ヲタ出身のアイドルも! 女子アイドルに女子ヲタが増加しているのはなぜ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
momokuro_01_150302.jpg
絶好調ももクロを支えるのは…(「週末ヒロイン ももいろクローバーZ オフィシャルサイト」より)


 2月27日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)で、米ハードロックバンドのKISSとコラボレーションを果たしたアイドルグループ・ももいろクローバーZ。同28日には主演映画『幕が上がる』が全国ロードショーになるなど、充実した活動を展開している。

 そのももクロ人気を支えているのが、女性ファンの存在。女性アイドルに男性のファンがつくのがいままでの流れだが、ももクロは「女祭り」という女性限定ベントを開催するなど、女性ファンへの対応が功を奏し、老若男女ファンの層が厚いとも言われている。ももクロに限らず、ハロー!プロジェクトやAKB48グループ、BABYMETALらもコンサートにおける「女性エリア」を設置するなど、運営側は女性ファンを意識しているのだ。

 ハロヲタだったHKT48の指原莉乃が有名だが、女性アイドルファンの女性アイドルも最近は増えている。

 これまでは女性アイドルには男性ファン、男性アイドルには女性ファンがつくことが多く、そこには個人における程度の差こそあれ、「ほのかな恋心」がベースにあったはず。では、女子アイドルの女性ファンは、同性アイドルのどこに惹かれているのだろうか。

 多くのアイドルの振付を担当し、自身も大のアイドルファンである振付師・竹中夏海氏の『アイドル=ヒロイン』(ポット出版)には、大きく3つの理由が挙げられている。

 まず、竹中氏は、「イチ推しのメンバー、好きなメンバー」という意味のアイドルファン用語「推し(担当)」という行為そのものを見つめ直している。「『推す』という行為はつまり、感情移入すること」と分析しており、恋愛の対象という見方だけではなく、憧れや尊敬、同化といったさまざまな感情が混ざり合っているのではないかと指摘している。

 その感情をさらに燃え上がらせたのが、昨今の女性アイドルの身近さだ。かつてのアイドルは、浮世離れしたルックスと徹底したイメージ操作で手の届かない存在だったが、いまやAKB48グループのように全国でアイドルグループが結成され、また、アイドルの裾野も広がっている。加えて、Twitterやトークアプリ「755」のように、アイドルから気軽に返信をもらえるSNSも隆盛だ。そして、リリースイベントや握手会など、直にアイドルと触れ合える機会は、女子アイドルのほうが圧倒的に多い。Leadや超特急、DISH//といった人気男性グループも握手会を行うことは多いが、男性アイドルグループの本丸・ジャニーズ事務所はデビュー間もない時期に行うだけ。一方、女子アイドルは人気・集客的に頂点にあるだろうAKB48グループでさえ握手会でファンと直に触れ合い、コミュニケーションを取る。竹中氏は「握手会を頻繁に行なうグループは、ファンと地続きのところにいる」とし、その距離の近さが女性ファン増加の一因になっているという。

 そして、3つ目の要因は「ファッション」。女性ファンはコンサートやイベントなどの「現場」に何を着ていくか考え、なかには自作する人も。応援するアイドルが同性の場合はコーディネートをマネしやすく、でんぱ組.incはステージ衣装のレプリカを公式販売しているそう。竹中氏はその女性心理を、「アイドルの現場に行くという理由にかこつけて、いつもとは違うちょっと特別な恰好ができることが嬉しいのです」と、変身願望が潜んでいると分析している。

 ファッションもさることながら、アイドルの「現場」を“非日常”につくり替えることが、女性アイドルファンの楽しみなのかもしれない。それを証明するかのように、本書に収録されている「アイドル現場レポート」では、イベント終了後に仲間で食事をしたり、カフェに行ったり、アイドル関連のグッズを買物したりと、アイドルの現場が非日常の一大イベントに様変わりしているのだ。

 アイドルへの同化や憧れ、そして変身願望。女性ファンが女性アイドルを応援したくなる要素が整った結果、女性アイドルファンが増えたのだろう。今後は、運営側が女性ファンをどう取り込むかが、アイドル人気を左右するといっても過言ではないのかもしれない。
(江崎理生)

最終更新:2017.12.19 09:55

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

アイドル=ヒロイン: 歌って踊る戦う女の子がいる限り、世界は美しい

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

ヲタ出身のアイドルも! 女子アイドルに女子ヲタが増加しているのはなぜ?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。BABYMETALももいろクローバーZハロープロジェクトマーケティング江崎理生の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 裁判で「安倍首相は逃げている」と陳述、赤木さんの妻が小川彩佳に語った覚悟
2 田崎史郎がGoTo擁護で「古希に九州旅行する」「6、7人で会食始めた」
3 「#GoToキャンペーンを中止してください」ツイート25万超
4 松本人志「好きな人ができると女はだめになる」に指原莉乃が鋭すぎる反論
5 GoTo強行の安倍政権、専門家の感染拡大予測メールを破棄した東京都
6 「医療逼迫していない」は嘘だった!なのにGoToキャンペーン前倒し強行
7 首相官邸のSNSはやはり電通が仕切っていた! 高橋まつりさんも母親に
8 電通社員自殺でも弘兼憲史が宴会芸賛美
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 村上春樹が『猫を棄てる』で歴史修正主義と対決、父親の凄惨な戦中体験を
11 自殺した赤木さんの妻が『バイキング』生放送中にLINEで…
12 GoToキャンペーンは、 “影の総理”今井補佐官と菊池桃子の夫が経産省の利権に
13 東京の感染者は7月1日から100人超、発表67人を139人に修正
14 “フジのスシロー”平井文夫解説委員の安倍擁護は“本家”田崎史郎より酷い
15 辛坊治郎が新宿区のコロナ見舞金を「ホストが10万円狙いで感染」とデマ
16 東京女子医大がボーナスゼロで400人の看護師が退職希望も、安倍政権は
17 安倍首相が赤木俊夫さんの妻の指摘まで否定も証拠の記録が
18 『進撃の巨人』のシキシマはリヴァイ?
19 公安庁が沖縄めぐりネトウヨ並み報告書
20 安倍政権がまた「災害ないがしろ」!被災地に耐久性不十分の段ボールベッド
1 東京の感染者は7月1日から100人超、発表67人を139人に修正
2 「医療逼迫していない」は嘘だった!なのにGoToキャンペーン前倒し強行
3 年金積立金が1~3月期で18兆円マイナス! 国民の年金を溶かした安倍政権の責任
4 小池百合子都知事が東京アラート解除のため陽性者数を操作していた疑惑
5 安倍政権がまた「災害ないがしろ」!被災地に耐久性不十分の段ボールベッド
6 GoToキャンペーンは、 “影の総理”今井補佐官と菊池桃子の夫が経産省の利権に
7 森友公文書改ざんで安倍首相を守った太田充主計局長が財務省トップに
8 「#GoToキャンペーンを中止してください」ツイート25万超
9 首相官邸のSNSはやはり電通が仕切っていた! 高橋まつりさんも母親に
10 裁判で「安倍首相は逃げている」と陳述、赤木さんの妻が小川彩佳に語った覚悟
11 大谷医師が明かしたネトウヨの電凸攻撃!「反日」と怒鳴り込まれたことも
12 河井克行の買収に安倍事務所が関与の新証言!現金渡した相手を首相秘書が訪問
13 安倍政権がコロナ増税の動き! 新会議に震災で復興税導入を主張した経済学者
14 東京女子医大がボーナスゼロで400人の看護師が退職希望も、安倍政権は
15 GoTo強行の安倍政権、専門家の感染拡大予測メールを破棄した東京都
16 東京都の感染者100人超で小池知事、加藤厚労相、安倍首相の仰天言動
17 田崎史郎がGoTo擁護で「古希に九州旅行する」「6、7人で会食始めた」
18 「桜を見る会」で昭恵夫人、菅官房長官と写真の“大物半グレ”が逮捕
19 「東京でコロナ感染224人」は本当に検査を増やしたせいだけなのか
20 辛坊治郎が新宿区のコロナ見舞金を「ホストが10万円狙いで感染」とデマ

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄