路チュー騒動の中川郁子農水政務官が「週刊新潮」記者の首に手を回し「チューしましょうか」と…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
201507240700top.jpg
「週刊新潮」(新潮社)2015年7月16日号

 ほとんど報道されていないが、故・中川一郎氏の未亡人、中川郁子農水政務官がまたやらかしたらしい。

 安保法案国会真っ只中の6月30日、中川議員はそんなの関係ないとばかりに門博文衆院議員と逢瀬を愉しんでいたのである。門議員は「週刊新潮」(新潮社)3月12日号で “不倫路チュー”をスッパ抜かれた相手。この2人、あれだけ世間を騒がせたにもかかわらず、いまだにその関係は続いていたらしい。

 それを報じたのはまたもや「週刊新潮」。7月16日号で、路チュー報道から4カ月、2人の“まさかの密会”を再びすっぱ抜いている。

 それによれば、6月30日夜、会合を終えて一度自宅に戻った中川議員だが、直後に短い“ナマ脚”スカート姿に着替え近所の居酒屋へ。そこに現れたのが、顔をほころばせた不倫路チューの門議員だった。門議員は中川議員を見るや「ヨッ」と声をかけテーブル席に。あまりに大胆である。

 もっとも、この酒席には江崎鐵磨自民党副幹事長も同席していた。派閥の大先輩をまるで芸能人密会デートのアリバイ要員のように使うのも凄いが、3人は日本酒や焼酎を酌み交わしたという。主に江崎議員の講釈の聞き役だったという中川・門カップルだが、「週刊新潮」に掲載された写真を見るかぎり、中川議員の“ナマ脚”もド迫力、さらに、門議員も大先輩そっちのけで中川議員の方を見て、にやけている。

 もっとも、この日は“リベンジ路チュー”はなかった模様で、会がお開きになると、門議員は大先輩のセンチュリーに同乗しご帰宅となったという。

 だが、問題はその後だ。後日、「週刊新潮」記者が中川議員を自宅前で直撃するのだが、その際、中川議員が仰天行動を取ったのだ。

 門議員とは何の関係もないと強弁する中川議員に記者が「なんの関係もない男女は路上でキスなどしない」と迫ると、中川議員はあろうことか、「そうですか? チューしましょうか?」といって記者の首に両手をまわし、覆い被さってきたのだという。しかも2人の秘書官の目の前で。

 なんとも大胆な取材撃退のやり方。しかも中川議員は翌週、ライバル誌「週刊文春」(文藝春秋)7月23日号の直撃に答え「週刊新潮」批判を展開した。

 それによれば直撃当日、「週刊新潮」記者は自宅物陰に隠れていた上、突然現れ名前も名乗らず名刺もくれない。さらに大声でワケの分からない質問をされ恐怖さえ感じたという。そして記者を「ストーカーまがい、セクハラまがい、暴漢まがい」と罵った。

 都合の悪い質問をする記者を「ストーカー」呼ばわりするとは、さすが“言論弾圧”自民党の一員といったところだが、質問が“ナマ脚”写真に及ぶと意外な事実を叫んだのだ。

「私、ストッキング穿いてますし!」

 え、反論点はそこ? 写真を見ても真偽のほどは判然としないが、中川議員は続けて摩訶不思議な主張を展開した。

「記者が肉薄してきたので、これは正当防衛ですよ。九日朝、世田谷署の生活安全課に行ったところ、署をあげて対処してくれると」

 え、首に手をまわして覆い被さったのは中川議員の方では? しかも正当防衛って何? こんなワケの分からないことで、権力を傘に警察まで動かしてしまう中川議員。フジテレビで警視庁記者クラブにもいたという辣腕報道記者の長女は、母親に正当防衛は何か、暴漢とは何かをレクチャーして差し上げたらいかがか。ついでに言論とは何か、政治家とは公人中の公人であるということも。
(林グンマ)

最終更新:2015.07.24 06:54

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

週刊新潮 2015年 7月 16日号 / 「週刊新潮」編集部 〔雑誌〕

  • Yahoo! ショッピングの詳細ページへ

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

路チュー騒動の中川郁子農水政務官が「週刊新潮」記者の首に手を回し「チューしましょうか」と…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。マスコミ林グンマの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 橋下徹がれいわ・大石あきこ議員に粘着攻撃で「大石パニックおじさん」の異名
2 政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明
3 コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
4 文通費どころじゃない!維新が政党交付金も返還せず掠め取り
5 吉村知事「1日で文通費100万円、記憶ない」は嘘! 違法流用の証拠も
6 ラムダ株隠蔽で菅政権が大嘘の言い訳!パラでも隠蔽可能に
7 吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
8 高須院長の署名偽造関与が濃厚に…女性秘書が書類送検、関与示す供述調書
9 山本太郎・れいわ代表が「モーニングショー」で吠えた
10 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
11 高市早苗の最側近は「生産性がない」杉田水脈でテレビ局にも同行!
12 葵つかさが「松潤とは終わった」と
13 れいわ議員の介助費用に「税金遣うな」攻撃、対照的だった『とくダネ!』
14 自民党の“アシスト係”維新が賛成した最悪の法案総まくり
15 維新は「パソナ丸投げ」病! 時短協力金業務でデタラメ発覚も新しい仕事
16 自民党・維新がコロナを口実に本気で「改憲」に動き始めた!
17 DAIGOの父は許永中の片腕だった
18 頓挫した大阪ワクチンと吉村・松井の闇!日大事件で逮捕の人物も関与か
19 Netflix版『新聞記者』に米倉涼子、綾野剛、横浜流星など、豪華キャストがずらり
20 羽田雄一郎参院議員の死が示すコロナ検査の現実
1 吉村知事「1日で文通費100万円、記憶ない」は嘘! 違法流用の証拠も
2 文通費どころじゃない!維新が政党交付金も返還せず掠め取り
3 維新は「パソナ丸投げ」病! 時短協力金業務でデタラメ発覚も新しい仕事
4 自民党・維新がコロナを口実に本気で「改憲」に動き始めた!
5 吉村知事「1日で文通費100万円」ごまかし手口!リテラの取材のあとに
6 自民党の“アシスト係”維新が賛成した最悪の法案総まくり
7 高須院長の署名偽造関与が濃厚に…女性秘書が書類送検、関与示す供述調書
8 コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
9 吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
10 橋下徹がれいわ・大石あきこ議員に粘着攻撃で「大石パニックおじさん」の異名
11 政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄