軍団と森社長の手打ちでたけしは逃げ切れるか? 実娘や夫人がたけしと愛人を告発の動きも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
軍団と森社長の手打ちでたけしは逃げ切れるか? 実娘や夫人がたけしと愛人を告発の動きもの画像1
『ビートたけしのオンナ論』(サイゾー)

 たけし軍団とオフィス北野の森昌行社長の間で手打ちが成立したようだ。5日、ガダルカナル・タカが森社長に「声明文は森社長と対立することが目的ではない。騒動のエスカレートは望んではいない」などと電話したところ、森社長もきょう、事務所の新体制構築に向けて、話し合いに応じることを表明した。

 森社長をあれだけ“裏切り者”よばわりして告発しておきながら何を今さら、という感じもするが、しかし、一方で、たけし軍団がこのタイミングで手打ちをしたがったというのもわからなくはない。

 前回の記事でも指摘したが、そもそも、森社長を告発するあの声明文は軍団が自発的に書いたものでなく、たけしに書かされたものだった。

 周知のように、愛人に狂ったたけしは彼女に自分の稼ぎや財産を渡すために独立。ところが、そのことを「週刊新潮」(新潮社)などに暴露され、「洗脳状態」などと書かれたため、それを打ち消そうと、軍団を使って“独立は森社長の裏切りへの不満だった”というストーリーを流させたのだ。

 軍団の声明文が大きな話題になった直後、軍団メンバーと親しい芸能関係者が、本サイトの取材にこう語っていた。

「メンバーから直接、聞いたんですが、あの声明文の中身は、たけしさんにメモを手渡されて、それにもとづいて書いたみたいですよ。軍団のなかには、もともと、後からやってきて事務所の幹部におさまった森社長に対して反感があったようですが、あそこまでの憎悪感情はなかった。株のことなんかもまったく知らなかったらしいです。でも、たけしさんに森社長をこらしめろといわれて、断れなかったらしい。このまま、軍団が森社長と対立関係になって、行き場をなくしてしまったら、本当にかわいそうです」

 実際、軍団は一時、本当に行き場をなくしかけていた。まず、軍団はたけしの新事務所「T.Nゴン」には絶対に入れない。というか、そもそも軍団がオフィス北野に残ることになったのは、たけしに新事務所に連れて行ってもらえなかったからだ。たけしは、一昨日の『新・情報7days ニュースキャスター』(TBS)で「軍団が出てしまったら会社が潰れちゃうかから残した」「(オフィス北野が正常になったらたけしの新事務所に合流すると)約束している」などと語っていたが、これは自分のイメージダウンを避けるために適当なでまかせを口にしたにすぎない。実際は、長年たけしを支え、「フライデー」事件では刑事犯罪に問われる行動までともにした軍団は、愛人のツルの一声であっさりと捨てられてしまっていた。

森社長の反撃を恐れて軍団に“手打ち”を命じたたけし

 そういう意味では、軍団には最初から、森社長とうまくやっていくしか選択肢はなかったのだが、自分の金を一銭も払いたくないたけしに「森の株を分け与える」とそそのかされた彼らは、森社長を追い出し、自分たちがオフィス北野の経営権を握れると錯覚。森社長を「裏切り者」よばわりする声明文まで書いたことで、森社長から怒りの反撃を受けてしまう。「週刊新潮」では森社長から「もういっしょにはやっていけない」という宣告を受け、法的手段までちらつかされてしまった。

 おそらく、軍団はこれを読んで、自分たちの置かれている状況をはじめて悟ったはずだ。おそらくほとんどのメンバーが手打ちを望んだのではないだろうか。

 だが、森社長との手打ちを望んだのは、たけしも同様だった。それどころか、この手打ちは、たけしが軍団に命じたと言う話もある。

 たしかに「週刊新潮」に載った森社長の反論は、たけしにも十分な恐怖を与えたはずだ。前回の記事でも指摘したように、たけしには、右翼団体との仲裁のかわりに、東通をオフィス北野の大株主にしたり、暴力団の関係者との交友など、やばい話が山ほどある。以前の支配関係の延長線上で、森社長は何をやっても逆らってこないとタカをくくっていたが、森社長をこれ以上追いつめたら、こうしたネタを暴露されて、もっと決定的なダメージを受けるかもしれない。たけしはそんな危機感を抱いて、慌てて手打ちを後押しし始めたのではないか。

 もちろん、この手打ちは森社長にとっても歓迎すべき話だった。前述したように森社長にはたけしに対する逆襲のネタはいくらでもあるが、そうした行動に出るためにはすべてをなくす覚悟が必要になる。森社長にしても、せっかくテレビ制作会社の一社員から芸能プロダクションの代表取締役にまでなったのに、そんなメリットのないことはしたくなかっただろう。

実娘や夫人が告発の動き、長男は「ダサくなってく人を見るのはきつい」と

 しかし、騒動を振り返ると、改めて呆れるのがたけしの小狡さだ。たけしは前述した『新・情報7days』で冒頭、この騒動について「こじれちゃって、今度軍団と社長との喧嘩になっちゃって。俺、全然部外者になっちゃって」と語っていたが、よく言うよ、である。自分の愛人問題を隠すために軍団を使って「軍団VS森社長」に話をすりかえたのは、たけし自身ではないか。しかも、軍団と森社長がボロボロになる一方で、この作戦はまんまと成功して、テレビではたけしの愛人問題に触れることは完全にタブーになってしまった。

 たけしの映画『アウトレイジ』シリーズでは、暴力団組長らが「親分子分」の関係をたてに、末端の組員をいいように利用した挙句、ボロ雑巾のように捨ててしまうエピソードがしばしば出てくるが、今回のたけしの姿は『アウトレイジ』のグロテスクな暴力団組長そのものといっていいだろう。

 ただし、たけしがこれで逃げ切れるとはかぎらない。実は、ここにきて、たけしの実娘で元タレントの北野井子が週刊誌の取材に応じ、たけしとその愛人を告発したという情報が流れているのだ。ほかにも怒り心頭の幹子夫人にも同様の動きが噂されているし、長男もツイッターで〈どんどんダサくなってく人を見るのはきつい〉とたけしのことを示唆するような意味深な投稿をしている。これからたけしには、家族からの告発ラッシュ、家族と愛人の骨肉の争いが待ち受けている可能性もあるのだ。

 いずれにしても、たけしがまだまだこれから、晩節を汚し続けることだけは間違いないだろう。

最終更新:2018.04.10 12:41

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

軍団と森社長の手打ちでたけしは逃げ切れるか? 実娘や夫人がたけしと愛人を告発の動きものページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。たけし軍団オフィス北野ビートたけし森昌行田部祥太の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 ウーマン村本と宇賀なつみのテレビ批判に羽鳥慎一が
2 安倍が統計不正答弁中の根本厚労相に「戻れ」指示
3 加計学園獣医学部の「四国枠」合格者がたった1名! 
4 安倍が拉致被害者に「北朝鮮に戻れ」と
5 「憲法9条を守れ」と主張する芸能人
6 データ不正、元厚労次官の村木厚子が「何かの圧力」発言
7 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
8 “安倍チル魔の3回生”田畑毅議員を被害女性が刑事告訴!
9 「安倍がトランプをノーベル賞に推薦」を海外メディアが
10 どの口で?田母神らが「左翼は金で動員」
11 橋本聖子が池江選手の病を利用しスポーツ界の不祥事放置を宣言
12 安倍首相にマッチョ批判
13 安倍首相が統計不正に「選挙5回勝ってる」とヤジ
14 安倍の成蹊時代の恩師が涙ながらに批判
15 ネトウヨ局アナがテレ朝のお昼の顔に
16 沖縄2紙の記者を警察が拘束する暴挙
17 グッディ!土田マジギレ真の原因
18 片山さつきが坂上忍に批判された
19 ウーマン村本が朝鮮学校差別を煽る政治とメディアを痛烈批判
20 KAT-TUNの恋愛を側近が暴露
1 安倍首相が統計不正に「選挙5回勝ってる」とヤジ
2 嫌韓批判で炎上も…石田純一はブレない
3 渡辺謙が東京五輪の東北無視を批判!五輪の人命軽視がひどい
4 安倍政権が拉致被害者の生存情報を隠し
5 安倍が統計不正答弁中の根本厚労相に「戻れ」指示
6 勤労統計不正で厚労省委員が官邸と菅長官の圧力を証言
7 安倍首相「自衛隊募集に6割以上の自治体が協力拒否」は嘘だった
8 小川彩佳アナが『NEWS23』キャスター就任か!
10 青山繁晴議員が「僕と握手したらガンが治った」と吹聴
11 厚労省に圧力をかけた首相秘書官は安倍首相の子飼い官僚
12 安倍「私は森羅万象を担当」発言の背景
13 加計学園獣医学部の「四国枠」合格者がたった1名! 
14 ウーマン村本が朝鮮学校差別を煽る政治とメディアを痛烈批判
15 フィフィの蓮舫デマに新聞が丸乗り! 背景に安倍忖度と女性蔑視
16 小川彩佳アナ退社の要因はテレビ朝日の安倍政権忖度か
17 「安倍がトランプをノーベル賞に推薦」を海外メディアが
18 安倍がトランプ「ノーベル賞に推薦された」で世界に恥
19 辻元清美の外国人献金に大騒ぎする夕刊フジの愚劣
20 橋本聖子が池江選手の病を利用しスポーツ界の不祥事放置を宣言

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄