女性アシスタントのマンガに興奮して…エロマンガ家の意外な日常

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
eronichijou_01_140801.jpg
『まるせい』(少年画報社)

 少年の知的好奇心と股間を刺激し、青年の下心と妄想を膨らまし、おっさんの失った過去を色鮮やかに思い出させる、男の人生にとって、欠かすことのできない「エロマンガ」。だが、その作り手であるエロマンガ家の生態は謎に包まれている。彼らはいったい、どのような日々を過ごし、どんなことを考え、どういったことをしながらあんなヌルグチョエロマンガを描いているのだろうか。

 安い原稿料に微々たる印税、結果ついてまわる貧困。読者からネットなどでボロクソに叩かれる。連載している雑誌が警察にガサ入れされる。出版社が原稿を紛失し、単行本化されない。一般誌の人気作品に対して嫉妬を抱きつつ、「なぜ、自分には描けないのか」と絶望を深める、などなど、きっとその日常は悲惨極まりないはずだ。

 などと想像していたら、そのエロマンガ家の生態を描いているマンガがあると聞いた。『まるせい』(少年画報社)という成人マンガを表す業界用語をタイトルにした作品で、作者は20年以上をエロマンガ家として過ごした、エロマンガ界の古参ともいえる花見沢Q太郎。内容は、本人曰く「62%の事実と46%の絵空事でできています」という。やけに中途半端な数字と、足すと100%を超えるところが気になるが、自伝的な作品で、エロマンガ家の日常がけっこうリアルに描かれているようだ。さっそく読んでみると……。

 なんと、編集者とごはんを食べつつ酒をたしなんでいる描写があるではないか! しかも、すごく和気あいあいとしており、仲が良さげだ。おかしい……マンガ家と編集者は犬猿の仲ではないのか。編集者はマンガ家のケツを叩き、原稿を催促し、ときには作品の引き延ばし、ストーリー・設定の変更を行おうとする存在で、マンガ家はそれに抗いながらも、締切を守らず、編集者に対する不平不満を作品内などでぶちまける、という構図が古くから成り立っているのではなかったか。その代表的なものとして『アラタカンガタリ〜革神語〜』の作者である渡瀬悠宇が作品の方向性をねじ曲げられたと、編集者によるパワハラ被害を告発したという事件もあったではないか。『まるせい』では、そんな醜い対立を微塵も感じさせないどころか、編集者と朝までカラオケにいってたりするのだから、パラレルワールドの出来事なんじゃないかという疑いさえもってしまう。ううむ、これはさっそくのギャップである。

 おっと、同じエロマンガ家同士で親睦を深めている描写もあるではないか。おかしい。エロマンガ家はたったひとり、孤独に黙々とヌレグチョな絵を描き進め、友人なんかももちろんおらず、下手すれば家族にさえも縁を切られているような、そんな人間ではないのか。それなのに『まるせい』では、主人公が同じ雑誌で描くエロマンガ家たちに単行本発売記念パーティーなんか開いてもらっているし、なんだったら、原稿がピンチのときにはエロマンガ家仲間が集まり、全員が一丸となって原稿を描くシーンとかもある。おかしい、こんなの反道徳的なことを描いている人間のすることじゃない。これでは、これではまるで……いや、結論を急ぐのはやめよう。きっと、もっとえげつない、顔を背けたくなるようなドロドロの醜いシーンがあるはずだ。

 くそう! 主人公の野郎、女性のアシスタントなんて雇ってやがる! しかもなんだお前この野郎、良い仲になっちゃってるじゃないか……。たしかに、徹夜作業とか続く仕事ではあるし、ひとつの部屋の中で何時間も一緒なら、良い仲になるのも当然といえば当然だろうさ。描いてる内容も内容だし、「徹夜でなんだか ハイな気分になっちゃって」とか言ってまぐわうというのもわからんでもない。花沢健吾の『アイアムアヒーロー』でも、序盤でマンガ家とアシスタントが関係をもっていたと思える描写があることからも、業界的になくはないことなんだろう。しかし、しかしだ。エロマンガ家がそれをしちゃったらダメだろう! 非リア充を慰めるマンガを描く人が、そんなまるで、リ、リ、リア充のようなことをしてちゃあ読者はなにを信じればいいんだ……。

 しかも、その関係をもったアシスタントが卒業し、同じエロマンガ誌で連載を開始。内容を拝見しているうちに興奮し、自分で自分を慰めはじめる、なんてシーンも登場する。エロマンガを女性マンガ家が描いているという時点で興奮するのに、それが顔見知り、しかも関係をもった仲なら、興奮もひとしおだろう。昔、ヤっちゃった同級生がAVに出ているような感覚に近いのかもしれない。ああ、オナニーなのに、すごくうらやましい。

 エロマンガ家のオナニーはもっとこう鬱々とした惨めな感じのものなんじゃないのか。たとえば、東浩紀が絶賛するほどのロリマンガの描き手、クジラックス先生はエロシーンを描いているときには、自分で実際にオナニーできるかどうかでそのエロさを確認するという話がある。こういう、もう本当にどうしようもない話を求めているのに、ページをめくれば出てくるのはリア充とみまがうばかりのシーンの連続。思わず「こんなの絶対おかしいよ」と某有名魔法少女アニメばりのセリフが飛び出してしまうほどだ。

 そんな、ある意味で驚愕のエロマンガ家の生態が描かれた『まるせい』。エロマンガ読者を絶望の谷底へたたき落とすかのような作品ではあるが、マンガ家にとってはある意味で福音ともいえる作品なのかもしれない。デビューできるかどうかわからないまま、編集者にひどいことをさんざんいわれながら少年マンガを描いているより、いっそ開き直ってエロマンガを描いたほうが、明るい未来が待っているのかもしれないからだ。まあ、保証はできないので、その選択は、あくまで自己責任で行っていただきたいが……。
(オンダヒロ)

最終更新:2014.08.01 06:27

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

まるせい 1巻 (ヤングキングコミックス)

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

女性アシスタントのマンガに興奮して…エロマンガ家の意外な日常のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。エロマンガ職業の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 ジャニー社長の容体巡るジャニーズ事務所の情報統制の裏
2 望月衣塑子原案の映画『新聞記者』の安倍政権描写がリアル
3 三原じゅん子の演説がカルトすぎる!
4 中華料理チェーンを不当解雇され訴えたら…
5 安倍首相が辛坊治郎の番組で“参院選の事前運動”!
6 秋篠宮家の料理番がブラック告発
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 ジャニーさん“緊急入院”でマスコミは病院に詰めかけたが…
9 吉本興業会長が沖縄米軍基地跡地利用の有識者懇メンバーに
10 東山紀之が“反ヘイト本”を出版
11 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
12 堀江貴文が「デモの絵面がヤダ」「税金泥棒は捨て台詞」
13 テレ朝が政権批判した経済部長を報道局外し
14 TOKIO安倍の会食で露呈したジャニーズ情報番組進出の危険
15 DT浜ちゃんの息子がシティボーイ!?
16 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
17 交番襲撃“父親が関テレ常務”より「元自衛官」
18 拍手・起立を井筒監督と松尾貴史が批判
19 ジャニーズ事務所が分裂寸前!?
20 堀江貴文「税金泥棒」発言で晒した年金問題への無知と頭の悪さ
1 安倍首相と省庁幹部の面談記録が一切作成されなくなった!
2 くりぃむ上田晋也が“政権批判NG”に敢然と反論
3 金融庁報告書で厚労省年金局課長の驚愕無責任発言
4 産経新聞コラムが「引きこもりは自衛隊に入隊させて鍛え直せ」
5 安倍首相が「老後2000万円」追及に逆ギレ!
6 菅官房長官が望月衣塑子記者への“質問妨害”を復活
7 金融庁「年金下がるから資産運用」報告書で麻生太郎が開き直り!
8 F35捜索打ち切りと大量購入続行でNHKが「背景に政治性」と報道
9 金融庁炎上の裏で安倍政権が「年金」の“不都合な事実”を隠蔽!
10 防衛省イージス・アショア失態 、玉川徹が原因を喝破!
11 長谷川豊が部落差別発言「謝罪文は馬場幹事長が作った」
12 講談社「ViVi」の自民党広告は公選法違反か!
13 映画『主戦場』上映中止要求の右派論客に監督が徹底反論!
14 渡辺謙が語った『ゴジラ』出演と震災、原発、戦争
15 マンガ『スシローと不愉快な仲間たち』第1話
16 田崎史郎「65歳から年金もらってます」
17 川崎殺傷事件「不良品」発言こそ松本人志の本質だ!
18 香港市民はデモの力示したが、日本は…
19 松本人志が「不良品」発言問題で謝罪も説明もなし!
20 農水元次官子ども殺害正当化は、橋下徹、竹田恒泰、坂上忍も

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄