ただの下ネタ『ドキュメンタル』を「本物の笑い」という松本人志、宮迫博之、フジモンの勘違いぶり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
documental_180408_top.jpg
アマゾンプライム・ビデオHPより

 アマゾンプライム・ビデオで配信されている『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』。現在は昨年12月に公開されたシーズン4が最新シーズンとなっているが、これまでだいたい4カ月〜5カ月のスパンで更新されていることから、そろそろシーズン5が配信されるのではとファンからは期待を寄せられており、その熱は、パチンコ店でのイベントに出演した狩野英孝が『ドキュメンタル』のTシャツを着ていたというだけで、「シーズン5の出演者には狩野英孝がいるのでは?」とネットで話題となったほど加熱している。

 そんななか、「CUT」(ロッキング・オン)2018年4月号が『ドキュメンタル』特集を展開。シーズン1、2、4に出演した藤本敏史(FUJIWARA)と、シーズン4に出演した宮迫博之(雨上がり決死隊)がインタビューに応えている。

 そのなかで宮迫は、地上派のテレビではMCを担当するような地位にいるのにも関わらず敢えて『ドキュメンタル』に参戦したのは、「たまにTwitterとかで『ネタもやらずに……』みたいな、心ない書き込みがあるんですよ」といった自身の置かれている状況に一石を投じるためであるとしながら、このように思いを語っている。

「デビュー当時から戦って戦って今があるっていう歴史があるんやって、ちょっと見返したい気持ちもありました。面白くないやつがバラエティの司会にはなれないですからね」

 藤本もまた『ドキュメンタル』について、「あそこではほんとにお笑いやってるっていうのを感じる」「自分の今まで培ったお笑い力をそこで全部ぶつけるって言っても過言ではない感覚がありますよ」と自信をのぞかせつつ、『ドキュメンタル』こそが、いま現在最も芸人の真価を届けることのできるバラエティ番組であると述べる。

「ちょっと攻めたバラエティ番組はどんどん肩身が狭くなってる中で、『ドキュメンタル』は、ほんとのお笑いの力が如実に表れるのが面白いなぁと思います」

 2人とも、なにか『ドキュメンタル』こそが「本物のお笑いを追求する場所」みたいな言い方をしているが、これ、そんな上等なものなのか。実際に番組を見たら、松本が後輩たちに体を使った“下ネタ”を強要するホモソーシャル丸出しの体育会宴会芸としか思えない。

 しかも、その下ネタがえぐすぎるものだ。たとえば、シーズン2では、裸になった小峠英二(バイきんぐ)が掃除機に男根を吸わせて悶絶。シーズン3ではさらに過激化し、春日俊彰(オードリー)が局部の皮を伸ばしてそのなかに人形を入れたり、性感マッサージ嬢に扮した秋山竜次(ロバート)がケンドーコバヤシのパンツのなかに手を入れて局部をしごいたりというようなネタまで放送された。

松本人志は「あれは下ネタではない、アートですよ」と

 また、これは能町みね子氏が指摘していたことだが、出演した女芸人を常軌を逸した下ネタに巻き込むことで、セクハラになってしまっているという問題もある。

 たとえば、シーズン4では、黒沢かずこ(森三中)が他の芸人たちのノリについていけず「男社会だなぁって…」と泣き出すという一幕もあった。しかも、その黒沢に藤本敏史がすかさず、他の芸人が「やった?」というセクハラ丸出しのストレートなツッコミをし、そこから、黒沢と藤本がシックスナインの格好をする即興コントが始まってしまう。

 この後も、宮迫博之が局部を出したり、井戸田潤(スピードワゴン)が陰茎を出したうえその場で放尿したり、千鳥は大悟とノブの二人が全裸になって漫才を披露する下ネタが連続。そして、ゲーム終了寸前には黒沢も空気入れを肛門に入れようとする流れになってしまう。

 黒沢に訊けば「セクハラではない」と言うかもしれないが、どう見ても女性に下ネタを強要するセクハラとしか思えないものだった。

 実際、この過剰な『ドキュメンタル』の下ネタには、視聴者からも〈ドキュメンタル次回は流石にもう下ネタ自粛して欲しい。シーズン4はライン超えすぎ。笑いよりもただただ下品さが勝ってきてるから〉といった批判が出てきている。

 地上派放送でなく有料ストリーミングサービスだけの番組のことをいちいちポリコレ的にチェックするつもりはないが、少なくともこれが「本物のお笑いを追求する場」とはとても思えない。

 しかし、当の松本はまったく反省している様子はない。シーズン4エピソード1では「よく下ネタがこの番組はひどいって言いますけど、僕はいっさい下ネタなんてないと思ってますからね、この番組に関しては。あれは下ネタではないですよ。アートですよ。芸術をもうちょっと理解してもらわないと」と半ば開き直った発言をしていた。

松本は「優越感をもてる笑い」フジモンは「ヒリヒリしたお笑い」と自己陶酔

 実際に番組を見たら「アート」どころか、「お笑いの芸」でさえない気がするのだが、松本の「アート」宣言は、別にギャグで言っているわけではないようだ。

 松本は『ドキュメンタル』について、シーズン1エピソード1にはこんな上から目線の宣言をしていた。

「相当客は選ぶというか、お年寄りとか女子供が見てそこまでどうなんだろうっていうのはありますね。本当に好きな人はのめりこむように見てくれるんじゃないかなっていう、そういう意味ではこれぐらいのターゲットを絞り込む感じで」

 さらに、シーズン3エピソード1では、こううそぶいている。

「『ドキュメンタル』を見てない人に対する優越感の笑いっていうものもあると思うんですよ。やっぱり地上波ではない、なんですかね、『我々だけが知っている』みたいな」

 本稿冒頭で引いた「CUT」における宮迫と藤本の発言も、こういった松本の考えを強く反映したものだろう。藤本は「CUT」のなかでこのようにも話している。

「もっとお笑いが強いバラエティを観たいって思ってる人、フラストレーションが溜まってた人、世間にけっこう多いんでしょうね。今の世間、ちょっとしたことでクレームクレームですから、ゆるくなってしまうのはしょうがないんですけど、もっと熱い、ヒリヒリしたお笑い番組が観たいっていう人が多くなっていたところに『ドキュメンタル』が現れて、『こういうのが観たかったんや』って思った方が多かったんじゃないかなぁ」

 日本の芸能界で最も人気のあるお笑い芸人たちが集まり、そして出演者たちがここまで自画自賛する番組の最終到達地点が、自らの陰茎を放り出すことだったり、女性に対してセクハラを行うことなのだとしたら、日本の笑芸のレベルはなんとも寂しい低地点でとどまっていると言わざるを得ない。

最終更新:2018.04.08 10:35

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

ただの下ネタ『ドキュメンタル』を「本物の笑い」という松本人志、宮迫博之、フジモンの勘違いぶりのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ドキュメンタル宮迫博之松本人志編集部藤本敏史の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 金平茂紀と室井佑月が語る沖縄無視と嫌韓のメディア(後編)
2 ジャパンライフと安倍政権の関係!首相側近や田崎史郎が広告塔に
3 国連・労働機関ILOが「日の丸」「君が代」強制に是正勧告
4 金平茂紀と室井佑月が語るテレビの現実
5 維新応援団・野村弁護士が懲戒、橋下徹にも請求が
6 韓国に敗訴WTO判決で安倍政権が嘘の説明!
7 秋篠宮家の料理番がブラック告発
8 上野千鶴子「東大祝辞」へのワイドショーコメントが酷い!
9 ジャパンライフの広告塔に田崎とNHK島田も
10 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
11 森友学園が麻生財務相側近に口利き依頼
12 松尾貴史「日本を壊しているのは安倍さん」
13 NGT事件でNHK新潟が秋元康の責任に踏み込んだ
14 DT浜ちゃんの息子がシティボーイ!?
15 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
16 安倍の吉本新喜劇出演をウーマン村本と星田英利が批判!
17 安倍政権が公的資金投入「国策企業」が中台企業の傘下に
18 安倍の「我が軍」で人殺し訓練が始まった
19 『名探偵コナン』の公安礼賛がヒドい
20 池袋暴走事故の容疑者逮捕なしに批判、元検察幹部も
1 国民健康保険料が大幅値上げ、年間10万円増額も
2 安倍首相と省庁幹部の面談記録ゼロ!安倍政権“公文書破壊”の実態
3 石野卓球がワイドショーに勝利した理由
4 忖度道路めぐり安倍の直接指示の新事実が
5 安倍首相が「桜を見る会」に『虎ノ門ニュース』一行を堂々招待
6 安倍が“忖度道路”の要望書を提出、山陰自動車道でも利益誘導
7 上野千鶴子「東大祝辞」へのワイドショーコメントが酷い!
8 塚田「忖度」発言は事実! 麻生利益誘導の疑惑
9 イチローに国民栄誉賞を断られ安倍政権が赤っ恥
10 野党議員をデマ攻撃「政治知新」の兄・自民党県議を直撃!
11 NHKで国谷裕子を降板に追い込んだ人物が専務理事に復帰
12 維新勝利で橋下徹が「反対した年配の人が死んじゃった」
13 中村文則が安倍政権批判に踏み込む理由
14 『あさイチ』の「中高生に韓国が人気」企画炎上の異常
15 安倍首相「桜を見る会」招待状が8万円で売買との報道!
16 菅官房長官「令和おじさん」人気の正体!
17 ゴーン逮捕“国策捜査説”を裏付ける経産省メール
18 「あつまれ!げんしりょくむら」以外も…原子力ムラの醜悪SNS戦略
19 衆院補選で安倍自民党が大惨敗の予想が!
20 ピエール瀧出演の『麻雀放浪記2020』に“安倍政権への皮肉”

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄