辻仁成が中山美穂との離婚のいきさつ告白「彼女に新しい人が…」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
tujijinsei_01_140728.jpg
画像は「Jinse TSUJI Hitonari Official Web Site」より


 中山美穂との離婚を発表した作家・辻仁成が、新刊である日記エッセイ『不屈』(キノブックス)で、現在の苦しい心境を告白している。

 まず、今年3月にふたりの離婚が噂されたときには、辻の“中性化”が離婚の原因と報道されていたが、その後、今度は逆に中山と音楽家・渋谷慶一郎のただならぬ仲が明るみに。結局、離婚発表時には10歳になる長男の親権を辻がもつことが公表された。

 辻はこの一連のいきさつと、離婚後の胸の内を本書のあとがきで明かしているのだが、これによれば、辻が中山の“異変”に気付いたのは昨年の12月。それでもすぐに離婚を考えたわけではなく、中山が自分のもとに戻ってくることを待っていたという。

「彼女に新しい人ができたということを昨年末に知ってはいたが、それは誰にでも起こり得る一時的な気の迷いであろうと、時による回復を静かに待った。けれども、願いは届かず、離別は避けられないところにきた」

 辻は関係の修復を期待したものの、中山には逃げられてしまったというわけだが、その最後も「離婚届が自宅に届いた」という、じつにあっさりしたものだったようだ。

 本書は2012年からニコニコチャンネルで発表していた日記を抜粋、まとめたもの。そのため、「正直、読み進めることのできなくなる場面や瞬間が幾度とあった」と、辻はあとがきで述べている。そして、

「あの時、あの瞬間、気がつかなかったのか、気がついてやれなかったのか、という激しい後悔が打ち寄せた。夫であり、父親であった自分の責任を思った」
「実際、感謝しかなかった」
「このような結果になった現在も、この十二年間への、ありがとう、の一言しかない。三人で、共に手を合わせて頑張ってきた、いい思い出のほうが圧倒的に多いのだから……」

 と、幸福な日常を失ってしまったことを悔やむ思いを切々と綴っているのだ。

 たしかに本書の日記を読むと、辻の切ない気持ちもわからなくもない。クリスマス前には、息子がサンタからのプレゼントとして楽しみにしている任天堂のWiiを買い求めたり、かと思えば、息子の晴れ舞台であるクリスマスコンサートの出演時間を間違えて夫婦ふたりカフェで珈琲を楽しんでしまったり。また、辻がパリを留守にしているときには、ふたりはLINEで長話。辻の監督作品『醒めながら見る夢』の英語タイトルを中山が必死に考えるなど、仲むつまじい家族の様子が見てとれる。

 また、もっとも悲しいのは昨年12月3日の日記だ。その日のタイトルは、「世の中の“期待”に辟易する」。世間から“辻には愛人がいるに違いない”と思われてしまっていることを嘆いた日記なのだが、その中身が悲哀に充ちている。辟易としているわりに辻は、まわりの知人から口々に「辻さんには可愛い金髪の恋人が一人や二人いるに違いない」「料理もできるし、踊れるし。ぜったい、愛人がいるに違いない」「そうよ、辻さんはパリか京都辺りに可愛らしい若い美しい恋人がいるんでしょ?」「世の中の君のことを知っている人間はみんな百パーセント、君には愛人がいると信じている」などと言われるのだと子細に記述。いかにも辻らしいナルシズムが全開状態の日記だが、こうして浮かれて綴っているあいだに中山のほうが浮気真っ只中だったのかもしれないのだ。

 さらに、中山の心変わりに気付いたあとだと思しき年末には、「おいらのような人間を支えてくれた家族へのありがたさ」から「昨夜、一晩泣いていた」と書き、「もし、妻や息子に先立たれたら」と考えるほどに追い詰められている。ついにはそんな自分を奮い立たせたかったのか、大晦日の日記のタイトルは、「世界はまだ俺を発見していない」。──いつもならキザすぎて鼻につく辻節が、なぜか泣けてくるから不思議である……。

 しかし、不可解なのは“キャラ変”ともとれる辻の変わりようだ。いまは世間からも同情されるほど傷心で悲しみに浸る辻だが、もともとは相当な“稀代のオレ様”キャラだったはず。たとえば、前妻・南果歩は「指輪や家具を買うお金があったら1フィートでも多く(映画の)フィルムを買ってください」と話すほどに辻を公私の両面から支えていたにもかかわらず、一方の辻は監督作の主演に抜擢した新進女優のyuma(現在は三谷幸喜と結婚)に入れあげ、不倫状態に陥り、結果、南とは離婚。続く中山とは、初対面にもかかわらず「やっと会えたね」と恥ずかしげもない寒々しい口説き文句で落とし、辻の原作・中山主演で製作が進められていた映画『サヨナライツカ』にも辻があれこれと介入。業を煮やした行定勲監督が降板するという事件も起こっている。

 このように、自分の思うままに生きてきたにも関わらず、いまや昔が嘘かのように不甲斐なさを露わにする辻。結婚当初は“典型的なだめんず好き”と思われていた中山だが、あの辻仁成をここまで去勢してしまうとは……。この誰もが想像しなかったエンディングには、思わず「トレヴィアン!」と拍手したくもなるというものだ。
(サニーうどん)

最終更新:2017.12.07 07:46

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

辻仁成が中山美穂との離婚のいきさつ告白「彼女に新しい人が…」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。不倫中山美穂辻仁成離婚の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 『いだてん』が韓国併合で朝鮮出身選手が日本代表になった悲劇を描く
2 田中復興相が「自主避難者は担当外 福島県の責任」と大嘘
3 岡村隆史が『PRODUCE 101』で韓国人練習生にセクハラ・差別連発!
4 安倍首相がTwitterでも台風被害を無視しラグビーW杯に大はしゃぎ!
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 元AKB48大島麻衣の“嫌韓ネトウヨ”への反論がカッコいい
7 英軍ラグビーチームの靖国訪問にイギリスで批判殺到、大問題に!
8 安倍内閣大臣と暴力団の密接交際発覚も不問状況にほっしゃん。が
9 安倍自民党「公約の9割成果」の嘘を検証
10 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
11 『いだてん』が関東大震災「朝鮮人虐殺」を示唆!
12 安倍政権が米ジャパンハンドラーに3億円の寄付
13 旭日旗問題で國村隼の発言は正論だ! 
14 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
15 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
16 東山紀之が『旅サラダ』で菅官房長官の名前出し神田正輝も最敬礼
17 千葉の復旧遅れ テレビで政府の責任追及がタブーに! 坂上忍も羽鳥慎一も
18 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
19 『いだてん』俳優・古舘寛治の安倍批判ツイートがキレキレ
20 田母神を担いだ百田、中西の責任
1 久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2 安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4 明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5 『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6 『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7 『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8 文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9 埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10 安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11 菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13 安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16 『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17 GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20 『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

カテゴリ別ランキング


人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄