メリー喜多川の「新潮」インタビューは嘘だらけ! 中居はジャニーズに飼い殺しされるより、もう一度独立に動け!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
shincho_160121_top.jpg
「週刊新潮」(新潮社)2016年1月28日号より

 SMAP解散危機報道で、改めて露わになった芸能マスコミの“ジャニーズ広報機関”ぶり。それはスポーツ紙、ワイドショーだけでなく、これまでジャニーズに批判的なスタンスをとっていたコワモテ週刊誌も同じだった。

 今日発売の「週刊新潮」(新潮社)に、騒動の元凶であるジャニーズ事務所・メリー喜多川副社長のインタビューが掲載され、ジャニーズ側の一方的な言い分が延々と垂れ流されていたのだ。「新潮」といえば、もともと飯島マネージャーサイドからの情報で、SMAP解散危機問題に火をつけた存在。それが、翌週、こんな形で手のひらを返すとは……。

 いや、「新潮」だけではない。同日発売の「週刊文春」(文藝春秋)も同様だった。1年前、メリー氏のブチ切れ発言を引き出した「文春」のこと、他では書けないメリー氏批判を展開してくれるんだろう、と期待していたら、誌面には、ジャニーズ事務所顧問で、近藤真彦・中森明菜の自殺未遂騒動の火消し役を果たしたあの小杉理宇造氏が登場。ジャニーズ視点で一連の騒動を解説したのだ。

「どちらも、ジャニーズサイドからアプローチがあったようです。あの事務所は普通、いちいちこういう釈明をしたりしないんですが、今回はファンから抗議が殺到していて、かなり焦っている。メリーさんやキムタクへの激しい非難ばかりのようです。それで、火消しのためにメリーさんと幹部を担ぎ出して、一番、悪口を書きそうな2つの週刊誌を抑え込んだということでしょう」(週刊誌記者)

 では、週刊誌が丸乗りしたジャニーズ側、とくにメリー喜多川副社長の言い分とはどういうものだったのか。

 まず、着目したいのが、メリー氏がこれまで本サイトなどが指摘してきた“真相”を裏付けるような発言をしていたことだ。

 たとえば、SMAP存続に向けて、誰がメリー氏を説得したのか、という問題。リテラは、スポーツ紙が喧伝していた「キムタクが説得した」という美談を否定。1月18日、生謝罪の直前に配信した「飯島マネージャーをひとり悪者にしてSMAP存続、独立撤回! 中居たちもキムタク同様、裏切り者になるのか」という記事の中で、「メリー氏を説得したのは田辺エージェンシーの田邊昭知社長だった」と、仲介者の実名を初めて明かしたが、メリー氏もインタビューの中でそのことを証言していた。

「昨年末、12月27日だったと思いますが、私の友人からの伝言で、田邊さんが、私に『4人を元に戻してくれないか』と言ってらっしゃるのを知りました」
「年明けの1月2日には、田邊さんに電話をかけ、改めて『お受けします』といいました」

 また、生謝罪の翌日、本サイトは、キムタクの裏切りの背景として、メリー喜多川副社長とかなり前からつながっていたことを指摘。妻・工藤静香がメリー氏へ必死にアプローチし、キムタク夫婦はメリー氏と一緒に食事をしたり、家に招いたりする家族ぐるみの交際をするようになったと報じたが、これについてもメリー氏はインタビューの中で「静香とは食事もします」と、はっきり認めていた。

 しかも、驚いたのは、メリー氏がこの静香との交友を「特別なことじゃない」と釈明する過程で、逆に「特別な関係」を露呈させてしまっていたことだ。

「静香に言ったら『あれ、だって普通のことじゃないですか。なにかおかしいですか?』と言っていましたよ」
「マッチ(近藤真彦)のところだって、ヒガシ(東山紀之)のとこだって、他のタレントだって同じようにしていますよ」

 ようするに、騒動の渦中にも静香と連絡を取り合っていたことを認めた上、木村家を二大幹部であるマッチ、ヒガシと並ぶ扱いで語っているのだ。これについては、スポーツ紙記者も驚きを隠さない。

「メリー氏はとにかくプライベートも含めた家族ぐるみの付き合いをしている人間しか信用しない。タレントでは、近藤真彦、東山紀之、岡本健一の3人だけで、この3人が、将来、幹部として娘のジュリー氏を支えて、盛りたてていくというのは、ジャニーズ関係者の暗黙の了解だった。それが今回、3人のうちのトップ2とキムタクを並べて語ったわけですからね。メリー氏の中で、キムタクは完全に幹部扱いになっているということ。さすがにこれにはびっくりしました」

 まさに、「メリー氏とキムタクが結託してSMAPを殺した」という構図がかいまみえたわけだが、しかし、メリー氏が“真相の片鱗”を見せたのはここまで。インタビューの他の部分は、率直に言って、都合の悪いことをネグり、自分に都合のいいように事実を捻じ曲げ、終始、身勝手な言い分を主張し続ける、読むに耐えないシロモノだった。

 まず、メリー氏はインタビューの中で、ひたすら「私は4人を追い出そうとしていない」と主張、そして、直接謝罪にくれば、受け入れるつもりだったのに中居ら4人が謝罪に来なかった、と中居らのせいにし続けていた。

 しかし、本サイトで何度も指摘しているように、昨年1月の「週刊文春」のインタビューでは、記者の面前に飯島三智マネージャーを呼び出し、メリー氏自ら「SMAPを連れて出て行ってもらう」と、それこそ「新潮」が一週間前に書いていた“パワハラ解雇通告”を行っていた。

 これで、飯島氏は腹をくくり、独立に向けて動かざるをえなくなったのだ。メリー氏は自分が言い放った言葉を忘れてしまったのだろうか。

 また、メリー氏は一番、都合の悪いことは完全に隠していた。それは、飯島氏とジャニーズは一旦、SMAP独立、円満退社で合意していたのに、それをメリー副社長がキムタクを使って、突然、ひっくり返したという事実だ。

 メリー氏から“パワハラ解雇通告”を受けた飯島氏は、田辺エージェンシーの田邊社長に相談して、ケイダッシュがバックに付く形での独立話を進めていた(「新潮」はメリー氏への質問の中で、SMAPと飯島氏は当初、田辺エージェンシーに移籍することになっていたのではないか、と訊いて否定されているが、これは「新潮」の間違い。田邊社長は飯島氏に相談を受けた際、本体では受けられないとして、関係の深いケイダッシュを紹介したといわれている)。

 そして、SMAPの契約更新を翌月に控えた昨年8月、飯島氏は正式にジャニーズ事務所に対して「SMAPを連れて独立したい」と申し入れ。もちろん、その年の独立は認められなかったが、2016年9月の独立を前提に、細かい条件面での交渉が始まっていた。

 ところが、メリー社長は11月から12月になって突如、態度を豹変。「コンサートの営業権は渡さない」と難癖をつけたあげく、「絶対に独立は認めない」と言い出し、これに呼応するようにそれまで態度を明確にしなかったキムタクも突如、「ジャニーズ事務所に残留する」と表明したのである。

 そして、メリー氏は仲介者である田邊氏にクレーム。田邊氏が慌てて、ケイダッシュに独立のプロジェクトをストップさせ、飯島氏と4人は完全にハシゴを外され、身動きが取れなくなってしまう。これが、今回の解散危機の真相だ。

 だが、メリー氏はこうした事実をネグり、4人が謝罪に来なかったから、こういう事態になってしまったと言い張っている。

 しかし、そもそも今回の騒動は責任があるのはメリー氏と木村であり、中居らが謝る筋合いはない。これは原則論的な意味だけでなく、手続き論としてもそうだ。中居らにしてみれば、むしろ、出て行けと言われたのは自分たちで、実際、正式な話し合いも進んでいた。それが、突然、ハシゴを外されて、どうなってるの?と思っていたら、突然、バッシングが始まったわけで、一体何を誰に謝るのかさえ、最初はわからなかったにちがいない。

 しかも、ジャニーズ関係者によると、メリー氏の言う「4人が謝罪に来なかった」ということ自体が大嘘らしい。

「SMAPの4人も飯島さんも、暗礁に乗り上げてから、いろんなルートでメリーさんに謝罪をしようとアプローチしていましたし、ジャニーズ事務所内部でもなんとか落とし所を探っていた。ところが、メリーさんが頑として首をたてにふらず、4人に会おうとしなかったんです。世間のジャニーズ批判の声が高まり、スポンサーや政財界からも圧力があったため、ようやくぎりぎりの段階になって、田邊氏の説得を聞き入れ、17日午後、メリーさんはジャニーさんとともに中居たちに会いましたが、それでも『SMAPの存続を認める』とは最後までいわなかった。逆に、『公の場で謝罪しろ』の一点張り。だから、ああいう存続表明のない生謝罪が行われた。あれは、ファンへの謝罪でなく、メリーさんへの謝罪だったんです」

 そう考えると、今回のメリー氏の反論は理不尽としか言いようがないが、しかし、この理不尽なメリー氏の主張が大手を振って「正論」としてまかりとおっているのが、芸能マスコミの世界なのだ。

 メリーにいわれるまま、公の電波を使ってパワハラとしか思えない所属事務所だけに向けた謝罪を流したフジテレビ。それに対して、一切、批判せず、ひたすら「よく自分の口で話してくれた」「SMAPが存続してくれてほんとうにうれしい」などの上っ面のコメントを垂れ流した他局のニュース番組やワイドショー。
 
 そして、スポーツ紙も、18日の生謝罪を受けて、これまで以上に、すべての非が独立を画策した飯島氏と、木村を除く4人のSMAPメンバーにあるという大本営報道を繰り広げているのはもちろん、中居批判にまで踏み込み始めている。「中居、キムタクへの感謝拒否」「独立は中居が中心だった」……。

「たとえば、『サンスポ』が、生謝罪で『木村くんのおかげで…』というセリフを中居が拒否。草なぎが話すことになったとして、中居を批判していたが、そもそも、あのセリフは最初、誰も言う予定がなかった。それが直前になって、ジャニーズサイドが無理やりしゃべらせろ、と言ってきたんです。これも、メリーさんの意向のようです。でも、サンケイスポーツは、それを書かずに、中居を攻撃した」(フジテレビ関係者)

 そして、「週刊新潮」「週刊文春」も今回、ジャニーズ事務所に乗っかって独立派叩きに参戦してきた。先週、メリー氏のことを「パワハラ解雇」と言っていた「新潮」は今週、4人を「チーフマネージャーと共謀した叛徒」「甘ったれた哀訴」「不義理を働いていた」とさんざんなこきおろしようをしている。

 さらに、「文春」にいたっては、「新潮」より先に、ジャニーズ事務所のリークで、独立派叩きを狙っていた形跡がある。

「今週号のグラビアを見ると、第一報の5日前、8日の飯島氏と中居の隠し撮り写真を掲載している。どうも、『文春』は、ジャニーズ事務所から情報をもらって、2人を年末年始、ずっと尾行していたようなんです。そのネタ元が、今回、誌面で証言したジャニーズ事務所顧問の小杉氏だったのではないかといわれています」(前出・週刊誌記者)

 おそらくこれから先、ジャニーズ事務所の中居たちへの攻撃はまだまだ続くだろう。

「日刊スポーツ」は今日の紙面で、独立しようとした4人に対してジャニーズ事務所が「処分なし」という方針を決めたと報道したが、これはあくまで表向きの話にすぎない。

「これで、処分なんかしたら、世論が黙っていませんからね。それくらいは、さすがのジャニーズもわかっている。しかし、裏ではゆっくりと、世間に気づかれない形で、中居らを干しあげていくはずです。週刊誌もこれから先、中居のスキャンダルを次々書き始めるでしょう。でも、ジャニーズは守らない。そうして、ゆっくりイメージを落としていくんでしょう。はっきいりって、ジャニーズ本体はSMAPになんの愛着ももっていませんから、どうでもいいんですよ」
(スポーツ紙記者)

 今からでも遅くない。中居たちはもう一度、飯島マネージャーと組んで、ジャニーズ事務所からの独立をめざすべきではないのか。

 実際、今回の一件で、ジャニーズの専横と御用マスコミの腐敗は完全に大衆にバレてしまった。テレビ局やスポーツ紙がどう言い繕おうと、『SMAP×SMAP』の謝罪会見がパワハラではないかとBPOに苦情が殺到し、サーバーがパンクする事態まで起こっているのだ。

 おそらく、今回の騒動はジャニーズの「終わりの始まり」になるはずだ。そんな“オワコン”な場所で飼い殺しにされるなら、新しい可能性にチャレンジしたほうがずっといい。中居と飯島マネージャーが組めば、旧態依然とした芸能事務所には絶対できない、オルタナティブな居場所をつくりだせるような気がするのだが……。
(時田章広)

最終更新:2016.01.23 11:50

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

メリー喜多川の「新潮」インタビューは嘘だらけ! 中居はジャニーズに飼い殺しされるより、もう一度独立に動け!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ジャニーズ時田章広の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
2 特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
3 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
4 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
5 菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
6 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
7 吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
8 ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
9 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
10 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
11 葵つかさが「松潤とは終わった」と
12 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
13 大阪に看護師不足は維新のせい!橋下徹は看護師の給料を「バカ高い」と攻撃
14 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
15 羽田雄一郎参院議員の死が示すコロナ検査の現実
16 ネトウヨ局アナ・小松靖がテレ朝看板ニュース番組のメインキャスターに!
17 オリラジの吉本興業退所でマスコミが触れない松本人志をめぐる圧力
18 百田尚樹『殉愛』裁判で晒した嘘と醜態
19 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
20 菅政権が医療逼迫するなか195億円かけて「病床削減」する狂気の沙汰!
1 菅首相が官房機密費87億円を自分に支出 総裁選出馬前日に9000万円
2 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
3 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
4 感染者560人! 吉村知事の「感染拡大が抑えられている」に非難殺到
5 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
6 菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
7 吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
8 菅首相は「五輪を実現」と断言、森喜朗会長も「中止はできない」
9 菅義偉首相の言い訳がホラー「専門家が年末年始に感染者が少なくなると」
10 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
11 特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
12 菅首相 緊急事態宣言の記者会見で露呈したヤバさ!結婚式みたいなセリフが
13 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄