慶應幼稚舎に金で入るにはいくらかかる? コネ入学者の割合は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
keiouyoutchisha_01_140722.jpg
『慶應幼稚舎と慶應横浜初等部』(朝日新書)

 秋元康、郷ひろみ、清原和博、松岡修三──。これら著名人の共通項が何かお分かりだろうか。そう、お受験の最高峰といわれる慶應義塾幼稚舎に子息を入学させた面々だ。慶應義塾大学の付属小学校である慶應幼稚舎は、そのユニークで自由な教育方針、強固なブランド力で、お受験ママから絶大な人気を誇る小学校である。

 そんな慶應幼稚舎に変化が起きたのは2013年4月のことだった。同じ付属小学校として慶應義塾横浜初等部が新設されたのだ。しかも、創立早々、本家・慶應幼稚舎を凌ぐほどの人気学校となっている。

 いったいこの2つの付属小学校はどんな学校なのか。どういう差があるのか。そして、お受験にまつわるあの噂は本当なのか?

 幼児教室「アンテナ・プレスクール」校長で、お受験界のカリスマといわれる石井至氏が著した『慶應幼稚舎と慶應横浜初等部』(朝日新書)には、2つの付属小学校にまつわる驚くべき裏話が暴かれていた。

 その前にまず、両校の教学内容を紹介しておこう。小中一環の慶應幼稚舎はかなり“特殊”である。6年間クラス替えがなく担当教諭も同じ、しかも担当によってクラスの運営方法が違う。さらに教育方針は「勉強は強制しないし、勉強は家庭の責任」という自己責任だ。だが「児童一人ひとりの興味の方向と程度に応じて、ぴったりの教育を与えてくれる」、個性を伸ばす自由闊達な方針だといっていい。

 一方の横浜初等部はそれとは正反対といっていいものだ。それは「学校で勉強はしっかり教える」ということ。これは当たり前のように聞こえるが、慶應幼稚舎がそうではないので、大きな特徴になる。幼稚舎は勉強を熱心に教えないが、横浜は勉強重視ということらしい。また中学はなくて小学校オンリーだが、2年ごとにクラス替えをするし担当も変わる。当然、お受験の内容も、慶應稚舎は体操や行動観察がメインになるが、横浜の方が“お勉強色”が強くなる。授業料は慶応幼稚舎の初年度約154万円に対して約186万円と、横浜初等部のほうが割高だが、それでも人気があるのはこの勉強重視という方針ゆえだろう。

 さて、幼稚舎か横浜初等部か、あなたは子どもをどっちに行かせる? なんていう夢を見てもらうために、この本を紹介しているわけではない。本書を読むと、幼稚舎だろうが、横浜だろうが、そんなものは所詮、庶民にとって手の届かない存在であることがよくわかる。

 冒頭で子どもを幼稚舎に入れている有名人の名前を列挙したが、慶應幼稚舎も横浜初等部も、セレブの子弟がほとんど。そんなところから、慶應のお受験には様々な噂が流布される。曰く、コネがないと入れない。曰く、裏金を積まないと入れない。それらの問いに、お受験のプロである著者はさらりとこう言ってのけるのだ。

「コネや寄付金で入学している人はせいぜい4人に1人程度」

 入学者の4分の1──。この数字は「せいぜい」どころの話ではないだろう。受験の“常識“にならされた著者にとっては「せいぜい」かもしれないが、普通に考えればその比率は驚くほど高い。具体的に言うと祖父母の両方、あるいは片方が幼稚舎出身でかつ父母も同様の3代目の子どもは圧倒的に合格率が高いという。

 さらにお金である。筆者はある親から幼稚舎に入るには「8000万円」必要という話を聞いたがそれは「詐欺だ」と断言する。その理由は「金額が低すぎる。そんな『端金』では合格しない」からだ。その上でこんな驚くべき話を口にするのだ。

「私の取材したところでは、お金で慶應幼稚舎に合格するには、最低10億円は必要だ」

 じ、じゅうおく? これは裏金はなく、寄付金だというが、本当だとしたら桁違いの数字ではないか。実際にこんな話も存在するという。

「日本人であれば誰でも知っているIT長者は、子供を慶応幼稚舎に入れている。彼の場合は、40億円の寄付をしたと言われている」

 現実社会で起こっていることとは思えない話だが、そこまでして幼稚舎に入れても、落ちこぼれて中学や高校で中退するケースもあるし、大学でも一般入学者との学力差は歴然で、授業についていけない内部進学者が続出している、という話もよく聞く。
 
 また、親の中には幼稚舎受験の際に、あわよくば、将来は慶應大の医学部へ、という希望を抱いている人も多いと思われるが、幼稚舎から医学部へ進学する子どもはゼロに近いらしい。もちろん医者になる子どもはいるが、多くは「高校から親の出身の私立医大を受験している」のだとか。

 では、いったいなんのためにそんな巨額の金を積んでまで入学させたがるのか。一般庶民には驚きの連続だが、これが名門慶應幼稚舎、そして日本の上流階級の実像なのかもしれない。

 最後に幼稚舎出身の著名人を上げておこう。ニュースキャスター・木村太郎、お天気お兄さんの石原良純とその2人の弟、元プロテニスプレーヤーの松岡修造、女優の二谷友里恵、ユーミンの夫・松任谷正隆、大金持ちモデルの森泉。そして、ネトウヨのアイドル・竹田恒泰──。うーん、確かに“独特”である。
(林グンマ)

最終更新:2018.10.18 05:39

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

慶應幼稚舎と慶應横浜初等部 (朝日新書)

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

慶應幼稚舎に金で入るにはいくらかかる? コネ入学者の割合は?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。お受験慶應の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍の吉本新喜劇出演をウーマン村本と星田英利が批判!
2 池袋暴走事故の容疑者逮捕なしに批判、元検察幹部も
3 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
4 萩生田発言が大阪12区補選に影響!安倍首相が窮地に
5 週刊誌の秋篠宮バッシングは官邸が発信源か?
6 ブラックホール会見でNHK記者“日本スゴイ”質問に世界が失笑
7 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
8 つんく♂が秋元のメンバー差別に
9 上野千鶴子「東大祝辞」へのワイドショーコメントが酷い!
10 秋元康の東京五輪に椎名林檎が危機感
11 ウーマン村本がよしもと社長からの圧力を激白!
12 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
13 自衛隊スパイ事件、官邸が解禁の理由
14 岩城滉一騒動で「在日」差別激化
15 橋下徹が岩上安身リツイート裁判で矛盾を追及され逆ギレ!
16 松尾貴史「日本を壊しているのは安倍さん」
17 東電が福島原発の廃炉作業を外国人労働者に押しつけ
18 ゴーン逮捕“国策捜査説”を裏付ける経産省メール
19 萩生田光一の問題は消費税延期論でなく「ワイルド改憲」発言
20 収賄疑惑の甘利大臣がバンダイとも
1 国民健康保険料が大幅値上げ、年間10万円増額も
2 安倍首相と省庁幹部の面談記録ゼロ!安倍政権“公文書破壊”の実態
3 石野卓球がワイドショーに勝利した理由
4 忖度道路めぐり安倍の直接指示の新事実が
5 安倍首相が「桜を見る会」に『虎ノ門ニュース』一行を堂々招待
6 安倍が“忖度道路”の要望書を提出、山陰自動車道でも利益誘導
7 上野千鶴子「東大祝辞」へのワイドショーコメントが酷い!
8 塚田「忖度」発言は事実! 麻生利益誘導の疑惑
9 イチローに国民栄誉賞を断られ安倍政権が赤っ恥
10 野党議員をデマ攻撃「政治知新」の兄・自民党県議を直撃!
11 NHKで国谷裕子を降板に追い込んだ人物が専務理事に復帰
12 維新勝利で橋下徹が「反対した年配の人が死んじゃった」
13 中村文則が安倍政権批判に踏み込む理由
14 『あさイチ』の「中高生に韓国が人気」企画炎上の異常
15 安倍首相「桜を見る会」招待状が8万円で売買との報道!
16 菅官房長官「令和おじさん」人気の正体!
17 ゴーン逮捕“国策捜査説”を裏付ける経産省メール
18 「あつまれ!げんしりょくむら」以外も…原子力ムラの醜悪SNS戦略
19 衆院補選で安倍自民党が大惨敗の予想が!
20 ピエール瀧出演の『麻雀放浪記2020』に“安倍政権への皮肉”

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄