能町みね子の「オネエは差別」抗議をクリス松村が批判! 美輪明宏、東郷健らによる「オカマ論争」の再燃か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
noumachi_01_150817.jpg
フジテレビ 『久保みねヒャダこじらせナイト』番組HPより


〈私はオネエではありません〉──。エッセイストの能町みね子氏が日本テレビの番組にTwitterを通じて抗議した件が、いま、大きな話題となっている。

 発端は、今月4日に放送された『今夜くらべてみました』の企画「新世代オネエ ニューキャマーSP」。この番組では「華麗なるオネエ史」が作成され、それを紹介したのだが、「2000年代以降のオネエ」として、マツコ・デラックスやはるな愛、假屋崎省吾、クリス松村、ミッツ・マングローブ、佐藤かよ、IVANらとともに、「東大卒オネエ」として能町も取り上げられていたのだ。

 これを知った能町は、Twitterに〈なんか今夜くらべてみましたに私の名前が出たみたいだけど、出ることも聞いてないしその紹介のしかたはもっと聞いてません〉と投稿、〈私はオネエではありませんので日テレの人は訂正してください。〉と抗議した。14日には日刊スポーツの取材に応じ、能町は訂正を求めた理由をこう話している。

「オネエという表現は、差別に受け取れます。割り切ってオネエを受け入れて仕事されている方もいらっしゃいますが、私は違います。ひとくくりにしてほしくありません」

 この報道によって今回の問題は広く知れ渡ったわけだが、ネット上では「能町みね子って男だったの?」という感想も多く見られた。実際、能町は2007年に性別適合手術を受け、戸籍も女性に変更し、その経験をエッセイにもしているが、能町はそれを「売り」にはしていない。そもそも、戸籍を変更している能町を「オネエ」と括るのは間違いだ、という声もある。

 しかし、能町が怒っているのは、戸籍うんぬんの問題ではない。〈私が持っているのはオネエに対する偏見ではなくて、「オネエ」という雑なくくり方そのものについての嫌悪感〉だからだ。

〈例えばテレビ番組で「デブ史」とか勝手に作られて、その中に許可もなく名前を載せられたら、その人が太ってるかどうかとはもはや関係なくものすごく失礼じゃないですか。そういうことです〉
〈ざっくりホモとかオカマとかオネエとかに分けることによって植えつけられる偏見とか先入観とかをぶち壊したいと思ってやってますんで、絶対に許しません。〉(Twitterより)

 “セクシュアルマイノリティ”とひとことで言っても、そこには一括りにできない性自認や性的指向・嗜好がある。また、能町が指摘するように、「ホモ」や「オカマ」「オネエ」という言葉には、社会からの偏見や先入観も含まれている。

 そういう意味で、今回、能町が乱暴なカテゴライズを問題視して社会に投げかけたことには大きな意味がある。しかし、ここでさらなる問題が生まれてしまった。というのは、今回の騒動が「オネエ差別」という別の問題にかたちを変えてしまったからだ。

 たとえば、「J-CASTニュース」は〈今回不満を述べたのは、もはや男性ではなく、オネエの分類には入らないということを言いたかったようだ〉と解説。能町は「オネエ」と括る行為自体を批判しているのに、これではまるで“内輪揉め”のように受け取られてしまう。さらに、前述した日刊スポーツの記事タイトルが「Yahoo!トピックス」に掲載された際、「オネエは差別」と短縮され、能町が声をあげた理由がまったく間違ったかたちで解釈される問題を起こしてしまった。

 その例が、クリス松村の反論だ。クリスは今回の騒動を「自分のしてきたことを全否定されているような哀しさを感じた」と言い、「マイノリティがマイノリティを傷つけるという、新たな差別が始まったと感じています」とブログに綴った。

 だが、繰り返すように、別に能町は「オネエ」を否定したり差別したりなどしていない。能町も〈クリス松村さんは報道記事しか読んでないんじゃないかなあ〉とTwitterで感想を述べているが、クリスに能町の真意が正しく伝わっていない可能性は高いだろう。

 ただ、クリスの反応もわからなくもない。〈私たちマイノリティと呼ばれる人たちが社会に出ていくのは大変なことでした〉と綴っているように、さまざまな「オネエ」たちが、偏見と闘い、葛藤しながらも「オネエ」を自認することで、社会にその存在を“ポジティブに”広めてきた歴史があるからだ。

 実際、あの美輪明宏も「オネエ」肯定派だ。美輪は2007年、『金曜日のスマたちへ』(TBS系)に出演した際、明らかにおすぎとピーコを示すかたちで、「(自分は)同性愛に対する差別に対して闘ってきたのに、あの二人はテレビで自分から“オカマ、オカマ”という言葉を連呼して、同性愛者への偏見を助長している」と厳しく批判したが、その際、「オネエ」という表現については、好意的に語っている。

 さらに、その美輪に攻撃されたおすぎとピーコにしても、けっして卑屈になって「オカマ」を受忍してきたわけではない。むしろ、侮蔑的な視線を送る社会に抗いながら存在をアピールするために、当時、差別語としてあったこの「オカマ」という言葉を意図的に用いてきた部分もある。

 ちなみに、能町も自らを「オカマ」と称していた時期がある。10年前、能町の存在を有名にした彼女のブログのタイトルは『オカマだけどOLやってます。』だった。2006年、最初に出版された本のタイトルも同名で、あとがきには〈私はあえて自分のことを「性同一性障害」じゃなくて、「オカマ」と呼んでます。〉とある。(ただし、その後性転換手術をしたのを機にブログのタイトルも変更。文庫のあとがきにも〈オカマじゃなくてOLやってません〉とした)。

 そして、この「オカマ」という言葉をめぐっては、いまから14年前の2001年に、今回のオネエ批判の原点になるような論争が起きている。

 それは、ゲイ雑誌の発行人であり、性差別の撤廃と反天皇制を掲げた活動家・東郷健(2012年に逝去)のインタビュー記事が論争のはじまりだった。記事のタイトルは「伝説のオカマ 愛欲と反逆に燃えたぎる」。「週刊金曜日」2001年6月15日号に掲載されたものだ。

「伝説のオカマ」という言葉は、しばしば東郷を指して使われる言葉であり、何より本人が「オカマ」を自称していた。記事内ではインタビュアーも〈東郷さんは“オカマ”という。同性性愛者にたいして差別的にも聞こえる言葉をなぜ使うのですか、自分のことをなんでオカマと言い続けるのですか〉と問いかけており、「オカマ」という言葉を差別的に使用してはいない。だが、この記事に対し、「同性愛に関する正確な情報を発信している当事者団体」から抗議が編集部に寄せられた。「オカマ」という言葉がタイトルで用いたこと、記事内の「オカマ」の解説が間違っていることなどがおもな抗議理由だった。

 当事者が「オカマ」と言っても、差別的な意味を含むそれをタイトルに使うのはおかしい──。この団体が主張したのは、「差別で傷つく痛みには個人差がある。一番傷つく人を基準に考えてほしい」ということだ。この抗議を受けて「週刊金曜日」は、「性と人権」を特集した。しかし、この特集が抗議団体の意見を取り上げる一方で、ちがう意見をもつ人びとの“異論”にふれることがなかったため騒動は拡大。ついには『「伝説のオカマ」は差別か』と題したシンポジウムが開かれるにいたった。

 このシンポジウムでは「差別の判定は被差別者だけのものでいいのか」という問題が提起され、差別を論じる上で重要な指摘がなされているが、同時に、今回の「オネエ」問題にも通じる“一方的なカテゴライズ”の暴力性も語られている。

 たとえば、伏見憲明は、「同性愛」という分け方それ自体を、「性科学、精神医学がそういうふうに性的指向で人を分類した時点で、すでに差別と排除が始まっている」と論評する。

「逆に言えば、差別と排除の眼差しによって、言説の権力が多様な性現象の中から「同性愛」を切り取ったわけです。つまり、分類された時点で言葉の中に差別が刷り込まれている」(『「オカマ」は差別か 『週刊金曜日』の「差別表現」事件 VOL.1 反差別論の再構築へ』ポット出版)

「同性愛」は、精神医学のなかで「異常」「精神疾患」と位置づけられた過去がある。これは異性愛至上主義を基準にした、まさしく「排除」の論理だ。同じように「オカマ」や「オネエ」といった言葉も、圧倒的に異性愛者たちが自分をスタンダードにし、差別的な意図をもって使ってきた言葉である。

 そうしたなかで逆に、差別語である「オカマ」や「オネエ」を戦略的に用い、侮蔑的な視線を送る社会に抗いながら存在をアピールしてきたのが、東郷健であり、おすぎとピーコやといった人たちだ。もちろん、東郷たちの存在を「不快」に感じてきたゲイも多かった。そこにあるのは、“自分とは違うのに、全部同じにされる”という抵抗感だ。しかし一方で、「オカマ」も「オネエ」も肯定的に使用されるのであればOKと考える当事者もいる。捉え方も人によってそれぞれ違うのだ。

「言葉のリアリティは個別的なもので、誰の感覚が一番正しいということではない。だから、どれが差別語でどれならクリーンなんてことは本当のところないんです」(伏見氏)

 同様に、「ホモ」という言葉が差別的に使われてきたことから言い換えられるようになった「ゲイ」という言葉を嫌う人もいれば、セクシュアルマイノリティが“自覚的・自己肯定的”に使うようになった「クィア」も、「風変わりな」「いかがわしい」という意味をもつことから抵抗を感じる人もいる。あるいは、ゲイが「オカマ」という言葉に敏感に反応するとき、そこにはミソジニー(女性嫌悪)があるのではないかという指摘もある。

 そして、「オネエ」という言葉についても、今回の能町のように、あるいはそう呼ばれることを回避するために「女装家」と自称したミッツ・マングローブのように、違和感を表明する人がいる。

 伏見の言うように「どれが差別語でどれならクリーン」なんて、誰にも決められないのだろう。

 では、なにが問題になるかといえば、その言葉を使う意図だ。伏見は言う。

「言葉自体が「悪」なのではなく、問題は文脈です」

 今回の能町が「オネエ」と括られた問題は、「オネエ」という言葉が悪いのではない。番組制作者が十把一絡げで「オネエ」と括った、乱暴な「文脈」にある。こうした問題は、メディアで、日常で、つねに発生しているものだ。たとえば、「男性が好き」という男性に対し、質問者が性的な話題ばかりを振る場面がよくあるが、そこには「ゲイは性欲が旺盛だ」という勝手な決め付けによる「文脈」が見てとれる。

 もしかすると、問題となった日本テレビの番組制作者は、悪気などなかった、「オネエ」という言葉を肯定的に捉えていたつもりだ、と言うかもしれない。しかし、「雑なくくり方」という指摘がなされたことをどう考えるのか、その回答を知りたいと思う。それはきっと、セクシュアルマイノリティを何かに括って語ることが孕む暴力性に、多くの人が考えるきっかけにもなり得るはずだからだ。今回の能町の提起を、当然、本サイトも含め、メディアは無駄にしてはいけないだろう。
(酒井まど)

最終更新:2015.08.17 11:55

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

「オカマ」は差別か 『週刊金曜日』の「差別表現」事件―反差別論の再構築へ〈VOL.1〉 (反差別論の再構築へ (Vol.1))

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

能町みね子の「オネエは差別」抗議をクリス松村が批判! 美輪明宏、東郷健らによる「オカマ論争」の再燃かのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。LGBT酒井まどの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 上田晋也『サタデージャーナル』後番組MCに自民党議員の娘
2 自民党が議員に配布“野党攻撃本”の元ネタは怪しい右派サイト
3 上田晋也『サタデージャーナル』終了の不可解
4 香取慎吾が飯島マネへの強い思いを告白
5 ジャニーさん“緊急入院”でマスコミは病院に詰めかけたが…
6 退職代行サービスだけでは対応できないブラック企業の恫喝手口
7 交番襲撃“父親が関テレ常務”より「元自衛官」
8 マンガ『スシローと不愉快な仲間たち』第1話
9 『いだてん』が関東大震災「朝鮮人虐殺」を示唆!
10 秋篠宮家の料理番がブラック告発
11 安倍「平昌五輪あるから北朝鮮大丈夫」
12 葵つかさが「松潤とは終わった」と
13 安倍が統計不正答弁中の根本厚労相に「戻れ」指示
14 くりぃむ上田晋也が“政権批判NG”に敢然と反論
15 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
16 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
17 安倍イラン訪問でNHK岩田明子記者がまた安倍フェイクPR
18 グッディ!土田マジギレ真の原因
19 拍手・起立を井筒監督と松尾貴史が批判
20 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
1 安倍首相と省庁幹部の面談記録が一切作成されなくなった!
2 くりぃむ上田晋也が“政権批判NG”に敢然と反論
3 金融庁報告書で厚労省年金局課長の驚愕無責任発言
4 産経新聞コラムが「引きこもりは自衛隊に入隊させて鍛え直せ」
5 安倍首相が「老後2000万円」追及に逆ギレ!
6 菅官房長官が望月衣塑子記者への“質問妨害”を復活
7 金融庁「年金下がるから資産運用」報告書で麻生太郎が開き直り!
8 F35捜索打ち切りと大量購入続行でNHKが「背景に政治性」と報道
9 金融庁炎上の裏で安倍政権が「年金」の“不都合な事実”を隠蔽!
10 防衛省イージス・アショア失態 、玉川徹が原因を喝破!
11 長谷川豊が部落差別発言「謝罪文は馬場幹事長が作った」
12 講談社「ViVi」の自民党広告は公選法違反か!
13 映画『主戦場』上映中止要求の右派論客に監督が徹底反論!
14 渡辺謙が語った『ゴジラ』出演と震災、原発、戦争
15 マンガ『スシローと不愉快な仲間たち』第1話
16 田崎史郎「65歳から年金もらってます」
17 川崎殺傷事件「不良品」発言こそ松本人志の本質だ!
18 香港市民はデモの力示したが、日本は…
19 松本人志が「不良品」発言問題で謝罪も説明もなし!
20 農水元次官子ども殺害正当化は、橋下徹、竹田恒泰、坂上忍も

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄