ヒカキンは全然面白くない!あのミュージシャンが話題のYouTuberを酷評!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
hikakin_01_141119.jpg
ヒカキン公式サイトより「HIKAKIN PROFILE」


 このところ、YouTubeで驚異の動画再生数を誇るパフォーマー=YouTuberが注目を集めている。とくにヒカキンは大人気で、マックスむらい、バイリンガールちかとともにYouTubeのCMにも起用され、オールドメディアでも「新しいかたちの芸能人」という声があがりはじめた。

 ところが、その話題のYouTuber に、あるミュージシャンがかみつき、一部で話題になっている。

 それは2人組の音楽ユニット・ロマンポルシェ。のロマン優光氏がニュースサイト「ブッチNEWS」の連載に寄せた、「みんなが嫌いなYouTuber」という原稿。原稿によれば、自分のまわりでヒカキンについて「なんで、あんなつまらないもんが人気があるんだ! 理解できない」という声がよく聞かれるため、ヒカキンの動画をいろいろと見てみたというロマン氏。その感想を、以下のようにまとめている。

〈確かに面白くなかったです。でも、結論から言えば面白くないからこそ人気があるのかと。 ヒカキンさんのやってることはクラスの人気者程度のレベル。思いつきでなんかやって、たまに面白そうな顔芸もどきをする程度。確かに笑いとしてのレベルは低いです。でも、これでいいんですよ。高いレベルのお笑いなんてものを求めてる人なんて世の中そんなに居ないんですよ、多分〉

 そして、こう書いた後、〈美味しい店とか別に探したりせずに、チェーン店で全部すましてしまい特になんの不満もない人たち〉と同じように〈笑いに対して欲望が少ない人がいる〉と綴るのだが、ここからロマン氏はYouTuber人気に見る不安を述べる。

〈放送媒体とか紙媒体とかだと、放送作家やプロデューサー、編集者という人たちがいて、その人たちのセンスの良し悪しはおいといて、選別されたり手がいれられたりします。お笑いだったら、最低限のお笑いの歴史やフォーマットを踏まえたものでなければ出られないし、そうなるように矯正をされます。ネットで自分で発信するなら、そういった第三者の「編集」は加わることはないので生のままの状態で発信されます。その結果、ヒカキンさんぐらいの笑いでちょうどいい人がたくさんいるということではないでしょうか〉

 つまり、芸人や作家といったクリエイターが活躍の場としてテレビや出版業界を頼っていた時代には、自分以外の第三者が作品や表現に批評なりアドバイスなりをほどこし、選別していた。しかし、いまはその第三者が不在のまま、ネット上に表現を展開できる。そのなかには当然、レベルの低いものも混じっており、〈欲望の少ない人〉は無料のYouTubeでそれを楽しんでしまう……ということなのだろう。ロマン氏は、続けてこのように批評を展開する。

〈誰にでもわかるものには高度な表現として誰にでもわかるようになってるものと、程度が低すぎてバカにだってわかるようなものの2通りあって、それを混同しちゃいけないんですよね。混同してるとバカにでもわかるものじゃなくて、バカしか喜べないものがはびこってきてしまうんです〉

 たしかに、ロマン氏がいうように、YouTubeやニコニコ動画で人気を集める動画のなかには、“どうしてこれがこんなに再生されてるの?”と目を疑いたくなるようなものも多い。だが、テレビに出る芸人でも、有名雑誌に連載する小説家、マンガ家、メジャーのレコード会社からCDを発売するミュージシャンでも、「どうしてこれが?」と思うものは数多くあるのも事実だ。

 第三者の人間によってアイデアが加えられ、批評によって磨かれているはずなのに、どうして「つまらないもの」が生まれるのか。それは、放送作家や文芸編集者、マンガ編集者、音楽プロデューサーなど、古い“既得権益”の枠組みのなかで働く人々のレベルが下がっていることも理由のひとつだろう。

 もちこまれた表現に対してアドバイスをしなくてはいけないのに「好きか嫌いか」でしか判断できない、あるいは「危険な表現だから緩くしてほしい」と保守的に構える、これまでにない表現には「いまの流行りではない」と断定する……。こうした批評眼のない第三者が増えたのは、ネットの発展による“タコツボ化”が進んだ結果ともいえる。当然、“タコツボ”のなかで育った人間は文化の体系化もできないから、ロマン氏のいう〈歴史やフォーマットを踏まえ〉ることなどできない。このような第三者に失望して、ネット上に自分で表現を発表することで新風を吹き込んでいる優秀なクリエイターもたくさん出てきているのが現実ではないのだろうか。

 無論、ロマン氏が断っているように、〈センスの良い有能な(あくまでセンスの良い有能な人だけです)プロデューサーや編集者、批評家というのがどれだけ文化というものに貢献してきたかというのが逆説的によくわかります〉というのは、昨今のネット上の表現を見ていると、深く頷ける話でもある。

 ロマン氏は〈願わくば、色んな笑いの表現を知り、色んな笑いを楽しめるようになる子供たちが多くならんことを〉と原稿を締めているが、ネットという場を恐れるだけでなく、オールドメディアで働く編集者やプロデューサーには気概を示してほしいものだ。
(本田コッペ)

最終更新:2015.01.19 04:11

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

ヒカキンは全然面白くない!あのミュージシャンが話題のYouTuberを酷評!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。プロデュース本田コッペ編集の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍が宇野教授を任命拒否したのは宇野教授の父から批判された逆恨みか
2 『スシローと不愉快な仲間たち』12 安倍首相の寒すぎるポエム
3 検察がつかんだ「桜」前夜祭の公選法違反証拠!費用補填800万円の明細
4 小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
5 菅首相に飛ばされた元総務官僚が語った恐怖支配!「あそこまでひどい人は…」
6 小田嶋隆・武田砂鉄対談 前編 ツイッターで安倍政権とどう向き合うか?
7 中居がすべらない話でJのタブーに!
8 学術会議任命拒否 宇野重規教授が書評「暴君」論で菅首相批判か
9 植村隆の名誉毀損裁判で不当判決!櫻井よしこの捏造を無視
10 菅首相の遅すぎる「GoTo見直し」はキャンセル料補填しないためか!
11 大阪のコロナおざなり対策が酷すぎる!重症病床使用率もごまかし
12 日産ゴーン再逮捕で官邸、経産省主導説がますます濃厚に!
13 安倍「桜を見る会前夜祭」で会費を払っていない有権者、買収罪に相当
14 菅首相が生出演『ニュースウオッチ9』めぐり内閣広報官がNHKに圧力
15 『あさが来た』は籾井の機嫌取り企画
16 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
17 安倍がインスタで星野源とのコラボ動画アップもコメント欄に批判殺到
18 菅、安倍、森がバッハ来日で…コロナ隠しにGoTo続行、NHKに圧力
19 コロナ再拡大の最大の戦犯は菅首相!専門家の指摘無視「静かなマスク会食」
20 菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
1 菅首相が生出演『ニュースウオッチ9』めぐり内閣広報官がNHKに圧力
2 菅首相に飛ばされた元総務官僚が語った恐怖支配!「あそこまでひどい人は…」
3 安倍晋三が調子に乗っている! 極右集団「創生日本」再始動
4 菅首相の遅すぎる「GoTo見直し」はキャンセル料補填しないためか!
5 大阪のコロナおざなり対策が酷すぎる!重症病床使用率もごまかし
6 菅、安倍、森がバッハ来日で…コロナ隠しにGoTo続行、NHKに圧力
7 コロナ再拡大の最大の戦犯は菅首相!専門家の指摘無視「静かなマスク会食」
8 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
9 検察がつかんだ「桜」前夜祭の公選法違反証拠!費用補填800万円の明細
10 安倍が宇野教授を任命拒否したのは宇野教授の父から批判された逆恨みか
11 学術会議任命拒否 宇野重規教授が書評「暴君」論で菅首相批判か
12 小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
13 小田嶋隆・武田砂鉄対談 前編 ツイッターで安倍政権とどう向き合うか?
14 『スシローと不愉快な仲間たち』12 安倍首相の寒すぎるポエム

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄