橋下徹の新党結成の裏に安倍、菅との密約が! その先にある辛坊治郎大阪市長、橋下総理大臣という恐怖のシナリオ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
hashimoto_150903_top.jpg
橋下徹オフィシャルウェブサイトより


 この男が嘘つきであることは重々承知していたが、まさかこんなにすぐ露骨に手のひら返しをやってのけるとは……。

 もちろん、維新の党を離党して、「大阪維新の会」の国政政党化を表明した橋下徹大阪市長のことだ。

 今年5月、住民投票で大阪都構想が否決された際、この男が何をしゃべったのか、もう一度思い出してみてほしい。

 会見に姿を表した橋下市長はやけにサバサバした表情で「市長の任期はやり遂げるが、政治家はもうやりません」と明言。報道陣の「気が変わることはないのか」という質問にもこう答えた。

「それはないですよ。政治家ですから。負けは負けです。戦を仕掛けてたたきつぶすとまで言ったが、こっちがたたきつぶされた。これが民主主義なんです」

 また、過去に出馬しないといいながら態度を変えたことを問われても、
「また2万%と言わせたいんですか(笑)。あのときはああ言わないと、テレビに出られないという事情があったのでああいう言い方をしましたが、今回はありません!」

 さらに、10年後、20年後に復活する可能性についても、
「ないです。僕は今回、住民のみなさんの気持ちをくめていなかった。そういう人が政治家をやってはいけない。僕みたいな政治家はワンポイントリリーフだ。僕は僕自身を実務家と思っている。僕みたいな政治家が長くやる世の中は危険です」
 と言いきっていた。

 それが、わずか3ヶ月とちょっとで、「大阪維新の会という国政政党を作る」と宣言したのである。いや、3ヶ月どころの話ではない。先月27日の段階でも、橋下市長は維新の党からの離党は表明していたが「僕と松井知事は、国政政党維新の党を離れて大阪、関西の地方政治に集中する」と言っていた。それがたった2日後の29日に「国政政党」発言である。その二枚舌はもはや詐欺師の領域と言うべきだろう。

 ただ、橋下市長に近い政治評論家によると、「少なくとも、橋下さんは住民投票の直後は本気で政界を引退するつもりだった」という。

 それが変わったのはやはり、安倍首相、菅官房長官との会談だった。これは住民投票から1ヶ月たった6月14日夜、橋下市長が松井一郎知事とともに突如上京し、都内のホテルで3時間にわたって行われた。

「あそこで安倍首相に何かを言われたんでしょう。とにかくあの日を境に、橋下はガラッと変わった。それまでは本気で政治と距離をおいたのが、急にツイッターを再開し、安倍政権擁護、民主党批判を露骨に始めましたから」(政治評論家)

 実は本サイトはこの会談で、橋下市長と安倍首相の間で密約が交わされたとの見方を紹介していた。維新の現執行部が安保法制に反対する場合は、橋下市長が大阪組に造反を呼びかけ、党を割らせる。そして、松井知事を代表に新党を立ち上げて、来年の参院選を戦い、選挙後は与党に合流する――。どうやらそれが的中してしまったということらしい。

 全国紙の政治部記者もこの見方に同意する。

「シナリオを書いたのは、これまでも橋下市長に全面協力してきた菅官房長官でしょう。政党交付金をもらうために、秋に新党を立ち上げるというのもこの時点で決まっていたんじゃないでしょうか。後はどう大義名分をつくるか。そこにタイミングよく柿沢未途幹事長が党の対応を決めていない山形市長選で応援演説をしたため、辞任を要求。それが受け入れられないことを理由に離党に踏み切ったわけです。でも、あれは明らかに言いがかりです。普通は、党が対応を決めていない候補を応援した程度で辞任なんてありえない。もしそうなら、都構想を支持した菅官房長官も辞任しなきゃいけない。ようするに、現執行部は橋下さんたちに完全にはめられたんですよ」

 しかし、こんな卑劣な離党劇にもかかわらず、橋下新党には維新の党からかなりの数の議員が合流するのではないかと言われている。

「橋下さんは早速、参院選で維新の党の候補に刺客を送ると脅してますからね。維新の議員たちはこれに震え上がっている。大阪組だけでなく30人以上の議員が合流する可能性が高い」(前出・政治部記者)

 また、11月の大阪ダブル選挙では、市長選に橋下市長の盟友・辛坊治郎を擁立する計画を着々と進めているという。

「府知事選には松井が立ち、市長選には辛坊治郎、辛坊が無理な場合はたむらけんじ、というのが橋下の計画でしょう。辛坊かたむけん、このどちらかに候補が決まれば、ダブル選挙は両方とも橋下側が勝つ。さらに来年の参院選では、橋下市長自身は出ないものの、事実上は党首としてすべての候補の応援演説にかけつけるでしょうから、かなりの議席をとる」(前出・政治評論家)

 しかも、その後にはもっとおそろしい事態が起こるかもしれない。橋下新党は参院選後には与党に合流し、自公、維新で参院でも憲法改正の発議に必要な3分の2を確保する。そして、どこかのタイミングで橋下自ら国政選挙に出馬し、最終的にはポスト安倍として総理大臣になるシナリオが用意されているというのだ。

 実際、6月の安倍首相との会談ではそのことまで踏み込んで話し合われたのではないか、という見方がある。前出の政治評論家が話す。

「あの橋下の変わりようを見ていると、相当なことを言われたとしか思えない。一説には、安倍さんが橋下市長に『私が種をまくからあなたの手で9条改憲をしてほしい』とまで言った、なんて情報もある」

 だが、これはあながち妄想とも言いきれないだろう。実際、こんな詐欺的な手のひら返しをしたにもかかわらず、メディアはそのことをほとんど批判しないどころか、“橋下劇場第2幕”などと称して、再び礼賛報道を展開しようとしている。

 橋下フィーバーが再び起きれば、強権支配の継続、そして憲法改正をもくろむ安倍首相と合体し、そのまま後継指名を受ける可能性は十分ある。

 橋下市長は8月30日に行われた史上最大規模の安保法制反対デモに対し、「日本の有権者数は1億人。国会前のデモはそのうちの何パーセントなんだ? ほぼ数字にならないくらいだろう。こんな人数のデモで国家の意思が決定されるなら、サザンのコンサートで意思決定する方がよっぽど民主主義だ」などと批判した。

 日本がこんな人物に支配される日がほんとうにやってくるかもしれない。
(野尻民夫)

最終更新:2016.06.21 07:32

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

「橋下徹」ニヒリズムの研究

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

橋下徹の新党結成の裏に安倍、菅との密約が! その先にある辛坊治郎大阪市長、橋下総理大臣という恐怖のシナリオのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。安倍晋三橋下徹野尻民夫の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 吉村洋文知事「命の選別」発言は事実! “治療を高齢者から若者に”
2 『スシローと不愉快な仲間たち』12 安倍首相の寒すぎるポエム
3 安倍が宇野教授を任命拒否したのは宇野教授の父から批判された逆恨みか
4 検察がつかんだ「桜」前夜祭の公選法違反証拠!費用補填800万円の明細
5 小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
6 中居がすべらない話でJのタブーに!
7 小田嶋隆・武田砂鉄対談 前編 ツイッターで安倍政権とどう向き合うか?
8 菅首相に飛ばされた元総務官僚が語った恐怖支配!「あそこまでひどい人は…」
9 学術会議任命拒否 宇野重規教授が書評「暴君」論で菅首相批判か
10 安倍政権御用ジャーナリスト5位〜大賞発表!
11 『あさが来た』は籾井の機嫌取り企画
12 葵つかさが「松潤とは終わった」と
13 植村隆の名誉毀損裁判で不当判決!櫻井よしこの捏造を無視
14 橋下徹がコロナ対策過剰論を主張するため「熱中症ではそんな対策してない」
15 大阪都構想住民投票に58億円 吉村知事「イソジン会見」の裏側も発覚
16 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
17 大阪のコロナおざなり対策が酷すぎる!重症病床使用率もごまかし
18 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
19 トランプ的どっちもどっち論横行の日本
20 THE MANZAIウーマン村本のもう一つの凄さ
1 菅首相が生出演『ニュースウオッチ9』めぐり内閣広報官がNHKに圧力
2 菅首相に飛ばされた元総務官僚が語った恐怖支配!「あそこまでひどい人は…」
3 安倍晋三が調子に乗っている! 極右集団「創生日本」再始動
4 菅首相の遅すぎる「GoTo見直し」はキャンセル料補填しないためか!
5 大阪のコロナおざなり対策が酷すぎる!重症病床使用率もごまかし
6 菅、安倍、森がバッハ来日で…コロナ隠しにGoTo続行、NHKに圧力
7 コロナ再拡大の最大の戦犯は菅首相!専門家の指摘無視「静かなマスク会食」
8 吉村洋文知事「命の選別」発言は事実! “治療を高齢者から若者に”
9 検察がつかんだ「桜」前夜祭の公選法違反証拠!費用補填800万円の明細
10 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
11 安倍が宇野教授を任命拒否したのは宇野教授の父から批判された逆恨みか
12 学術会議任命拒否 宇野重規教授が書評「暴君」論で菅首相批判か
13 『スシローと不愉快な仲間たち』12 安倍首相の寒すぎるポエム
14 小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
15 小田嶋隆・武田砂鉄対談 前編 ツイッターで安倍政権とどう向き合うか?

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄