“民主党=革マル”の陰謀論を叫んで大恥! 安倍首相は公安に洗脳されている!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
abenaichou_01_150103.jpg
左/安倍首相 右/北村滋内閣情報官(内閣官房HPより)


 それは昨年のクリスマスイブ、12月24日のことだった。JR総連の支援を受けている民主党の田城郁参院議員がこの日、記者会見するということで、安倍晋三首相の手足になって日夜活動している内閣情報調査室と警視庁公安部が、早朝から情報収集に追われていた。
 
「田城氏が会見を開いたのは秘書の使い込みが発覚したため政治資金収支報告書を修正するというものだったんだが、その際、田城氏が会見の席で“公安が自分とJR総連の疑惑をでっちあげようとしている”と批判会見を開くのではないかと噂が立ち、一時騒然となったんだ」(全国紙政治部記者)

 JR総連といえば、組合員7万人を誇るJRの労働組合で、傘下のJR東労組はJR東日本の社員の80%以上が加盟している最大労組。ところが、この労組を最近、安倍晋三首相がしきりに標的にしているのだ。たとえば、10月30日の衆院予算委員会では、相次ぐ閣僚の政治資金スキャンダルを質した民主党の枝野幸男幹事長に向かって、首相がいきなりこう切り返した。

「殺人や強盗や窃盗や盗聴を行った革マル派活動家が影響力を行使し得るJR総連から、枝野議員は約800万円、献金を受けていた。殺人を行っている団体でありますから、ゆゆしき問題ではないですか」

 安倍首相の思わぬ答弁に、委員会室内から「総理大臣の言う言葉か」「中傷はやめろ」と怒号が飛び交い、大島理森委員長が「御静粛に!」と繰り返しいさめる騒ぎとなった。

 たしかに、安倍首相が語るように、JR総連は前身である動労時代から革マル派の支配下にあると噂されてきた。最大の根拠は2011年に亡くなるまでJR総連に君臨し続けた松崎明元動労委員長が革マル派の幹部だったことだ。

 だが、その松崎委員長が率いる動労=JR総連は国鉄民営化の際に自民党と手を組んで、民営化に全面協力。逆に国鉄最大労組だった国労つぶしを推進してきた。しかも、民営化後は労使協調路線をとり、JR東日本とJR東労組はストライキを放棄する労使共同宣言を締結するなど、完全に一体化している。そのため、他の新左翼セクトや対立組合からは「自民党の犬」「御用組合」と批判されていた組合なのだ。

 実は革マル派との関係についても、民営化でJR総連になってから、松崎一派が革マル中央と決裂したという情報もあり、真相はさだかではない。2009年には、革マル派と関係があるとしてJR総連を家宅捜索した警視庁に対して、東京地裁が「関係は認められない」という判決を下している。

 天下の総理大臣がこんな不確かな話を根拠に野党攻撃をしていたのである。実際、安倍首相の発言は自民党内でも不評を買っていた。

「問題は革マル以前のことなんです。永田町では、献金の違法性ではなく、献金者にレッテルを貼って批判するのは、禁じ手。こんなことを言い出したら、いわゆるブラック企業や、労災で死者を出した大手企業から献金を受けている自民党の先生たちはすべて批判の的になってしまう。実際、安倍首相自身、ブラック企業からさんざん献金を受け、暴力団との関係までうわさされているわけですし。とにかく、こんなレベルの陰謀論をムキになって口にするのは首相としての『器』が問われる、という声が上がっていましたね」(自民党関係者)

 だが、安倍首相はこのJR総連叩きになみなみならぬ執念があったらしい。 実はこの少し前から、民主党とJR 総連の関係を洗い出すため、内閣情報調査室がフルに動いていたという。

「枝野氏の場合、10月29日に、パーティ収入243万円の記載漏れが産経新聞などに報じられました。翌30日には、JR総連の800万円献金をめぐる首相発言も出た。いずれも、同じ収支報告書を見れば分かる話。市民団体と称するグループが収支報告書の開示請求を行ったのですが、実際は内閣情報調査室が公安警察を使って調査に動いていたのではないかといわれている」(前出・政治部記者)

 さらに、内閣情報調査室が本丸とさだめて徹底調査をかけていたのがJR総連出身の田城氏だった。

「田城氏についても市民団体と称するグループが開示請求を行っていますが、内閣情報調査室もかなり熱心に調べていた」(前出・政治部記者)

 ところが、いずれのケースも安倍首相のあてはまったくはずれてしまった。枝野幹事長のケースはたんなる記載ミスだけで、安倍首相が針小棒大に叫んだ800万円献金も、他の民主党議員も受け取っている労組からの普通の献金にすぎなかった。

 また、田城氏についても違法性はなかった。12月24日、弁護士同席のうえで、田城氏は会見に臨んだ。田城氏によると、10月31日、総務省から「政治資金収支報告書の少額領収書(1万円以下)について開示請求があった」との通知が入ったという。通知を受けた田城事務所は、さっそく領収書と帳簿との突き合わせ作業を開始。すると、2011~13年の3年間で、1100万円に上る使途不明金が見つかり、ことし8月に公設第2秘書を辞めたY元秘書の着服が判明したのだという。

「市民団体を名乗った請求者は、JR総連の献金実態を調べたかったのでしょう。しかし、開示請求から2カ月たっても違法性のある献金は出てこない。逆に、田城氏が事務所内の横領事件を自ら暴いて浄化させるきっかけになったという皮肉な結果になっている」

 まさに安倍首相としては恥をかいただけに終わったわけだが、それにしてもいったいなぜ、ここまでJR総連にこだわっているのか。

 JR総連はたしかに内部的には非組合員へのいじめや嫌がらせなどの問題を抱えているが、革マル派との関係については前述したようにもはや形骸化しているとの見方が根強い。また、関係があるとしても、いまや新左翼セクトなんて風前の灯火。そんなものを針小棒大に騒ぎ立てているのは、新左翼対策の予算を死守したい公安警察くらいのものだろう。

「安倍さんはその公安にすっかり洗脳されているんだよ」
 
 と話すのは、ベテラン政治ジャーナリストだ。実は今、安倍首相が今井尚哉首相秘書官に次いで頻繁に会っているのは、そのJR総連問題を熱心にかぎまわっていた内閣情報調査室のトップ・北村滋内閣情報官なのだという。

「北村氏は警察庁の公安出身で、第一次安倍政権の時の首相秘書官をつとめていた。その頃から安倍首相のおぼえめでたく、日本版NSC立ち上げにも深く関わっている。第二次安倍政権の内閣情報官になってからはもっと関係が緊密になって、ほぼ毎日、日によっては何回も呼び出されて会っている。官僚の職分を超えて、側近中の側近になっていると言っていい。安倍首相はもともと左翼陰謀論のようなものが大好きだが、公安出身の北村氏にありもしない新左翼の脅威みたいなものを吹き込まれて、どんどん、民主党が革マルに操られているみたいなことを信じ込んでいるんだろう」

 さらにもうひとつ囁かれているのが、安倍首相の有力ブレーンのJR東海の葛西敬之名誉会長の影響だ。周知のように、JR東海とJR東日本は民営化の際の縄張り争以来、犬猿の仲の状態で、一連のJR総連=革マル説などもJR東海サイドからマスコミに流れているケースも多いという。

「松崎元委員長の死去でJR総連の力が弱まっている今、安倍首相と葛西名誉会長が“JR東日本の健全化“という名目で切り崩しを画策しているという見方もあります」(JR関係者)

 内閣情報調査室=公安を使った政敵潰しと陰謀論による組合追い落とし。冗談ではなく、日本はそのうち秘密警察が牛耳る国家になってしまうかもしれない。
(野尻民夫)

最終更新:2017.12.09 12:05

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

“民主党=革マル”の陰謀論を叫んで大恥! 安倍首相は公安に洗脳されている!?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。公安安倍晋三枝野幸男極左民主党野尻民夫の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 東京五輪がIOCにマラソン札幌開催を提案されるお粗末
2 嫌韓批判で炎上も…石田純一はブレない
3 内閣府がアパの右派活動を公益目的事業に
4 台風被害で後手後手も安倍首相は自治体任せで知らんぷり
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 「安倍政権が八ッ場ダムを復活させ氾濫防いだ」のデマ拡散
7 久米宏、さんま、村本も東京五輪批判
8 安倍自民党が台風被害対拡大の状況で予算委員会を強行!
9 安倍首相が台風被害拡大の中「ラグビー」勝利に大はしゃぎツイート
10 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
11 台東区ホームレス排除で跋扈する差別にウーマン村本が反論
12 北海道知事選でも安倍官邸が暗躍!野党は統一候補で対抗
13 「表現の不自由展」再開で立川志らくと竹田恒泰が“小学生以下”妄言
14 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
15 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
16 維新勝利で橋下徹が「反対した年配の人が死んじゃった」
17 「ノーベル賞は日本人ではありませんでした」報道で露呈したもの
18 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
19 岸田『ひるおび!』出演にネトウヨが
20 『モーニングショー』が「マリーモンドは反日」と嫌韓フェイク報道
1 久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2 安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4 明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5 『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6 『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7 『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8 文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9 埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10 安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11 菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13 安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16 『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17 GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20 『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

カテゴリ別ランキング


人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄