近藤真彦トリ、出演7組、黒柳徹子司会もメリー副社長の仕掛けか…紅白歌合戦はジャニーズに乗っ取られた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kondo_151126_top.jpg
紅白のトリをつとめるマッチだが……

 10年以上もまったくヒット曲のない元アイドルの出場だけでも違和感があるのに、まさかトリまでとは……。そう、『第66回NHK紅白歌合戦』のトリを、あの近藤真彦、マッチが務めると発表されたのだ。

 ネットでは「おかしすぎるだろ」「恥知らず」「絶対見ない」といった批判の声があがり、NHKにも「視聴者無視」「番組私物化」「選考が不透明すぎる」との抗議が殺到しているという。

 もちろん、この背後にあるのは、ジャニーズ事務所のごり押しだ。マッチは今年歌手活動35周年を迎えており、ジャニーズ事務所は昨年末から異常ともいえるマッチ押しを展開していた。『2014FNS歌謡祭』(フジテレビ系)では他のジャニーズタレントを単なる「盛り上げ要員」として扱うような近藤メインの演出がなされ、年末恒例のカウントダウンコンサート『Johnnys' Countdown 2014-2015』では、年またぎのいちばんいいところが、誰ものぞんでないマッチのソロコンサート状態に…ファンからは「金返せ」の声までが上がった。

「民放各局や雑誌にも、ジャニーズ事務所からものすごいプレッシャーがかかっているようです。嵐や関ジャニをキャスティングしようとすると、必ずバーターで、マッチを出せという話になる」(芸能関係者)

 マッチ押しの大号令をかけているのは、ジャニーズ事務所の実務面をすべて取り仕切る“女帝”メリー喜多川副社長だという。

「なぜマッチ?と聞くと、必ず、メリーさんが…という話になる。とにかく、メリーさんはマッチのブッキングができていないことを知ると、とたんにヒステリックに怒鳴りまくるらしい。メリーさんのマッチ愛はすごいですからね」(前出・芸能関係者)

 そういえば、今年、「週刊文春」(文藝春秋)1月29日号がメリー喜多川副社長の独占インタビューを掲載、大きな話題を集めたが、このインタビューの中でもマッチへの尋常ならざる愛情が感じられた。とにかく、質問とは関係なく、やたらマッチのことを話し、かばい、ほめまくるのである。

 たとえば、記者がSMAPと嵐の共演が少ないのはなぜなのかと質問した際も、「SMAPと共演が少ないって、何でそんな話が出るんですか? うちの順序を言ってください。誰が一番上?」と問い質し、記者が近藤真彦と答えると「だったらSMAPは嵐よりまず先に近藤と共演するべきでしょう。何でそれを聞かないんですか?」と怒りだした。

 そして、呼びつけた飯島マネージャーがやってくると、再びこの話をもちだし、今度は飯島マネージャーに念を押す。

「飯島、うちのトップは誰!?」
「近藤真彦です」

 さらに「ジュリーとタレントを結婚させるんだったらマッチしかいない」「マッチのお母さんはジュリーのために新築した家に彼女の部屋まで作ってくれた」「もうマッチのお嫁さんって決めてた」「マッチは『メリーさんが姑さんになるんだったら、俺、絶対イヤだ』と言ってたし、ジュリーも嫌がってたけど」と思い出話を語り始め、インタビュー終盤では近藤の母親が交通事故で亡くなった話に涙して、こんな台詞まで口にしたのだ。

「だから、私がマッチの面倒を見るのは当たり前だと思う……話しているだけで涙が出てきちゃう」

 メリー副社長のこうした過剰ともいえるマッチ愛は、男女関係ゆえという仰天情報もある。元Jr.メンバー・木山将吾が出した暴露本『SMAPへ──そして、すべてのジャニーズタレントへ』(鹿砦社)には、こんな記述があるのだ。

「マッチとメリ-さんは夫婦同然だった」
「あるジュニアがメリーさんの住むマンションの部屋に用事を頼まれて入って行くと、素っ裸のマッチがいた。ジュニアに気がついたマッチは慌てて廊下を走っていって、その後に髪を振り乱して出てきたネグリジェ姿のメリーさんに、
『あんた! 電話してから来なさいよ!』と、怒鳴られたという」
「メリーさんは本当にマッチを愛していたらしい。だから、ジャニーさんの毒牙にかからないように、自ら囲っていたのだ。マッチはマザコンで有名だったし、ずいぶんメリーさんに甘えていたのだろう」

 このテの暴露本は話を盛っているケースもあり、エピソードも真偽のほどはさだかではないが、しかし、「週刊文春」のインタビューを読むと、マッチがメリー氏にとっていちタレント以上の特別な存在であることは間違いない。

 ただ、そうだとしても、国民的番組である紅白までが、そのジャニーズのごり押しのいいなりになるというのは異常すぎるだろう。

 紅白とジャニーズの癒着問題はマッチの出演、トリだけではない。今回出場が決まったジャニーズ関連の歌手は、嵐、関ジャニ∞、近藤真彦、SMAP、TOKIO、Sexy Zone、V6。白組出演者26組のうち7組もジャニーズが占める異常事態となっている。しかも、司会は井ノ原快彦である。

 実は数年前まで、紅白のジャニーズ枠は2枠と決まっていた。ところが、2009年から4枠に急増。その後、どんどん出演数を増やしていった。この背後には、制作統括である柴山哲也チーフプロデューサーの事務所べったりの体質があるといわれる。

 しかも、今年はさらにある事情が、ジャニーズ乗っ取りに拍車をかけたといわれている。それは総合司会の人選だ。

「ご存知のように、当初、NHKはタモリさんを総合司会にと考えていたんですが、断られて困っていた。そこに、メリーさんがマッチの復帰とセットで、黒柳徹子さんを仕掛けたんじゃないかといわれています。メリーさんは徹子さんと仲がいいですからね。これで、NHKはますますジャニーズにさからえなくなってしまったのではないか、と」(テレビ局関係者)

 しかし、いち事務所の私物化状態がここまでエスカレートしてしまったら、視聴者の反発を買うのは当然だろう。そういう意味では、マッチのトリの紅白は、国民的番組の「終わりの始まり」になるかもしれない。
(時田章広)

最終更新:2015.12.16 12:00

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

近藤真彦トリ、出演7組、黒柳徹子司会もメリー副社長の仕掛けか…紅白歌合戦はジャニーズに乗っ取られた!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ジャニーズ時田章広の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 『THE MANZAI』ウーマン村本がこだわった「透明人間」たちの思い
2 「朝生」で田原総一朗よりさきに「下村文科相」名前を出した出演者
3 葵つかさが「松潤とは終わった」と
4 慰安婦の軍直接関与と強制性を示す公文書を内閣官房が保有! 
5 THE MANZAIウーマン村本のもう一つの凄さ
6 田崎史郎のいない素晴らしい世界
7 安倍の成蹊時代の恩師が涙ながらに批判
8 うずしお搭乗が発覚、麻生財務相が例の女性のクラブに650万円
9 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
10 ウーマン村本がよしもと社長からの圧力を激白!
11 安倍政権が「明治の産業革命遺産」報告書から“朝鮮人の強制労働”を削除
12 徴用工問題で日本の元外務官僚が「韓国に100%の理、日本に100%の非」
13 田崎史郎が御用批判に失笑の言い訳
14 安倍昭恵が「桜を見る会」にビジュアル系やトンデモスピ仲間を招待
15 「桜を見る会」名簿問題で菅官房長官の会見が支離滅裂!
16 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
17 ウーマンが『THE MANZAI』で怒涛の政治ネタ
18 ジャパンライフの広告塔に田崎とNHK島田も
19 ウーマンラッシュアワーをオール巨人が評価
20 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
1 久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2 安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4 明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5 『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6 『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7 『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8 文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9 埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10 安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11 菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13 安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16 『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17 GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20 『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄