ジャニー喜多川社長の病状発表を「嵐」にやらせ、イベント宣伝に利用したジャニーズ事務所のグロテスク!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
ジャニー喜多川社長の病状発表を「嵐」にやらせ、イベント宣伝に利用したジャニーズ事務所のグロテスク!の画像1
ジャニー喜多川氏の容態を嵐の展覧会PRに利用!(『直撃LIVE グッディ!』)


まさかこのタイミングで、こんな利用の仕方をするとは……。ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長の救急搬送から約2週間、入院の事実すらひた隠しにしていたジャニーズ事務所が本日午後15時ごろに、ようやくジャニーズ社長の病状を公式発表した。18日の救急搬送について初めて公式に認め、「解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血で現在入院中」であることを明らかにしたのだ。

 だが、問題はそのことを発表した人間と、そのやり方だ。発表は、本日から東京のソニーミュージック六本木ミュージアムで開催されている嵐の結成20周年記念の展覧会『ARASHI EXHIBITION “JOURNEY” 嵐を旅する展覧会』のオープニングで行われた。このオープニング会見に、嵐の5人が出席。そこで、ジャニー氏の容態を明らかにしたのだ。

 メンバーを代表してグループ最年少の松本潤が「この『EXHIBITION』の会見の前に僕たちからご報告させていただきたいことがあるので少々お時間をいただきました」などと切り出し、「6月18日に弊社の社長ジャニー喜多川が病院に緊急搬送されました」と、ジャニーズ事務所としてはじめて公式にジャニー社長の救急搬送を認めた。

 さらに「僕たちは翌日19日にジャニーさんのもとにお見舞いに行きました。その後も時間のあるときになるべくジャニーさんの病室に通っているような現状です」とすでに週刊誌などで報じられていた通り、お見舞いに訪れたことも明かした。

「いまはジャニーさんが一日も早く元気に回復してくれることを祈っています」などと報告を締めると、「暗い会見になるのはジャニーさんも望んでいない。明るく楽しくやりたいと思っていますのでよろしくお願いします」などと話を切り替え、メンバー全員で展覧会の宣伝を始めた。

 そして、この嵐の会見と合わせて、事務所からメディアに一斉にファックスが流された。

〈解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血で現在入院中〉
〈今もジャニーは必死に頑張っておりますので、治療に専念することを最優先とさせていただきたく、ご理解ください〉

 その結果、ジャニーズ事務所の箝口令に従い沈黙を守ってきたテレビ、スポーツ紙などが一斉にこのニュースを報じ始めたのだ。

 しかも、唖然としたのはその報道の中身だった。発表は、ちょうどお昼のワイドショーの真っ最中、『直撃LIVEグッディ!』(フジテレビ)『ゴゴスマ』(CBCテレビ)『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ)が一斉にジャニー氏の容態について報じたが、メインはむしろ嵐の会見。松潤の「暗い会見になるのはジャニーも望んでいない。明るく楽しくやりたいと思っていますので」などという言葉とともに、かなりの時間が展覧会のPRに割かれた。

 15時をさかいにそろって配信された御用スポーツ紙のネットニュースも同様だった。すべての社のジャニー氏の容態を伝える記事のなかに、嵐の展覧会の名前や場所などの詳細がわざわざ書かれていた。

「芸能マスコミが一斉に展覧会情報を入れているところを見ると、ジャニーズサイドが要求したとしか思えない」(週刊誌記者)

箝口令で入院をひた隠しにしてきたのも嵐の宣伝利用作戦だったのか

 もうおわかりだろう。ジャニーズ事務所は一代でジャニーズ帝国を築き上げた創業者で、歴史に残るプロデューサーの深刻な容態を、なんと、自社タレントである嵐のイベントのプロモーションに利用したのだ。
 
 恋愛や結婚など私生活の発表とPRイベントを絡ませ、テレビやスポーツ紙、ネットニュースに取り上げられやすくするというのは、近年よくあるPR手法だが、今回は恋愛や結婚などの私生活を宣伝のネタにするのとはワケがちがう。日本の芸能界にとって歴史的な人物の生死にもかかわる話なのだ。それを、自社タレントのイベント宣伝に利用するというのは、いくらなんでも軽薄だし、グロテスクすぎるだろう。

 しかも、これはついでに利用したというようなレベルの話ではない。先日の記事でもお伝えしたが、ジャニー氏の容態をめぐっては、ジャニーズ事務所が異常とも言える箝口令をしいていた。安否や病名はおろか、入院の事実さえ徹底的に伏せ、御用メディアに一行もそのことを書かせない姿勢は、異常ともいえるものだった。

 22日には一部ネットメディアが死亡説を報じ、23日日曜日あるいは週明け24日にジャニーズ事務所からジャニー社長の死去が正式発表がなされるとのデマ情報までがネットだけでなく、メディア関係者の間でもまことしやかに流れていた。

「18日から22日は連日ジャニーズタレントたちが絡むイベントがあったが、ジャニー氏にかんする話題は一切ご法度だった。当初はタレントのイベントに水を差さないように秘密にしているんじゃないかという見方が有力だったんです。だから、イベントのない6月23日に死亡が発表されるとの憶測が広がった。23日はジャニーズNo.2とされる東山紀之がMCを務める情報番組『サンデーLIVE!!』があるため、そこで第一報が報じられるのではないか、と」(テレビ局関係者)

 しかし、23日にもなんの発表もされなかったため、今度はジャニー氏の姉であるメリー喜多川副社長のお気に入りの近藤真彦がレースで滞在していたドイツから帰国するのを待っているのではないか、との観測も流れた。

 とにかく憶測が憶測を呼ぶ状態だったが、それでも、ジャニーズはこうした噂を打ち消すことすらしなかった。

 ところが、死亡説が流れてから10日、あれだけ厳しい箝口令を敷き、他のタレントから遠ざけてきたジャニー氏の病状の話題を、突然、嵐に語らせたのである。

 救急搬送からほぼ2週間、このタイミングでの発表になった理由は全く説明されていない。これは、詳細な診断に時間を要したからとか、状態が落ち着いたからとか、危機的な状況を脱したからとか、治療の見通しが立ったからとか、このタイミングで発表する合理的な理由がまったくなかったということだ。

「そう考えると、ジャニーズは最初から嵐に発表させるために、緘口令を敷いていたとしか思えない。嵐は5人そろって会見したり囲み取材に応じること自体が稀で、加えて、月曜日に発表すれば、櫻井翔がキャスターを務める『news zero』(日本テレビ)で、他の情報番組に出演するジャニーズタレントに先駆けてコメントを語ることもできる、ということでこの日が選ばれたんでしょう」(スポーツ紙 J担記者)

嵐に発表させ、ジャニー社長の病気を利用したのはジュリー副社長か

 しかし、嵐のメンバーは東山や近藤のような幹部というわけでもないし、ジャニー氏ともそこまで関係が深いわけではない。他の多くのジャニーズタレントたちと同様に、ジュニア時代にはかわいがられていたとはいえ、デビューしてからは接点はさほど多いわけでもないと。デビュー後も、ジャニー氏と強い絆があったのは、先ごろ、後継者宣言をして芸能界を引退した滝沢秀明や、KinKi Kidsの2人だろう。実際、今日の会見で松潤が19日にお見舞いに行ったと言っていたが、滝沢や中居はその前日、18日にかけつけていた。

 にもかかわらず、嵐が発表することになったのは、ジャニーズ事務所の後継者である藤島ジュリー景子副社長のごり押しだった可能性が高い。

「ジュリー副社長は、嵐のブレイクを自分の手柄にして、一番かわいがってきましたからね。メリーさんが推してきたマッチやヒガシ、ジャニーさんが可愛がっていた滝沢を差し置いて、嵐を名実ともにジャニーズの看板に推しあげたいのでしょう。まあ、それはいいですが、ジャニーズの祖である人物の病状をイベント告知に利用してしまうとは……。ビジネス優先でこういうことをやるから、ジュリーさんはスタッフや業界から信用されないんですよ」(ジャニーズ関係者)

 しかも、ジャニー社長の入院によって、ジュリー氏のこうしたビジネス優先の路線はますます強まっていくだろう。ジャニー氏が回復・復帰が可能な状況なのかは不明だが、今日の発表では「治療に専念することを最優先」と当面現場を離れることが明言されている。ジュリー氏にとっては、「口出しはされないけど、ジャニー氏の権威は利用できる」都合のいい状態なのだ。

「これからジュリー副社長は自分の推すタレントの売り出しや、自分の地位固めにジャニー氏のことを徹底的に利用するでしょう。一方、ジャニーさんが亡くなったら、独立するんじゃないかといわれていた中居正広、長瀬智也、堂本剛、錦戸亮といった独立予備軍は、しばらく身動きが取れないかもしれません。いまこの非常事態に独立するなど恩知らずなどと触れ回るでしょうから」(前出・週刊誌記者)

 しかし、ジュリー副社長が支配を強め、前面に出れば出るほど、今回の容態発表のように、その芸能に愛情のない儲け主義がだだ漏れになり、ジャニーズ離れはどんどん進んでいくことになるのではないか。この人が後継者であるかぎりジャニーズの“終わりのはじまり”を止めることはできない気がするのだが……。

最終更新:2019.07.02 02:14

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

ジャニー喜多川社長の病状発表を「嵐」にやらせ、イベント宣伝に利用したジャニーズ事務所のグロテスク!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。EXHIBITIONジャニーズ事務所ジャニー喜多川ワイドショー時田章広松本潤の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
2 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
3 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
6 検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
7 テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
8 安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
9 警視庁の「しばき隊メンバー」逮捕は“安倍やめろデモ”潰しだった!
10 橋下が「人格障害」名誉毀損裁判で敗訴
11 安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
12 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
13 恩知らずはメリー! 飯島マネの功績
14 木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
15 松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
16 河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
17 箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑
18 新国立競技場はザハ案のパクリだった!
19 内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
20 厚労省が休校補償の手続きをパソナに委託!一方、会長の竹中平蔵はコロナで…
1 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
2 官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
3 窮地の安倍首相が櫻井よしこの「言論テレビ」に逃げ込み嘘八百!
4 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
5 安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
6 安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
7 松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
8 安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
9 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
10 黒川検事長と賭け麻雀、産経記者が書いていた黒川定年延長の擁護記事
11 検察OB意見書にあったロックの言葉を訳した安倍の大学時代の教授が
12 内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
13 河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
14 田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
15 検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
16 テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
17 検察庁法改正でダダ漏れ指原莉乃の政権批判を封じたい本音
18 木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
19 岡村隆史問題で松本人志の逃げ方、古市憲寿のスリカエがひどい
20 箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄