『マッサン』苦戦の原因?敵役サントリーが雑誌に「取り上げるな」と圧力説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
massan_141027.jpg
低視聴率の裏にはサントリーの横やりが…?(画像はNHK連続テレビ小説『マッサン』NHKオンラインより)


 視聴率の落ち込みが注目されている、連続テレビ小説『マッサン』(NHK)。第8週で週間平均視聴率が『あまちゃん』『ごちそうさん』『花子とアン』と続いていた20%台をはじめて割り(関東地区、ビデオリサーチ調べ)、先週放送の第11週では17.7%と最低視聴率を記録。「朝ドラ快進撃もついに終わりか」と囁かれている。

 だが、じつはドラマ本体とは関係のないところでも、『マッサン』は窮地に立たされていた。それは、大企業・サントリーからの“横やり”だ。

『マッサン』は、ニッカウヰスキーの創業者・竹鶴政孝と、彼の妻リタをモデルにした物語。政孝=亀山政春を玉山鉄二が、リタ=エリーをシャーロット・ケイト・フォックスが演じており、さらに政春を支え、後にライバルとなる鴨居商店の主・鴨居欣次郎役として堤真一が出演。この鴨居欣次郎のモデルというのが鳥井信治郎で、サントリーの創業者なのである。

 ドラマでは現在、鴨居のもとで政春がウイスキー蒸留所の試験を行っているが、これが現在もサントリーが操業する山崎蒸留所である。が、ドラマではいわずもがな、物語の山場は鴨居商店退職後に北海道・余市で大日本果汁(後のニッカウヰスキー)を起こすことにある。実際、『マッサン』効果でニッカの「竹鶴」「余市」などのウイスキーは大幅に売り上げを伸ばし、「竹鶴」にいたっては9月の時点で前年同月比62%増という驚異の数字を叩きだしている。

 当然、このドラマ効果がおもしろくないのはサントリーだ。サントリーには日本で最初のウイスキーをつくった会社という自負があるだけでなく、鳥居と竹鶴には確執があったともいわれており、ライバル関係を超えた対立がある。そのためか、サントリーは出版社に対して“ある通達”を行っていたというのだ。

「サントリーからの通達というのは、“『マッサン』のあやかり企画を記事としてやらないように”という内容でした。『あまちゃん』しかり、『花子とアン』しかり、これまで週刊誌をはじめとする雑誌では高視聴率を獲得する朝ドラに乗っかっていろんな企画を立ててきましたから、それをやめろと言っているわけです。その通達は宣伝部を通して編集部にも伝えられたのですが、サントリーといえば一大出稿主。いくらドラマネタをやりたくても、相手が相手だけに、さすがに編集サイドも手を出せません。他社の編集者からも“例の通達、来た?”と聞かれたほどなので、サントリーはきっとかなり手を回していると思いますよ」(雑誌編集者)

 実際、8月には「週刊現代」(講談社)がカラー企画でニッカウヰスキーを取り上げ、しかも前ページにサントリー・角ハイボールの広告を入れてしまったために、講談社はサントリーから猛抗議を受け、講談社への広告出稿を検討するとまで言われたらしい。

 本来なら、鴨居欣次郎を演じる堤真一のキャスティングはドラマのなかでも大きな目玉だったはず。とくに堤真一は関西出身者らしく嫌味のない大阪弁を披露し、ダメ男のマッサンとは対照的なカリスマを自然に演じている。この見どころがもっとフィーチャーされてもいいはずだが、メディアが報じるのは、視聴率低下の話題ばかり。たとえば、「週刊文春」(文藝春秋)は「マッサン〈玉山鉄二〉 激やせと視聴率20%割れの相関関係」と題して、結局は視聴率とは関係のない玉山が14キロも体重が落ちてしまった話を取り上げている。もともと視聴率の戦犯を叩くのはメディアの好物ではあるとはいえ、創業者モノやサクセスストーリー好きの雑誌が堤の役どころにスポットを当てないのは不自然なようにも感じられる。

 現状のウイスキーブームは『マッサン』効果もあるだろうが、それはサントリーがハイボールブームをつくった下地があったことも大きい。国産ウイスキーをさらに盛り上げるためにも、ここはサントリーも大人げなく圧力をかけるのではなく、フェアに戦ってほしい気もするのだが……。
(サニーうどん)

最終更新:2014.12.19 07:04

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

『マッサン』苦戦の原因?敵役サントリーが雑誌に「取り上げるな」と圧力説のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。サニーうどん圧力朝ドラの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 スポーツ選手に五輪問題を問うのは誹謗中傷でない!有森裕子、平尾剛の発言
2 「救急搬送困難」続出で菅首相が「重症・重症化リスク以外は入院させない」の棄民方針!
3 東京は濃厚接触者も検査できない!それでも西村康稔は「直ちに検査を」
4 安倍晋三が「東京五輪」語るも、1年延期の理由は大嘘 歴史改ざん
5 検察審査会「不起訴不当」は当然!桜前夜祭の損失補填に安倍本人関与の根拠
6 福島で甲状腺がんがさらに増加も黙殺
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 五輪関係者が入国当日、築地を散歩! 
9 五輪サッカー・久保建英が南アの陽性者に「僕らに損ではない」と無神経発言
10 感染3000人超でもテレビは五輪一色、加藤浩次が“五輪無罪”を主張
11 病床を削減した病院に消費税でご褒美…病床削減推進の改正医療法が成立か
12 IOC幹部の発言で安倍の責任が明白に…「1年以内延期」「再延期なし」ゴリ押し 
13 五輪海外選手の猛暑への批判に同調の為末大が猛暑懸念の声を「反安倍」と
14 感染3177人で小池百合子が会見トンズラ!「一人暮らしは自宅を病床」暴言も
15 首相官邸のSNSはやはり電通が仕切っていた! 高橋まつりさんも母親に
16 川島なお美が近藤誠の診断を告発
17 菅首相「五輪中止ない」の理由「人流減った」「新たな治療薬確保」は大ボラ
18 五輪で “濃厚接触者との対戦拒否できず”のルールがこっそりできていた
19 椎名林檎が「国民全員が組織委員会」
20 久米宏が終了決定のTBSラジオで田中真紀子と
1 検察審査会「不起訴不当」は当然!桜前夜祭の損失補填に安倍本人関与の根拠
2 大ウソだらけの東京五輪! 安倍・菅・森はどんな嘘をついてきたか
3 スポーツ選手に五輪問題を問うのは誹謗中傷でない!有森裕子、平尾剛の発言
4 「救急搬送困難」続出で菅首相が「重症・重症化リスク以外は入院させない」の棄民方針!
5 安倍晋三が「東京五輪」語るも、1年延期の理由は大嘘 歴史改ざん
6 五輪サッカー・久保建英が南アの陽性者に「僕らに損ではない」と無神経発言
7 菅首相「五輪中止ない」の理由「人流減った」「新たな治療薬確保」は大ボラ
8 感染者急増、医療逼迫でもテレビは「五輪金メダル」報道一色、コロナ無視!
9 五輪入場行進にすぎやまこういちの曲、杉田水脈のLGBT差別に同調
10 五輪海外選手の猛暑への批判に同調の為末大が猛暑懸念の声を「反安倍」と
11 五輪で “濃厚接触者との対戦拒否できず”のルールがこっそりできていた
12 感染3177人で小池百合子が会見トンズラ!「一人暮らしは自宅を病床」暴言も
13 五輪開会式演出の小林賢太郎が“ユダヤ人大量惨殺ごっこ”ギャグで解任!
14 組織委は「復興」ないがしろ!被災3県の子どもの深夜動員にも批判 
15 感染3000人超でもテレビは五輪一色、加藤浩次が“五輪無罪”を主張
16 五輪入場行進曲の作曲者名カットはすぎやまこういち隠し?それとも
17 東京は濃厚接触者も検査できない!それでも西村康稔は「直ちに検査を」

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄