吉田羊とHey!Say!JUMP中島の「7連泊愛」をなぜジャニーズに弱い「ポスト」とワイドショーが報道できたのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
yoshidanakajima_01_160411.jpg
熱愛報道された吉田羊とHey! Say! JUMP中島裕翔(左・株式会社ORANKホームページより)


 吉田羊とHey! Say! JUMP中島裕翔の「7連泊」熱愛報道で、芸能マスコミに衝撃が走っている。それは今、売れに売れている42歳の女優が「20歳年下」のジャニーズアイドルと熱愛していたという意外性だけではない。

 報道がこれまでのジャニーズタレントが関係したスキャンダルとはまったく違う展開になったからだ。

 まず、この2人の「7連泊」をスクープしたのが、大手出版社の中でももっともジャニーズに弱いと言われていた「週刊ポスト」(小学館)だったことからして、異例だった。

「たしかに、『ポスト』は最近、会社の上層部から『文春のように芸能人の張り込みをやれ』と命じられて、張り込み班をつくったようですが、まさかジャニーズのタレントをやるとは思いませんでした。小学館は女性誌をたくさん抱えているうえ、ジャニーズのカレンダー利権にも一番どっぷりつかっていて、これまでは、ジャニーズ公認のもの以外、一切ゴシップ報道をやってこなかった。しかも、冷遇が噂されている旧飯島派のKis-My-Ft2とかならまだしも、Hey! Say! JUMPはバリバリのジュリー派ですからね。なぜ記事が潰されなかったのか、不思議でしようがない」(出版関係者)

 さらに、驚いたのはスポーツ紙やワイドショーも一斉にこの話題を取り上げたことだ。

 スポーツ紙は全紙が一面トップ、ワイドショーも朝の段階ですでに、『とくダネ!』(フジテレビ)、『グッド!モーニング』(テレビ朝日)、さらには同じジャニーズ所属の国分太一がMCをつとめる『白熱ライブビビット』(TBS)までがこのニュースを取り上げた(日本テレビの『スッキリ!!』は完全スルーだった)。

 これは、いったいどういうことなのか。もしかしたら、例のSMAP騒動をきっかけにジャニーズタブーが少し崩れたということなのだろうか。

 調べてみたのだが、残念ながらどうもそうではないらしい。そもそも「週刊ポスト」のスクープ自体がジャニーズのお墨付きがあったというのだ。

「『ポスト』は情報をつかんだ時点で、発行人の森万紀子さんが、ジャニーズ側におうかがいをたてている。森さんは元『女性セブン』の編集長で、小学館ではもっともジャニーズとパイプが太い。そんなところから、ジャニーズ事務所が、吉田に入れあげている中島にお灸をすえるために、『ポスト』の報道をあえて黙認したんじゃないかと言われています」(週刊誌関係者)

 スポーツ紙やワイドショーも同様で、報道した番組やメディアはすべて、ジャニーズ事務所にあてており、GOサインをもらっているという。

「どんな内容であれ、ジャニース事務所側が正式コメントを出したら、それは報道してもいいというサインなんです。今回も『交際の事実はない』という否定ではありますが、コメントをきちんと出しているでしょう。ジャニーズが報道を許したのは、中島にお灸をすえる意味合いはもちろん、相手が吉田羊なら、マイナスにならないという計算もあったんじゃないかな。2006年、小泉今日子とKAT-TUNの亀梨和也の熱愛を『フライデー』(5月12・19日号)が報じたことがありますが、このときもジャニーズはスポーツ紙に後追いを許可しています。しかも、中島は女性誌で『最強年下男子』という特集を組まれたこともあり、そういうイメージで売っていましたから、なおさらじゃないかな」(スポーツ紙記者)

 そういえば、スポーツ紙も後追いしているとはいえ、マイナスになるような内容は一切書いていないし、ワイドショーにいたっては、各番組とも放送時間がわずか2、3分。本当に上っ面の報道だけだった。

 たとえば、『とくダネ!』は「週刊ポスト」の報道を受けスポーツ各紙が報じたとパネルで紙面を紹介し、「驚きすぎて何もできない」「私も吉田羊になりたい」などのネットの反応を紹介しただけ。

 コメントも、笠井信輔アナが「番組でも事務所に確認とりました」として、ジャニーズ事務所と吉田の事務所の「役者仲間の一人です」「交際の事実はございません」という否定コメントを紹介すると、司会の小倉智昭が「あ、ということはただの俳優仲間ということですね。一週間ずっとセリフの仕事をしていたと、いうことで丸く収まるじゃないのかなと思います」とコメントする始末だった。

 国分太一の『ビビッド』も、同じく、簡単な記事の再現にスポーツ紙の紹介、事務所の否定コメントをVTRで流しただけ。スタジオのコメントは一切なく、ワイプで国分のニヤニヤ顏を映しただけ。

 芸能マスコミのジャニーズタブーは、そう簡単には崩れないということらしい。
(時田章広)

最終更新:2017.11.24 09:53

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

吉田羊とHey!Say!JUMP中島の「7連泊愛」をなぜジャニーズに弱い「ポスト」とワイドショーが報道できたのかのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。Hey! Say! JUMPジャニーズ中島裕翔吉田羊時田章広週刊ポストの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 自民党コロナ対策本部がヤバイ、青山繁晴らネトウヨがズラリ、陰謀論も
2 安倍首相が辻元清美に“前夜祭の決定的な嘘”を暴かれ窮地に!
3 槇原敬之は明らかに不当逮捕だ!薬物より怖い警視庁組対5課
4 安倍政権の酷すぎる新型コロナ対応!「金がかかる」と検査キットを導入せず
5 安倍政権のコロナ対応の遅さに非難殺到! 14 日まで感染症専門家会議設置せず
6 安倍政権はコロナも“自己責任 韓国は生活費支援も日本は休業補償認めず
7 『報ステ』政権忖度で首を切られたスタッフたちに支援の動き!
8 伊集院光がNHK『100分de名著』で「東京五輪、本当にいるのか」
9 安倍首相の強気の裏にニューオータニ幹部との関係
10 安倍「感染症対策のため獣医学部」は嘘! 加計は新型コロナ対応不能
11 葵つかさが「松潤とは終わった」と
12 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
13 国内感染広がるも百田尚樹ら極右はまだ「中国人を入れるな」
14 小学8年生の安倍伝記漫画が反日と炎上
15 「全国高校生未来会議」仕掛人に新疑惑
16 「桜を見る会」前夜祭問題でニューオータニ総支配人が
17 新型コロナで高須院長やネトウヨが北朝鮮の「全員隔離」を絶賛
18 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
19 『報ステ』から政権批判が消える! 派遣切り、安倍シンパ出演
20 グッディ!土田マジギレ真の原因
1 久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2 安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4 明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5 『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6 『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7 『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8 文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9 埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10 安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11 菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13 安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16 『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17 GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20 『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

カテゴリ別ランキング


マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄