櫻井翔パパ、総務省次官就任でマスコミが報じない櫻井一家の野望…妹にもコネ入社疑惑、父親の政界進出説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
sakuraishou_01_150728.jpg
「翔パパの大出世すごくない!?」とかそんな単純な話ではない

 嵐・櫻井翔の父親・俊氏が総務省トップ・事務次官の就任することは本サイトでも既にお伝えしたが、多くの週刊誌や夕刊紙でもこの話題が取り上げられ始めた。

 例えば「週刊文春」(文藝春秋)7月30日号では、「『息子の頼むワインは違う』桜井新次官の息子翔自慢」と題し、俊氏が総務省にとって“待望の次官”であり、また人柄も気さくで、飲み会では息子の自慢話を周囲にしていることを報じている。

「『息子から直島の旅行をプレゼントしてもらった』と嬉しそうに話していました。ワインをよく飲みますが、『息子が頼むワインは違うんだ』とも」(同誌より)

 また、「アサ芸 plus」は翔パパが退官したら父子で番組を持つのではないか、「東スポ」では櫻井翔がキャスターを務める『NEWS ZERO』(日本テレビ系)に“次官就任親子対談”が実現する、といった憶測記事まで登場している。

 しかし、今回の翔パパの事務次官就任はそんなふうにノーテンキにはしゃいでいられる話ではけっしてない。

 総務省はテレビ局の電波免許を所轄する官庁だ。特に安倍政権発足後はテレビ局への圧力の省庁として機能している。 NHK『クローズアップ現代』のやらせ問題の際、高市早苗総務相が異例といえる厳重注意を行っただけでなく、行政指導文書を出したことなどはその最たる例だ。

 そして、櫻井俊氏の新次官就任は安倍政権によるさらなる報道圧力強化の布石だと指摘されているのだ。

 俊氏は自民党、特に安倍政権にべったりの官僚として知られている。菅義偉官房長官や安倍首相の親衛隊であり、総務族の世耕弘成議員とはNTT分割以来の盟友関係。俊氏は安倍政権が発足するや、菅官房長官の肝いりでナンバー2の審議官に抜擢されている。そして今回の次官就任も菅官房長官の意向が大きく働いた。

「実は俊氏の次官就任は昨年の予定だったのですが、しかし菅官房長官が翌15年まで次官就任を延期させたと言われている。15年は安保法制や原発再稼働など、国民の反発を買う政策が控えており、さらなる報道への締め付けが必要。その先兵として俊氏に役割を果たさせるためです」(総務省関係者)

 この人事に関し、菅官房長官は息子・翔の存在も考慮したと言われている。総務省次官として俊氏がテレビ局支配を強めると同時に、テレビ局にとって“絶対的タブー”のジャニーズをも利用しようというものだ。テレビ局を「所管の総務省」と「ジャニーズ」という“二重のタブー”に縛り、総務省批判、安倍政権批判、官僚批判を封じることがより容易になる。テレビ局も自主規制をさらに強化する。

 さらに出版メディアも“ジャニーズタブー”から、トップアイドル櫻井翔の父親の批判をして、機嫌を損ねたら一大事とばかりに過剰な自粛を行う──。

 まさかそこまで、と思うかもしれないが、実際、メディアの自主規制は既にスタートしている空気さえある。冒頭で紹介したように俊氏の事務次官を伝える報道は「エリート一族」「総務省待望の次官」「気さくな人柄」など櫻井親子に対して好意的であり、かつて俊氏が自民党総務族と共謀し、民主党政権が進めた「電波オークション」の規制緩和を潰した“過去”については一切触れていない。

 また、俊氏はかなりの権力欲の持ち主で、子どもの存在を平気で利用できるタイプの官僚だという。たとえば、櫻井の妹は2009年に日本テレビに入社。報道局で検察や国税庁の担当記者をしているのは有名な話だが、これも俊氏が動いた結果といわれている。

「櫻井の妹の入社は当初、翔のコネじゃないかといわれていましたが、実際はお父さんのほうから日本テレビの幹部に話があったようです。報道局に配属になったのも、将来のことを考えて頼み込んだらしい」(日本テレビ関係者)

 総務省内では、将来、俊氏が自民党から選挙に出馬し、息子や娘に全面応援させるのではないかという見方さえ流れている。

 いずれにしても、テレビメディアを牛耳る総務省トップとマスコミタブーのジャニーズ王国トップアイドルによる最強コンビの動向には十分注意を払う必要がありそうだ。
(田部祥太)

最終更新:2015.07.29 11:19

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

官僚とメディア (角川oneテーマ21 A 62)

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

櫻井翔パパ、総務省次官就任でマスコミが報じない櫻井一家の野望…妹にもコネ入社疑惑、父親の政界進出説のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ジャニーズタブー官僚田部祥太の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 『めざまし8』で3時のヒロイン・福田らが「吉村知事はタイプ」話で盛り上がる
2 大阪の入院率10%のなか、維新議員が「コロナ感染、即、入院」で非難殺到!
3 コロナのさなか自公が高齢者の医療費負担を2倍にする法案を強行採決へ
4 吉村知事は自己正当化モンスター!「重症センター」縮小をつっこまれ
5 菅首相が「人流は間違いなく減少」と真っ赤な嘘! 東京駅前は昨年の1.8倍
6 三浦瑠麗“大震災時に迫撃砲”もフェイク
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 東京都が東京五輪の観戦に子ども81万人を動員! 感染拡大中に通達
9 西村担当相が「マスクでも感染」認めたのに濃厚接触者の定義変更しない菅政権
10 大阪で123の病床が削減! コロナ医療崩壊でも菅政権が強行する医療カット
11 吉村知事が“批判逃れ”に必死! 橋下徹と宮根誠司は“同情誘う作戦”
12 吉村洋文知事は5月に30本のテレビに出演していた
13 菅首相が「休んでいる看護師がいるから五輪に500人」妄言の直前に…
14 菅首相がコロナ対応の失敗を改憲にスリカエる発言! 国民投票法も強行成立
15 吉村知事が「変異株対応」を強調して私権制限主張も…国内初の変異株死者を隠蔽
16 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
17 吉村知事への批判がテレビでも…北村教授、日本城タクシー社長、小木博明も
18 大阪に看護師不足は維新のせい!橋下徹は看護師の給料を「バカ高い」と攻撃
19 大阪「高齢者の入院の優先順位下げろ」は職員の問題ではない! 吉村知事も
20 自殺した赤木さんの妻が『バイキング』生放送中にLINEで…
1 東京都が東京五輪の観戦に子ども81万人を動員! 感染拡大中に通達
2 大阪の入院率10%のなか、維新議員が「コロナ感染、即、入院」で非難殺到!
3 コロナのさなか自公が高齢者の医療費負担を2倍にする法案を強行採決へ
4 吉村知事が“批判逃れ”に必死! 橋下徹と宮根誠司は“同情誘う作戦”
5 菅首相がコロナ対応の失敗を改憲にスリカエる発言! 国民投票法も強行成立
6 安倍晋三「朝日の捏造体質は変わらない」発言に「お前が言うか」と非難殺到
7 吉村知事が「変異株対応」を強調して私権制限主張も…国内初の変異株死者を隠蔽
8 大阪で123の病床が削減! コロナ医療崩壊でも菅政権が強行する医療カット
9 菅首相が「人流は間違いなく減少」と真っ赤な嘘! 東京駅前は昨年の1.8倍
10 『めざまし8』で3時のヒロイン・福田らが「吉村知事はタイプ」話で盛り上がる
11 大阪「高齢者の入院の優先順位下げろ」は職員の問題ではない! 吉村知事も
12 市長選で優勢 河村たかし市長との焼肉会食をリコール不正渦中の事務局長が
13 東京五輪組織委が看護協会に「看護師500人動員」を要請する横暴!
14 菅首相が「休んでいる看護師がいるから五輪に500人」妄言の直前に…
15 緊急事態宣言発出で菅首相がついた大嘘 バッハシフトを追及する質問は無視
16 西村担当相が「マスクでも感染」認めたのに濃厚接触者の定義変更しない菅政権
17 フジ系『最高のオバハン』が結婚詐欺師の名を小室氏と一字違いの「小室敬」に

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄