なぜアイツはいちいち気に障るのか?「余計な一言」5大地雷を解剖

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
yokeinahitokoto_01_140917.jpg
『余計な一言』(新潮新書)

 うっかり口を衝いて出た一言で、場が凍ってしまった。悪気なく発した言葉が、なぜか相手を怒らせてしまった。

 そんな“余計な一言”で人間関係を悪化させてしまった経験、多かれ少なかれ誰しもあるだろう。「ついうっかり」「ポロリと本音が出ちゃって」で済まされがちだが、実はこれらの不用意な一言はすべてコミュニケーションの“失点”。確実にあなたの評価をマイナスにしている要因なのだ。

『余計な一言』(齋藤孝/新潮新書)はそういった28の地雷発言を徹底解剖。言葉の選択を誤ったせいで自らの首を絞めている人々を例に挙げ、“余計な一言”のデメリットとリスク、それを発してしまう人のコンプレックスを的確に解き明かしている。

 本書の中でもとりわけ思い当たる節が多いであろう具体例を紹介してみよう。あなたもひとつやふたつ、絶対心当たりがあるはず!

■「だって」「でも」「しかし」は過剰な自己防衛の現れ

「なんであんなことしたのよ」「だって、あの時は……」「言い訳はやめて!」

「だって」「でも」といった逆説の接続詞は、過剰な自己防衛心理の表れ。窮地に追い詰められたときにこれを口走ってしまう人は、「自分を無駄に守ろうとしている」。その態度が相手を余計にイライラさせていることに気づくべき。心当たりがある人は、普段から逆説の言葉を使わないよう訓練をしておこう。


■毒舌はプロの技術、素人は有吉を気取るな!

 ちょっと気の利いたことを言おうと、ちょいちょい会話に“毒”を盛ってくる人。笑いを取るつもりで揚げ足を取っていることに気づかない人。公の場で「毒舌家ぶってやらかしている」人に共通しているのは、実は「他人をスッキリと褒めたくない」という屈折した心理、そして「本音をいうことは誠実なこと」という子供っぽい思い込みだ。有吉弘行の鋭い毒舌はプロの仕事。素人が真似ても火傷するだけ。ブラックなジョークには細心の注意を払おう。

■男女のケンカが無限ループさせる一言

「ごめんね」「反省しているならもういいよ」「うん、本当にごめん」「でもさあ、なんでああなるわけ?」「……ごめんね」「俺には理解できないよ、そもそもさあ」「だからさっきから謝ってるじゃない!」

 くどい説教からの逆ギレ展開は、夫婦や恋人間で起きるケンカのよくあるパターン。怒りの論点はひとつのはずだったのに、“余計な一言”をくどくど重ねたせいでケンカが終わらないという悪循環。このループから脱け出すためには、怒っている側が「ここが一番嫌だ」「次からはこうしてほしい」と具体的な改善点やルールを簡潔にわかりやすく相手に伝えることが肝心。しつこい責めの言葉は新たな怒りを誘発するだけなので用心すべし。


■飲み会に「行けたら行く」という奴はがさつ

「来週の飲み会どう?」「うーん、仕事次第かな。行けたら行くってことで……」

 飲み会でも同窓会に限らず、集まりの直前までこういうはっきりしない返事をする人間が必ずいるもの。幹事にとってはたいへん迷惑なこの一言は、発言者のしっかりNOと言えない優柔不断さ、社会性の欠如が表れている。そういう人はたいてい仕事の対応も遅いタイプ。返事は早めにはっきりと断ることが相手のメリットになる場合もあるということを理解しておこう。


■プラスの話題には必ず「私」を絡ませる奴は自己顕示欲の塊

「ヒットした◯◯くんの企画、私がアドバイスしたんですよ」「へー、あなたはそうなんだ。でも私の場合はね(以下、延々と自分の話題)」

 成功した企画や業績に必ず「私」を絡ませる人、どんな話題でも強引に「私」の話にすり替えてしまう人。彼らの背景にあるのはとにかく「私を認めて!」という強い自己顕示欲だ。いつでもどんな話題でも「私自慢」「私ネタ」につなげずにはいられないのは、その場を客観視できない“痛い人”である証拠。これは男女問わずすべての人が陥りがちな罠なので、日常会話の中で「私が、私が」になっていないかチェックしてみよう。
 
 この他にも「はいはい」「ごめんごめん」と同じ言葉をリピートする人、思ったことをそのままSNSで発信する人、何でもかんでもネガティブな返事しかしない人など、読んでいてギクッとしたり、「あの人はコレだ!」と膝を打つ事例が満載。だがそれぞれの改善ポイントも的確に紹介されているのが心強い。読んだ先からすぐ実践できる、コミュニケーションの頼れる処方箋だ。
(阿部花恵)

最終更新:2018.10.18 05:36

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

余計な一言 (新潮新書)

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

なぜアイツはいちいち気に障るのか?「余計な一言」5大地雷を解剖のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。あるあるコミュニケーション阿部花恵の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 吉村洋文知事「命の選別」発言は事実! “治療を高齢者から若者に”
2 『スシローと不愉快な仲間たち』12 安倍首相の寒すぎるポエム
3 安倍が宇野教授を任命拒否したのは宇野教授の父から批判された逆恨みか
4 検察がつかんだ「桜」前夜祭の公選法違反証拠!費用補填800万円の明細
5 小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
6 中居がすべらない話でJのタブーに!
7 小田嶋隆・武田砂鉄対談 前編 ツイッターで安倍政権とどう向き合うか?
8 菅首相に飛ばされた元総務官僚が語った恐怖支配!「あそこまでひどい人は…」
9 学術会議任命拒否 宇野重規教授が書評「暴君」論で菅首相批判か
10 安倍政権御用ジャーナリスト5位〜大賞発表!
11 『あさが来た』は籾井の機嫌取り企画
12 葵つかさが「松潤とは終わった」と
13 植村隆の名誉毀損裁判で不当判決!櫻井よしこの捏造を無視
14 橋下徹がコロナ対策過剰論を主張するため「熱中症ではそんな対策してない」
15 大阪都構想住民投票に58億円 吉村知事「イソジン会見」の裏側も発覚
16 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
17 大阪のコロナおざなり対策が酷すぎる!重症病床使用率もごまかし
18 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
19 トランプ的どっちもどっち論横行の日本
20 THE MANZAIウーマン村本のもう一つの凄さ
1 菅首相が生出演『ニュースウオッチ9』めぐり内閣広報官がNHKに圧力
2 安倍晋三が調子に乗っている! 極右集団「創生日本」再始動
3 菅首相の遅すぎる「GoTo見直し」はキャンセル料補填しないためか!
4 大阪のコロナおざなり対策が酷すぎる!重症病床使用率もごまかし
5 菅、安倍、森がバッハ来日で…コロナ隠しにGoTo続行、NHKに圧力
6 コロナ再拡大の最大の戦犯は菅首相!専門家の指摘無視「静かなマスク会食」
7 吉村洋文知事「命の選別」発言は事実! “治療を高齢者から若者に”
8 検察がつかんだ「桜」前夜祭の公選法違反証拠!費用補填800万円の明細
9 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
10 安倍が宇野教授を任命拒否したのは宇野教授の父から批判された逆恨みか
11 学術会議任命拒否 宇野重規教授が書評「暴君」論で菅首相批判か
12 『スシローと不愉快な仲間たち』12 安倍首相の寒すぎるポエム
13 小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
14 小田嶋隆・武田砂鉄対談 前編 ツイッターで安倍政権とどう向き合うか?
15 「桜を見る会」安倍前首相の大嘘答弁・醜態総まくり

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄