喜多嶋舞が芸能界引退宣言、大沢樹生に大反論!「息子の父親は大沢に間違いない」「借金の連帯保証人にされた」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kitajimamai_151208.jpg
「日本タレント名鑑」公式サイトより


「原告と被告の間に親子関係が存在しないことを確認する」

 元光GENJI大沢樹生が息子との親子関係について争っていた東京家裁での裁判で、親子関係がないとする驚きの判決が出たのは11月19日のことだった。大沢が提出したDNA鑑定で「生物学的父親でない」とされていることや、息子の誕生が婚姻から200日目で嫡出推定の認められる201日に満たないことがその理由だ。

 そんななか、これまで沈黙を守ってきた前妻・喜多嶋舞が、本日発売の「婦人公論」(中央公論新社)12月22日・1月4日合併号で衝撃の告白を行っている。

「ずっと胸に秘めていた思いを話して 私は、芸能界を引退します」

 こう題されたインタビューで喜多嶋はまず、大沢と息子との親子関係についてこう断言した。

「DNA鑑定の結果が真実ではないと、私自身よくわかっています」
「息子の父親は大沢さんに間違いありません」

 喜多嶋は裁判結果に納得するどころか、それを真っ向から否定しているのだ。確かに東京家裁での判決は親子関係を否定したものだったが、しかしその理由のひとつとされたDNA鑑定は大沢が息子をだまし討ちした形で3年前に行ったものだ。しかも裁判ではDNAの再鑑定を行っていなかったという。

「私は裁判所の指定した機関で再鑑定を行うよう命じられるものだと思い、その覚悟を決めていました。ところが、裁判所から私にそういった連絡もなかったのです」

 裁判は大沢サイドの主張だけで、喜多嶋自身は納得していない。そのため息子が成人した後にDNA再鑑定を行うという喜多嶋だが、こうした騒動が起こり、息子や家族が巻き込まれたのは自分が芸能界にいるからだとして“芸能界引退”を宣言。その上で、引退するからにはと飛び出したのが大沢に対するこれまでの不満と暴露の数々だった。

 交際から結婚、離婚、そして息子の親権問題や急に怒り出す大沢の性格について次々と言及していく喜多嶋だが、その最大のものが現在でも大沢の借金の連帯保証人になっているということだろう。

 結婚当時、大沢の親が約1億円の高級マンションを購入、そのローン返済が大沢にのしかかったが、その後大沢の仕事が減り収入も減少し、マンションを売却しても数千万円の負債が残ったという。

「当時大沢さんの妻だった私は、その借金の連帯保証人にならざるをえなかったのです。しかし、離婚するからには、連帯保証人から外して欲しい。そうお願いして彼も承知したにもかかわらず、約束が守られることはありませんでした」

 2人の離婚は2005年のことだったが、その後も大沢は喜多嶋を連帯保証人から外すことなく現在に至っているという。それは今回の騒動にも大きな影響があったと喜多嶋は告白する。

「騒動について反論しなかった理由のひとつは、この連帯保証人問題です。私が発した言葉の影響で大沢さんの仕事がなくなり、借金が返せなくなってしまったら、私まで被害にあうのですから」

 大沢が今回、裁判に持ち込んでまで息子との親子関係にこだわったのは、再婚後に生まれた娘の財産を守るためだったとの一部報道もあったが、しかしそれ以前に前妻である喜多嶋に現在に至るまで借金の連帯保証人の責を負わせていたというのは確かに驚きだ。もちろんこれも喜多嶋の一方的な告白で、またこれまでの経緯、大沢のマスコミ戦略から考えて大沢サイドが反撃に出る可能性は高い。

「実際、既にいくつかの週刊誌やワイドショーが、大沢サイドにたった反論記事、インタビューなどを準備しているようです」(ワイドショー関係者)

 だが、沈黙を守っていた喜多嶋が、なぜ今こうした告白を行ったのか。ある芸能関係者によると、今回の判決で再び喜多嶋バッシングが過熱したことと大きな関係があるという。

「『親子関係は存在しない』という判決が出てから、喜多嶋に対し“詐欺女”“嘘つき”などといった誹謗中傷がネットを中心に巻き起こりました。またワイドショーや松本人志やヒロミといった芸能人からも大沢擁護=喜多嶋批判がされています。さらに喜多嶋が沈黙を守ることで、かえって様々な憶測報道もされている。そのため改めて一度だけ大沢に反撃し、その上で芸能界・女優を引退する。そうすれば一個人として、私人として今後の対策も取れるという思惑もあるようです。まあ、今回の引退宣言にしても、現在喜多嶋はほとんど芸能活動をしていないし、再婚もしていることから、実質的影響はないですからね」

 今後ネットを含めた報道に対し名誉毀損訴訟なども検討しているという。大沢は喜多嶋の反論になんと答えるのか。
(時田章広)

最終更新:2015.12.08 07:18

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

喜多嶋舞が芸能界引退宣言、大沢樹生に大反論!「息子の父親は大沢に間違いない」「借金の連帯保証人にされた」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。家族時田章広の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
2 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
3 「拝謁記」昭和天皇は「反省」していたか 改憲再軍備、沖縄切り捨ても
4 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
5 『クロ現』降板の国谷裕子が圧力を語る
6 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
7 ウーマン村本がよしもと社長からの圧力を激白!
8 『ワイドナ』の裏で、『サンジャポ』が吉本と安倍政権の癒着を批判
9 嫌韓批判で炎上も…石田純一はブレない
10 ジャニー喜多川社長の性的虐待問題を一切報じないマスコミ
11 葵つかさが「松潤とは終わった」と
12 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
13 安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
14 秋元康の東京五輪に椎名林檎が危機感
15 山本太郎が安倍の対韓国強硬姿勢を「小学生並み」と批判した理由
16 菅官房長官が望月衣塑子記者への“質問妨害”を復活
17 自衛隊スパイ事件、官邸が解禁の理由
18 くりぃむ上田晋也が“政権批判NG”に敢然と反論
19 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
20 秋篠宮家の料理番がブラック告発
1 安倍首相と省庁幹部の面談記録が一切作成されなくなった!
2 くりぃむ上田晋也が“政権批判NG”に敢然と反論
3 金融庁報告書で厚労省年金局課長の驚愕無責任発言
4 産経新聞コラムが「引きこもりは自衛隊に入隊させて鍛え直せ」
5 安倍首相が「老後2000万円」追及に逆ギレ!
6 菅官房長官が望月衣塑子記者への“質問妨害”を復活
7 金融庁「年金下がるから資産運用」報告書で麻生太郎が開き直り!
8 F35捜索打ち切りと大量購入続行でNHKが「背景に政治性」と報道
9 金融庁炎上の裏で安倍政権が「年金」の“不都合な事実”を隠蔽!
10 防衛省イージス・アショア失態 、玉川徹が原因を喝破!
11 長谷川豊が部落差別発言「謝罪文は馬場幹事長が作った」
12 講談社「ViVi」の自民党広告は公選法違反か!
13 映画『主戦場』上映中止要求の右派論客に監督が徹底反論!
14 渡辺謙が語った『ゴジラ』出演と震災、原発、戦争
15 マンガ『スシローと不愉快な仲間たち』第1話
16 田崎史郎「65歳から年金もらってます」
17 川崎殺傷事件「不良品」発言こそ松本人志の本質だ!
18 香港市民はデモの力示したが、日本は…
19 松本人志が「不良品」発言問題で謝罪も説明もなし!
20 農水元次官子ども殺害正当化は、橋下徹、竹田恒泰、坂上忍も

カテゴリ別ランキング


人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄