流出した自民党の参院選接戦区“情勢調査”の中身! 新潟、山形、愛媛、滋賀などで野党リードも、自民党が意図的リークの可能性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
流出した自民党の参院選接戦区情勢調査の中身! 新潟、山形、愛媛、滋賀などで野党リードも、自民党が意図的リークの可能性の画像1
自民党がリークか!?(自民党HP)


 通常国会が6月26日に閉会し、いよいよ7月4日公示・21日投開票の参院選が事実上始まった。与野党候補予定者ともども各選挙区で事務所開きが行われ、熱を帯びてきている。

 そんなさなかのことだ。公示目前の6月28日、「自民党重点地区情勢調査」なる調査データが永田町を駆けめぐったのだ。大手紙の政治部記者が言う。

「与野党が接戦になっている参院選16選挙区のデータですね。わたしも見ました。用紙1枚に書かれた“原本”があって、それをテキストデータに打ち込み直したものがメールで流れたようです。自民党から流出したものとみて、ほぼ間違いないようです」

 本サイトも自民党筋からこのデータを入手した。見てみると、6月22日に行った情勢調査と書かれてあり、北海道から大分まで16選挙区の候補者名と、小数第1位までのデータが書き込まれている。なるほど、参院選の調査データに間違いなさそうだ。

 いずれも野党統一候補が自民党候補と互角の戦いを繰り広げている「1人区」(定員1)か、与野党が複数候補を立てている都市部の選挙区となっている。

 つぶさに見てみよう。たとえば、イージス・アショア配備問題で揺れ、最もホットな選挙区のひとつである、秋田。

 現職の中泉松司参院議員(自民)に野党統一候補の寺田静氏が挑む構図だ。現在秋田では、静氏の夫・寺田学衆院議員が中心になってイージス・アショア配備反対を唱え、配備を受け入れた自民党系の佐竹敬久知事を厳しく批判。勢いに押された佐竹知事は慎重姿勢を強いられており、守勢に立たされた。これが如実に影響したのだろう、調査データは以下の通り、接戦となっている。

〈秋田〉
中泉松司(自民)41.9
寺田静(自民)40.0

 これと同様に接戦の構図になっている主な「1人区」を見てみると、自民と野党統一候補の戦いは以下のようになっていた。

〈岩手〉
平野達男(自民)37.3
横澤高徳(野党)38.6

〈宮城〉
愛知治郎(自民)42.6
石垣のり子(野党)41.2

〈山形〉
大沼瑞穂(自民)41.6
芳賀道也(野党)43.5

〈福島〉
森雅子(自民)41.7
水野さち子(野党)39.9

〈新潟〉
塚田一郎(自民)35.6
打越さく良(野党)42.7

〈三重〉
吉川有美(自民)41.0
芳野正英(野党)36.7

〈滋賀〉
二之湯武史(自民)42.0
嘉田由紀子(野党)42.8

〈愛媛〉
らくさぶろう(自民)37.9
永江孝子(野党)45.6

〈大分〉
礒崎陽輔(自民)41.5
安達澄(野党)37.6

トータルすると、接戦の1人区は、自民党5勝5敗の5分となるが、いずれも僅差で、途中でひっくり返ってもなんの不思議はない。はたして、この段階で、自民党がこのようなデータを流出させる狙いはどこにあるのか。自民党の選挙に詳しい古参の議員秘書が語る。

「接戦区のデータを中心に自民党陣営の尻を叩く効果を狙っている。しかも、今回のデータは広く拡散するように仕掛けており、リードしている野党陣営に油断を与える材料にもなるだろう。今回のデータ、選挙戦に突入した途端のできごとだけに、野党側の陣営が緩みかねない。あまりありがたくないはずだ」

東京はじめ、自民党が複数候補を立てた選挙区の調査結果と流出の狙い

 さらに、今回のデータ流出には、もう一つ“深い狙い”もあるらしい。定数6の東京選挙区を引き合いに出してみよう。調査データは下記の通りだ。

〈東京〉 定数6
丸川珠代(自民)17.8
吉良佳子(共産)12.2
山口那津男(公明)11.3
武見敬三(自民)9.5
山本太郎(諸派)9.0
塩村文夏(立憲)7.5
山岸一生(立憲)5.8
音喜多駿(維新)4.9
水野素子(国民)1.5

「現状では、自民党は一応、2議席を確保できているが、4位以下は接戦。とくに、次点の7位にいる立憲候補の朝日新聞元政治部記者・山岸一生氏は出馬宣言したばかりで知名度が低いが、長妻昭氏らが後援会を仕切って、猛追している。勢いのある立憲の塩村文夏氏や山本太郎氏が当選圏内の上位に入ってくると、自民・武見氏が圏外に押し出される可能性がある。そこで、データを流すことで、都内の自民票を独り占めしている丸川珠代氏の陣営に“武見さんに票を分けて”とシグナルを送っているんだよ」(前出・古参議員秘書)

 その他の「複数人区」情勢も同様の理由で流されたようだ。北海道では共産の畠山氏に追い上げられている岩本氏に高橋氏の票を、広島では、野党候補の森本氏の後塵を拝し、次点に沈んでいる河井氏に、溝手氏の票を分配するよう誘導する意図があるのだという。

〈北海道〉 定数3  
高橋はるみ(自民)33.8
勝部賢志(立憲)22.8
岩本剛人(自民)11.5
畠山和也(共産)10.2
原谷那美(国民)4.9

〈広島〉 定数2  
溝手顕正(自民)33.9
森本真治(国民)21.7
河井案里(自民)17.1

選挙前にフェイクデータを意図的に流すようになった自民党

 いずれにしても、このデータは現時点の情勢が“たまたま流出してしまった”わけでなく、自民党の手練れの選挙対策プロパーが、手の内を見せながら情勢をコントロールしようと意図的に流したとみて間違いないだろう。

 しかも、最近の自民党は、こうした情勢調査の結果をそのまま出すのでなく、目的に合わせてデータを改ざんしているのでないかという疑惑もある。大手紙の政治部デスクの話。

「一番ひどかったのは、翁長雄志知事の死去に伴う昨年9月の沖縄県知事選だったね。翁長陣営の後継指名を受けた玉城デニー氏の前評判は高く、自民党系候補の佐喜真淳・前宜野湾市長では歯が立たないことは歴然としていた。実際、11ポイント以上の差で玉城氏が勝っているしね。ところが、知事選告示前の8月に、自民党の情勢調査が流れたんだ。それもほとんど差がなく、接戦と読めるデータだった。戦意喪失に陥りかけた沖縄の自民陣営を諦めさせないための奇策だったんだ」

 前出の古参議員秘書によれば、こうした近頃のデータ流出の背景には、党内きっての選挙対策プロパーだったたたき上げの自民党事務局長が引退した影響があるという。

「前任の自民党事務局長時代の情勢調査は、わりあい客観的で、外に出ることもあまりなかったんだが、事務局長が変わる少し前から、政治利用やデータの操作などが露骨に行われるようになった」(前出・古参議員秘書)

 そういう意味では、今回の情勢調査もどこまで正確に実態を反映しているかはわからない。ただし、ひとつだけ言えるのは、大規模な情勢調査を行い、そのデータをメディアにリークすることのできる政党は自民党しかいないということだ。すでにこの時点で、自民党が圧倒的に有利なのである。

最終更新:2019.07.01 01:02

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

流出した自民党の参院選接戦区“情勢調査”の中身! 新潟、山形、愛媛、滋賀などで野党リードも、自民党が意図的リークの可能性のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。参院選挙安倍晋三編集部自民党の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
2 自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
3 「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
6 乙武洋匡が不倫旅行、5人の女性と関係
7 浅田舞が真央との不仲は母のせいと告白
8 マキタスポーツ「安倍は何の魅力もない」
9 原発新設を言い出した安倍晋三は福島原発事故の最大の戦犯
10 ペジー社社長の財団が山口敬之の実家に
11 坂上忍『バイキング』打ち切りはフジ上層部による政権批判潰し
12 国会審議で「総理は嘘つき」が“侮辱罪”にあたる可能性を政府は否定せず
13 ロシア入国禁止リストに“安倍元首相の名前なし”で「やっぱり」の声!
14 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
15 乙武洋匡の本質をマツコが見抜いていた
16 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
17 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
18 『女が嫌いな女』アンケートの噓を暴く
19 フジの格闘技RIZINと暴力団が
20 水原希子に日本のネトウヨがヘイト攻撃
1 「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
2 自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
3 ロシア入国禁止リストに“安倍元首相の名前なし”で「やっぱり」の声!
4 維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
5 古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄