上杉隆が「文藝春秋」で古舘の12億円『報ステ』出演料暴露も、暴力団テープは存在せず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kogahurutachi_150328.jpg
左・テレビ朝日『報道ステーション』HPより/右・『国家の暴走』(角川書店)


『報道ステーション』(テレビ朝日系)で爆弾発言をした古賀茂明氏をめぐって新たな動きがありそうだ。10日発売の「文藝春秋」5月号でジャーナリストの上杉隆氏がこの問題を検証した記事を発表。そこで古舘伊知郎と古賀氏をめぐる録音テープをそのまま再録している、との情報が業界をかけめぐっているのだ。

 取沙汰されているテープは3種類。ひとつは、『報ステ』で、古賀氏が古舘伊知郎との口論の中で「古舘さんもその時におっしゃいました。『この件に関してはお役に立てなかった。本当に申し訳ない』と。全部録音させていただきましたので、そこまで言われるならすべて出させていただきます」と発言したもの。 

 2本目は「週刊文春」4月9日号が報道した、スタッフとのやり取りを録音した“テープ”だ。「文春」によると、2月25日の放送後、古舘がミスをした担当者に「俺はやくざと一緒だ。体張ってやってんだ。お前らサラリーマンとは違うんだ」と怒鳴ったときのものだという。

 そして3本目もやはり「文春」が報じたテープで、「古舘さんが個室に川内原発のVTRを作ったスタッフでMの腹心であるHを呼び出して『俺のバックには、組が付いている』と暴力団の実名を挙げて恫喝したもの」であるという。

 上杉氏はこの3本を入手し、それを「文藝春秋」に持ち込んだというのだ。とくにこの3本目はニュースキャスターが暴力団との関係を自ら語っているということであり、本当に表沙汰になったら古舘降板は必至。そんなところから『報道ステーション』はすでにポスト古舘の体制作りに入っているとの情報まで流れた。

 しかも、これはただの噂にとどまらなかった。「FLASH」(光文社)4月21日号は、なんとテープは5本あって、「その内容を暴露した記事が、近く月刊誌に発表される」と報じ、こんなテレ朝関係者の台詞を掲載している。

「さらに別のテープには『俺のバックには組がついているんだ』と発言したものもあるという。しかも古舘氏は具体的な反社会勢力の名前や特定人物の個人名も挙げているといわれ、これが事実で、それが暴露されたらキャスター生命は終わりになってしまいますよ」

 しかし、結論から言うと、『文藝春秋』に載っているのは、2本目のスタッフに「俺はやくざと一緒だ。体張ってやってんだ」と言っているテープのみ。まあ、これくらいなら、報道の修羅場でとびかってもおかしくない台詞であり、降板にはいたらないだろう。

 そもそも、「文春」や「FLASH」が報じた「俺のバックには組がついているんだ」という古舘発言は、テレ朝の誰に聞いても確認した者がおらず、3本目のテープなんてはなから存在しなかったという見方が濃厚だ。

 それにしても、古賀問題はいったいなぜ、こういう展開になってしまったのだろうか。本来は官邸の圧力と、それに屈したテレ朝の人事に批判が向けられるべきなのに、逆に古賀氏が放送事故を引き起こしたとしてバッシングを浴び、『報ステ』=古舘との内ゲバが面白おかしく報じられるばかりだ。おそらく、この上杉氏の『文藝春秋』の記事でも一番話題になるのは、古舘伊知郎の出演料の部分だろう。同誌によれば、古舘のMC専属契約、出演料はあわせて年間12億5千万円、古舘プロジェクトには年間総額30億円以上が支払われているという。

 さらにここにきて、古賀氏が毀誉褒貶の絶えない上杉隆氏と組んだことで、バッシングはさらに激しくなっている。「日刊サイゾー」は一連の騒動のフィクサーが上杉氏だとして、古賀氏が番組の数日前から上杉氏、香山リカ氏、岩上安身氏と入念に打ち合わせしていたと報じ、ツイッターには「妄想コンビ」などと中傷する書き込みがあふれている。

 しかし、上杉氏らが一連の古賀発言を仕掛けたというのはそれこそ陰謀論がすぎる。上杉氏がテレ朝の人事や『報ステ』の問題を追いかけていたのは事実だが、上杉氏も岩上氏も古賀氏にアプローチしたのは、発言以降の話だ。

 また、上杉氏の情報にガセが多いのはたしかだが、今回の古賀、テレ朝問題にかぎっては、かなり正確だといっていいだろう。

 とくに、上杉氏がインターネット報道番組「ニューズ・オプエド」で指摘した、官邸の圧力問題は明らかな事実だ。これは昨年、『報道ステーション』がアベノミクスの効果について「日本全体には波及していない」とする報道を行ったことに対して、放送の数日後に自民党が文書で公平中立な報道を行うよう申し入れをしていたというものだが、テレビ朝日も事実関係を認めている。

 マスコミは古賀氏や上杉氏をピエロ扱いして嘲笑っているヒマがあったら、今回の騒動の本質である官邸の圧力問題をもっと追及すべきではないだろうか。
(田部祥太)

最終更新:2017.12.23 06:54

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

上杉隆が「文藝春秋」で古舘の12億円『報ステ』出演料暴露も、暴力団テープは存在せずのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。テレビ朝日マスコミ上杉隆古賀茂明圧力報道ステーション田部祥太の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 八代の降板なし『ひるおび!』のダブスタ 室井佑月と上地雄輔で対応の差
2 倉持仁院長の総裁選をめぐる正論に橋下徹やネトウヨがいちゃもん
3 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
4 「詩織さん全面勝訴」で証明された警察と検察のおかしさ! 
5 河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
6 高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
7 黒人差別問題でK-POPファンが差別主義者を撃退!
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
10 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
11 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
12 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
13 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
14 共謀罪で小林多喜二の悲劇が再び現実に
15 安倍が支援、高市早苗が「さもしい顔して貰えるもの貰う国民ばかり」
16 東京五輪チケットに「首相枠」、聖火ランナーも「桜を見る会」状態
17 山口敬之氏が詩織さんに卑劣すぎる反論
18 室井佑月の『ひるおび!』降板で麻木久仁子が滝川クリステルに疑問
19 安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
20 高市早苗が政治資金不正で刑事告発!
1 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
2 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
3 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
4 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
5 高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
6 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
7 八代の降板なし『ひるおび!』のダブスタ 室井佑月と上地雄輔で対応の差
8 河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
9 高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
10 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
11 河野太郎が会見で露骨な安倍忖度!森友再調査の質問に答えずワクチンで大嘘
12 自民党政権が「一般病床削減」を継続、看護師5万人削減の計画も
13 安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
14 DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 
15 倉持仁院長の総裁選をめぐる正論に橋下徹やネトウヨがいちゃもん

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄