成宮寛貴コカイン疑惑をテレビ局はなぜ報道したのか? 嵐・大野智の大麻疑惑報道については一切無視したのに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
narimiyahiroki_161204.jpg
『TOP COAT』公式サイトプロフィールより


 先週発売の「フライデー」(講談社)がスクープした成宮寛貴コカイン報道が意外な展開を見せている。「フライデー」の記事は周知のように、成宮の友人・A氏が成宮のコカイン吸引を証言し、その吸引現場と称する写真を掲載したものだが、テレビのワイドショーが一斉にこれを後追いしているのだ。

 いくら週刊誌が報道しているとはいえ、逮捕もされていない段階でテレビが芸能人のクスリ疑惑を名指しで報道するのはきわめて異例のこと。ASKAや清原和博のシャブ疑惑を「週刊文春」(文藝春秋)が報道した時もテレビはまったくふれなかった。

 もちろん、各局とも一応は疑惑を否定するトーンでやっている。『とくダネ!』(フジテレビ)では、小倉智昭が「苦労した人がそんなことをするとは思えない」と報道に否定的な見解を示し、『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ)でも、八嶋智人らが「正義感が強い」「真面目な青年」と成宮をかばった。また、『ワイドナショー』(フジテレビ)の松本人志にいたっては、「下手したら廃刊ですよ」と「フライデー」を恫喝するようなコメントまで口にした。

 しかし、一方で、中立的に取り上げている番組も多く、たとえば、爆笑問題の『サンデー・ジャポン』(TBS)は、成宮の所属事務所の「法的措置をとる」という全面否定コメントを紹介する一方で、「フライデー」編集部を直撃。来週、第二弾を準備しているというコメントを引き出していた。

 しかも、前述したように、これまでテレビはこうした芸能人のクスリ疑惑について、逮捕前に踏み込むことなど、ほとんどなかったのだ。

 それが、今回、成宮のコカイン報道をすべてのテレビ局が大々的に後追いしたのはなぜか。スポーツ紙記者がこう解説する。

「ASKA 事件で視聴率や部数がすごく伸びていましたからね。芸能人のクスリは数字を稼げると前のめりになっていたところに、このニュースが飛び込んできたので、一気に踏み込んだということでしょう。ただ、これがもしバーニングやジャニーズのタレントだったら、絶対に一秒も触れなかったとも思いますよ。やっぱり大きいのは、成宮の所属事務所の問題ですよ」

 成宮の所属事務所のトップコートは、松坂桃李、菅田将暉、杏、佐々木希など、今をときめく若手俳優やタレントが所属しているが、規模はさして大きくなく、芸能界の後ろ盾も弱いといわれている。

「トップコートを立ち上げたのは、ナベプロ(ワタナベエンターテインメント)の渡辺ミキ社長の妹さんで、いちおう系列ではありますが、お姉さんとの関係は微妙で、ナベプロが後ろ盾になっているわけではない。芸能マスコミとしてはやりやすかったんですよ」(前出・スポーツ紙記者)

 さらに、今回の後追い報道の背景には、もっとえげつない芸能界の力学が働いていたとの見方もささやかれている。

「芸能界を牛耳っている大手芸能プロの関係者が、親しいワイドショースタッフやスポーツ紙記者に『どんどんやれ』と煽っていたという話もありますね。トップコートは、菅田がバカ売れしていて、いま、我が世の春状態ですからね、大手芸能プロとしてはおもしろくない。記事そのものを仕掛けたわけではないでしょうが、この騒動を大きくして、トップコートをガタガタにしたいという思惑はあるようです。いまのマスコミの動きもその意向を反映している部分はあるんじゃないでしょうか」(週刊誌記者)

 ようするに、「クスリに手を出すなんて許せない」とエラソーに説教している芸能マスコミだが、一皮向けば、その報道は芸能界のヒエラルキーとパワーバランスに左右されているのだ。

 実際、今回の成宮報道と対照的なのが、2008年、「週刊現代」(講談社)が報じた嵐・大野智の“大麻3P疑惑”だ。

 記事は、大野とカラオケボックスで同席した女性が、参加者の取り出した大麻を大野が「面白いねぇ~」と言いながら楽しげにそれを吸ったこと、その後、カラオケボックスを出て女性2名と3Pとなったことなどを告白。しかも、大野があきらかに“イってる”目つきで女性と写っている写真も掲載されており、その内容はある意味、今回の「フライデー」の成宮記事よりも生々しいものだった。

 しかし、この報道について、テレビもスポーツ新聞も一切ふれることをしなかった。記事を否定するという以前に、報道そのものをなかったことにしてしまったのである。

 松本人志は前述の『ワイドナショー』で、「クスリってね『あいつクスリやってる』っていわれたら、真っ白はもう無理なんやから」と「フライデー」を批判していたが、大野のケースを見れば、週刊誌の報道だけではどんな決定的なスキャンダルも拡散しないことがよくわかるだろう。

 もし、成宮のクスリ疑惑がガセだったら、事務所が弱いからと後追いに踏みきったテレビにも責任があるはずだ。
(時田章広)

最終更新:2016.12.10 03:51

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

成宮寛貴コカイン疑惑をテレビ局はなぜ報道したのか? 嵐・大野智の大麻疑惑報道については一切無視したのにのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。マスコミ時田章広の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 菅首相の日本学術会議任命拒否の説明が支離滅裂、矛盾だらけ
2 『クロ現』降板の国谷裕子が圧力を語る
3 保釈 河井案里被告と菅首相の特別な関係を物語る”パンケーキ動画”
4 菅義偉“総理”誕生で権力のために不正を働く「忖度官僚」だらけに
5 菅首相が所信表明演説でごまかした原発の新増設の可能性
6 橋下徹が日本学術会議デマの取材に「無償インタビューに応じていない」
7 ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
8 菅首相のベトナムでのスピーチが露呈した「教養のなさ」
9 NHK大越更迭の裏に官邸と美人記者
10 田母神を担いだ百田、中西の責任
11 安倍が徴用工問題で「ファクト示すのが一番」とツイートしツッコミ殺到
12 「日本学術会議」任命拒否問題で平井文夫、志らく、橋下徹、八代英輝が…
13 有働由美子を勇気づけた山口智子の言葉
14 自民党がネトサポに他党叩きを指南
15 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
16 ホリエモン擁護のロンブー淳が「切り取り」反論も…発言はもっと一方的
17 昭和の名作裏ビデオ史
18 橋下徹が都構想で使った詐術を検証!
19 菅政権「成長戦略会議」恐怖の顔ぶれ! 竹中平蔵、三浦瑠麗、アトキンソンも
20 菅首相の著書改ざんは“都合の悪い記録は残さない”という宣言!
1 欠陥だらけ GoToイートの背景に菅首相と「ぐるなび」会長の特別な関係か
2 菅首相のベトナムでのスピーチが露呈した「教養のなさ」
3 中曽根首相「1億円合同葬」強行、教育現場に弔意強要 「前例踏襲」の嘘
4 菅政権「成長戦略会議」恐怖の顔ぶれ! 竹中平蔵、三浦瑠麗、アトキンソンも
5 菅首相の著書改ざんは“都合の悪い記録は残さない”という宣言!
6 フジテレビがお台場カジノ開発を計画
7 二階幹事長はリアル『半沢直樹』? 日本航空がらみの土地取引疑惑も
8 菅首相が所信表明演説でごまかした原発の新増設の可能性
9 安倍が徴用工問題で「ファクト示すのが一番」とツイートしツッコミ殺到
10 橋下徹が日本学術会議デマの取材に「無償インタビューに応じていない」
11 保釈 河井案里被告と菅首相の特別な関係を物語る”パンケーキ動画”
12 菅首相の日本学術会議任命拒否の説明が支離滅裂、矛盾だらけ
13 新潮が報道 菅首相と「第二の森友事件」の相手とのもうひとつの疑惑

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄