海老蔵のUFO目撃ブログに関係者から「ヤバすぎる」と心配の声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
ebizouufo_001_140711.jpg
『なぜ宇宙人は地球に来ない?』(PHP新書)

 跡取りも出来て落ち着いたのか、スキャンダルもしばらく聞こえてこなかった市川海老蔵だが、先日、ちょっと変わった話題で注目を集めた。

 その話題とは、UFO。なんと、海老蔵は自分がやっているブログで未確認飛行物体を目撃したと報告したのである。「もしかしてみちゃった?」というタイトルがつけられたそのブログには、夜空にふたつの発光物らしきモノが写り込んでいる写真が2枚アップされ、こんな文章が……。

「なんか変なの飛んでた…(中略)UFOって信じますか? 私は…まぁ 我々地球人いるから居てもおかしくないと思うけど…」

 年間6000回以上の更新をするほどブログにはまっている海老蔵としては、ちょっと悪ノリして読者サービスしたつもりだったのかもしれない。だが、彼の周囲は、これがきっかけになって、海老蔵が変な方向にエスカレートしないか、と本気で心配しているという。

 というのも、海老蔵はもともとオカルトにはまりやすい体質を持っているからだ。そのひとつが、以前、「週刊ポスト」(2013年9月13日号)や「女性セブン」(14年5月8・15日号)にも報じられた、霊感をもつゲイバーのママとの関係だ。このママ、以前は新宿2丁目でゲイバーを経営していたが、その頃から手かざしの占いが百発百中あたると噂になり、芸能人などが多数つめかけていた。

 少し前に店が渋谷にうつってからもその評判は相変わらずで、長澤まさみなども常連客のひとりらしいが、数いる芸能人客の中で、このママにもっとも心酔していたのが海老蔵。なんでも、例の西麻布殴打事件を予言されていたのを知ったのがきっかけといわれているが、一時は身につける物や服から方角まで、店主の占いなしでは生活できないほどの状態だったという。

「その後、ママへの心酔ぶりを週刊誌に書かれたり、ママの日中戦争勃発という占いがはずれたことなどから、一時の熱は冷めたようですが、海老蔵のオカルト好きは相変わらず。『霊界からの声が聞こえた』と真顔でいうこともあるらしい。それで、親しい人たちは、今回のUFO目撃がきっかけで、UFOにハマってブログで変な事を口走るようになるんじゃないか、と心配しているというわけです」(芸能週刊誌記者)

 実際、ブログの後の5月16日に「東京スポーツ」が海老蔵を直撃しているのだが、海老蔵は嬉々として「車に乗っていたら、すごい光ってて動いてる物体があったから、変だな~と思って、慌てて車を止めて撮ったんだよ」と解説したうえで、今回だけでなく「都内で何度か見たことがある」と告白。本気度が高まっているにおいをぷんぷんただよわせている。

 それにしても、なぜ芸能人はこうも簡単に、占いやオカルトにはまるのだろう。占い師への心酔といえば、少し前に中島知子の騒動があったばかりだし、UFO目撃を口にする芸能人も大御所・北島三郎はじめ、後を絶たない。

 そんな疑問に答えているのが博学と評判のタレント・松尾貴史だ。松尾は最近、出版した『なぜ宇宙人は地球に来ない?』(PHP新書)でこう解説している。

〈芸能やテレビの業界に身を置いていると、どうしても「オカルト気質」ともいうべき人が多く(中略)本人の実力だけではどうにもならない「運」に左右される部分が大きく占める世界だけに、ご託宣、占い、縁起担ぎ、オカルト、風水などの「助言」で重大な行動を決めてしまう人までいて、超自然の世界を信奉する人も必然的に多くなっているようだ〉

 ちなみに松尾自身は、オカルト完全否定派。同書のなかでも、天文学者フランク・ドレイク博士の説を紹介して、異星人の飛来を真っ向から打ち消している。

〈いわゆるドレイク方程式、ドレイクの公式と呼ばれているものだ。すなわち、「毎年誕生する恒星の数×惑星を持つ恒星の割合×生命の発生に適した惑星の割合×その惑星の中で生命が誕生し得る割合×知的生命が発生し得る割合×高度文明になる割合×その文明の寿命=銀河系内知的文化数」だという〉

 つまり、地球で“エイリアンクラフト”のUFOを目撃する可能性は天文学的に低い確率で、ほぼありえないというのだ。他にも、松尾はUFOにまつわるさまざまな噂や陰謀論をひとつひとつひとつ検証して、わかりやすい論理で根拠がないことを指摘している。

 最近のUFO肯定派の主張は、世界支配をたくらむ某国の秘密兵器説にまでエスカレートしている。そういう危ない陰謀論をブログで口走り、またぞろ芸能生活の危機、なんてことにならないよう、海老蔵は早めに松尾の著書でも読んで頭を冷やしたほうがいいかもしれない。
(芳賀正典)

最終更新:2018.10.18 05:22

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

なぜ宇宙人は地球に来ない? (PHP新書)

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

海老蔵のUFO目撃ブログに関係者から「ヤバすぎる」と心配の声のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。UFO市川海老蔵の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍首相が台風の最中「休養」に批判殺到
2 NHKが台風19号接近のさなか台風情報に安倍政権PR紛れ込ませ
3 報ステ後藤謙次の安倍批判がキレキレ!
4 上田晋也の番組で東国原英夫と千原せいじが日韓問題への無知晒す
5 「ノーベル賞は日本人ではありませんでした」報道で露呈したもの
6 「家政婦」の名目で24時間労働の介護で日当1万円、残業代なし
7 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
8 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
9 安倍首相が「桜を見る会」で税金使って地元後援者を大量招待
10 ラグビー日本代表への“日本の心”押し付けがひどい!
11 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
12 『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
13 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
14 堀江貴文が“手取り14万円”「お前が終わってんだよ」でまた無知晒す
15 安倍の改憲で高等教育無償化はまやかし
16 志らくが津田大介との“あいトリ”討論で “お上忖度体質”を露呈
17 安倍首相の「消費税増税」国会答弁で開き直り「法人税減税」を自慢
18 葵つかさが「松潤とは終わった」と
19 松尾貴史「日本を壊しているのは安倍さん」
20 ブラックホール会見でNHK記者“日本スゴイ”質問に世界が失笑
1 久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2 安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4 明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5 『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6 『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7 『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8 文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9 埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10 安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11 菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13 安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16 『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17 GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20 『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

カテゴリ別ランキング


人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄