市の違法、武田国家公安委員長らの暴力団密接交際

 テレビでマスコミの責任を口にしたというのはあっぱれだが、マスコミの問題は与良氏が言うような「笑い話で終わらせる」というレベルではなくなっている。そもそも、安倍政権の不祥事についてはほとんど報じていないのだ。

 実際、安倍政権で不祥事や失言、スキャンダルがあった閣僚は辞任した9人以外にも山ほどいた。最新の内閣改造以降に限っても、萩生田文科相や高市早苗総務相の公選法違反や政治資金規正法違反疑惑。武田良太国家公安委員長、竹本直一科学技術担当相、田中和徳復興相という3人もの閣僚に暴力団との密接交際疑惑が発覚している。しかし、ワイドショーはこれらの閣僚の問題については一切取り上げず、全員いまだ閣僚に居座っている。

 今回の菅原経産相の公選法違反問題も、「週刊文春」は2週間前から元秘書の証言や物的証拠などを突きつけていたにもかかわらず、ワイドショーは2週間以上、これをほとんど無視していた。今回、各局が取り上げたのは、辞任が発表されたからにすぎない。

 ようするに、テレビは政権側が不正を認めないかぎり、どんなスキャンダルや不祥事があっても報道しなくなっているのである。そして、問題大臣が辞任にいたってワイドショーがようやく取り上げても、安倍応援団コメンテーターがまたぞろ「安倍首相の素早い判断」などと言い出したり、野党批判に話をすり替えて終わらせてしまう。

 だからこそ、菅原経産相や萩生田文科相のような、もとから疑惑だらけの人間を入閣させても痛くもかゆくもないと、安倍首相は強行入閣させているのだ。

 そういう意味では、ワイドショーに染み付いた忖度体質が今の安倍首相の国民を舐めきった態度と、安倍政治の腐敗状況を生み出していると言ってもいい。

 もちろんその代表格のひとつが、当の『ひるおび!』であることは言うまでもない。今回は、番組放送直前まで菅官房長官とホットラインで連絡を取り合うという田崎氏でなく、与良氏がいたことで、たまたまこうした本質的な批判がなされたが、普段はこうした安倍内閣を温存させるマスコミの責任について、テレビで語られることなど、一切ない。

 マスコミと安倍政権のいびつな“共存関係”はいつまで続くのだろうか。

最終更新:2019.10.26 07:04

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

菅原経産相辞任で田崎史郎不在の『ひるおび!』が政権批判! 安倍首相の国民を舐めた姿勢とマスコミの責任を批判 のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ひるおび!与良正男内閣改造編集部菅原一秀の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍政権の「Go To」批判封じを『ひるおび』八代弁護士がポロリ
2 吉村洋文知事は「武富士」の盗聴犯罪を隠蔽するスラップ訴訟の代理人に
3 安倍が横田早紀江さんを無視している
4 大村知事リコールに高須克弥、百田尚樹、有本香らが勢揃い…
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 日本のネトウヨにも聞かせたいビリー・アイリッシュの反差別メッセージ
7 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
8 ツイッタージャパンの反差別に対する消極性 代表と産経ニュースの関係
9 吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
10 持続化給付金で中小企業庁長官が電通と接触、「Go To」3000億円も電通か
11 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
12 持続化給付金にさらなる疑惑もワイドショーは電通タブーで報じず
13 NHKが持続化給付金疑惑をスルー、『日曜討論』で野党排除
14 生活保護カットで他の低所得者も困窮
15 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
16 安倍が拉致問題国民大集会を「公務」理由に中座、自宅へ!
17 橋下徹が岩上安身リツイート裁判で矛盾を追及され逆ギレ!
18 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
19 西原理恵子が高須院長とヘイトデモ応援
20 ウンギョン写真掲載で横田夫妻に圧力
1 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
2 安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
3 持続化給付金にさらなる疑惑もワイドショーは電通タブーで報じず
4 吉村洋文知事は「武富士」の盗聴犯罪を隠蔽するスラップ訴訟の代理人に
5 安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
6 松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
7 安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
8 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
9 安倍政権の「Go To」批判封じを『ひるおび』八代弁護士がポロリ
10 大村知事リコールに高須克弥、百田尚樹、有本香らが勢揃い…
11 吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
12 内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
13 持続化給付金で中小企業庁長官が電通と接触、「Go To」3000億円も電通か
14 NHKが持続化給付金疑惑をスルー、『日曜討論』で野党排除
15 検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
16 テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
17 ツイッタージャパンの反差別に対する消極性 代表と産経ニュースの関係
18 木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
19 日本のネトウヨにも聞かせたいビリー・アイリッシュの反差別メッセージ
20 大坂なおみが黒人差別抗議でキレキレ
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄