慶應幼稚舎に金で入るにはいくらかかる? コネ入学者の割合は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
keiouyoutchisha_01_140722.jpg
『慶應幼稚舎と慶應横浜初等部』(朝日新書)

 秋元康、郷ひろみ、清原和博、松岡修三──。これら著名人の共通項が何かお分かりだろうか。そう、お受験の最高峰といわれる慶應義塾幼稚舎に子息を入学させた面々だ。慶應義塾大学の付属小学校である慶應幼稚舎は、そのユニークで自由な教育方針、強固なブランド力で、お受験ママから絶大な人気を誇る小学校である。

 そんな慶應幼稚舎に変化が起きたのは2013年4月のことだった。同じ付属小学校として慶應義塾横浜初等部が新設されたのだ。しかも、創立早々、本家・慶應幼稚舎を凌ぐほどの人気学校となっている。

 いったいこの2つの付属小学校はどんな学校なのか。どういう差があるのか。そして、お受験にまつわるあの噂は本当なのか?

 幼児教室「アンテナ・プレスクール」校長で、お受験界のカリスマといわれる石井至氏が著した『慶應幼稚舎と慶應横浜初等部』(朝日新書)には、2つの付属小学校にまつわる驚くべき裏話が暴かれていた。

 その前にまず、両校の教学内容を紹介しておこう。小中一環の慶應幼稚舎はかなり“特殊”である。6年間クラス替えがなく担当教諭も同じ、しかも担当によってクラスの運営方法が違う。さらに教育方針は「勉強は強制しないし、勉強は家庭の責任」という自己責任だ。だが「児童一人ひとりの興味の方向と程度に応じて、ぴったりの教育を与えてくれる」、個性を伸ばす自由闊達な方針だといっていい。

 一方の横浜初等部はそれとは正反対といっていいものだ。それは「学校で勉強はしっかり教える」ということ。これは当たり前のように聞こえるが、慶應幼稚舎がそうではないので、大きな特徴になる。幼稚舎は勉強を熱心に教えないが、横浜は勉強重視ということらしい。また中学はなくて小学校オンリーだが、2年ごとにクラス替えをするし担当も変わる。当然、お受験の内容も、慶應稚舎は体操や行動観察がメインになるが、横浜の方が“お勉強色”が強くなる。授業料は慶応幼稚舎の初年度約154万円に対して約186万円と、横浜初等部のほうが割高だが、それでも人気があるのはこの勉強重視という方針ゆえだろう。

 さて、幼稚舎か横浜初等部か、あなたは子どもをどっちに行かせる? なんていう夢を見てもらうために、この本を紹介しているわけではない。本書を読むと、幼稚舎だろうが、横浜だろうが、そんなものは所詮、庶民にとって手の届かない存在であることがよくわかる。

 冒頭で子どもを幼稚舎に入れている有名人の名前を列挙したが、慶應幼稚舎も横浜初等部も、セレブの子弟がほとんど。そんなところから、慶應のお受験には様々な噂が流布される。曰く、コネがないと入れない。曰く、裏金を積まないと入れない。それらの問いに、お受験のプロである著者はさらりとこう言ってのけるのだ。

「コネや寄付金で入学している人はせいぜい4人に1人程度」

 入学者の4分の1──。この数字は「せいぜい」どころの話ではないだろう。受験の“常識“にならされた著者にとっては「せいぜい」かもしれないが、普通に考えればその比率は驚くほど高い。具体的に言うと祖父母の両方、あるいは片方が幼稚舎出身でかつ父母も同様の3代目の子どもは圧倒的に合格率が高いという。

 さらにお金である。筆者はある親から幼稚舎に入るには「8000万円」必要という話を聞いたがそれは「詐欺だ」と断言する。その理由は「金額が低すぎる。そんな『端金』では合格しない」からだ。その上でこんな驚くべき話を口にするのだ。

「私の取材したところでは、お金で慶應幼稚舎に合格するには、最低10億円は必要だ」

 じ、じゅうおく? これは裏金はなく、寄付金だというが、本当だとしたら桁違いの数字ではないか。実際にこんな話も存在するという。

「日本人であれば誰でも知っているIT長者は、子供を慶応幼稚舎に入れている。彼の場合は、40億円の寄付をしたと言われている」

 現実社会で起こっていることとは思えない話だが、そこまでして幼稚舎に入れても、落ちこぼれて中学や高校で中退するケースもあるし、大学でも一般入学者との学力差は歴然で、授業についていけない内部進学者が続出している、という話もよく聞く。
 
 また、親の中には幼稚舎受験の際に、あわよくば、将来は慶應大の医学部へ、という希望を抱いている人も多いと思われるが、幼稚舎から医学部へ進学する子どもはゼロに近いらしい。もちろん医者になる子どもはいるが、多くは「高校から親の出身の私立医大を受験している」のだとか。

 では、いったいなんのためにそんな巨額の金を積んでまで入学させたがるのか。一般庶民には驚きの連続だが、これが名門慶應幼稚舎、そして日本の上流階級の実像なのかもしれない。

 最後に幼稚舎出身の著名人を上げておこう。ニュースキャスター・木村太郎、お天気お兄さんの石原良純とその2人の弟、元プロテニスプレーヤーの松岡修造、女優の二谷友里恵、ユーミンの夫・松任谷正隆、大金持ちモデルの森泉。そして、ネトウヨのアイドル・竹田恒泰──。うーん、確かに“独特”である。
(林グンマ)

最終更新:2018.10.18 05:39

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

慶應幼稚舎と慶應横浜初等部 (朝日新書)

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

慶應幼稚舎に金で入るにはいくらかかる? コネ入学者の割合は?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。お受験慶應の記事ならリテラへ。

フィフィが水原希子に狡猾なヘイト攻撃

1 安倍首相が統計不正に「選挙5回勝ってる」とヤジ
2 嫌韓批判で炎上も…石田純一はブレない
3 渡辺謙が東京五輪の東北無視を批判!五輪の人命軽視がひどい
4 安倍政権が拉致被害者の生存情報を隠し
5 玉川徹が中国人のマナーをあげつらう自番組を批判!
6 勤労統計不正で厚労省委員が官邸と菅長官の圧力を証言
7 安倍首相「自衛隊募集に6割以上の自治体が協力拒否」は嘘だった
8 小川彩佳アナが『NEWS23』キャスター就任か!
10 青山繁晴議員が「僕と握手したらガンが治った」と吹聴
11 厚労省に圧力をかけた首相秘書官は安倍首相の子飼い官僚
12 安倍「私は森羅万象を担当」発言の背景
13 北方領土の日、「日本固有の領土」の主張が消えた! 
14 首相官邸の望月記者排除に新聞労連が抗議声明
15 ウーマン村本が朝鮮学校差別を煽る政治とメディアを痛烈批判
16 フィフィの蓮舫デマに新聞が丸乗り! 背景に安倍忖度と女性蔑視
17 小川彩佳アナ退社の要因はテレビ朝日の安倍政権忖度か
18 安倍がトランプ「ノーベル賞に推薦された」で世界に恥
19 辻元清美の外国人献金に大騒ぎする夕刊フジの愚劣
20 「安倍がトランプをノーベル賞に推薦」を海外メディアが

カテゴリ別ランキング

社会

  1. 1「安倍がトランプをノーベル賞に推薦」を海外メディアが
  2. 2 安倍首相が統計不正に「選挙5回勝ってる」とヤジ
  3. 3フィフィの蓮舫デマに新聞が丸乗り! 背景に安倍忖度と女性蔑視
  4. 4安倍政権が拉致被害者の生存情報を隠し
  5. 5渡辺謙が東京五輪の東北無視を批判!五輪の人命軽視がひどい

ビジネス

  1. 1不適切動画バイトを血祭りにあげるマスコミとネットの異常
  2. 2セブン-イレブンオーナーの自殺続出
  3. 3セブン-イレブン仰天の仕入価格とは?
  4. 4ブラック大賞セブンの実態総まとめ!
  5. 5セブンイレブンの加盟店搾取がヒドい

カルチャー

  1. 1直木賞受賞『宝島』が突きつけた「沖縄問題」の本質
  2. 2ホリエモン、真央のタクシー叩きは弱い者いじめ
  3. 3白井聡が「靖国に歴史的大義がない」
  4. 4きゃりーの愛読書がグロすぎる!
  5. 5追悼・橋本治が安倍政権と日本会議が語る「伝統」を喝破

芸能

  1. 1 橋本聖子が池江選手の病を利用しスポーツ界の不祥事放置を宣言
  2. 2「憲法9条を守れ」と主張する芸能人
  3. 3嵐・大野智に決意させた同棲謝罪会見強要
  4. 4『スキャンダル専門弁護士』が伊藤詩織さんやはあちゅうを揶揄
  5. 5SKY-HIが日本の鎖国状態に危機感

@litera_webさんをフォロー

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

話題のキーワード

  1. 1アベを倒したい!
  2. 2メディア定点観測
  3. 3ネット右翼の15年
  4. 4ブラ弁は見た!
  5. 5左巻き書店
  6. 6横田 一
  7. 7「売れてる本」の取扱説明書
  8. 8安倍晋三
  9. 9SMAP
  10. 10半井小絵
  11. 11ネトウヨ
  12. 12政治からテレビを守れ!
  13. 13玉川徹
  14. 14反日
  15. 15編集部
  16. 16梶田陽介
  17. 17宮島みつや
  18. 18日本会議
  19. 19櫻井よしこ
  20. 20噂の真相
  21. 21中居正広