元祖・発言小町だった!? 100年前の読売新聞家庭面がおもしろい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
yomiurikomachi_01_140709.jpg
『こうして女性は強くなった。 家庭面の100年』(中央公論新社)

「26歳の女性です。勤務先の上司からプロポーズされて結婚したものの、彼には田舎に妻子がいました」
「妻帯者の男です。知り合いに不幸な境遇の女性がいるのですが、幸い私は生活に余裕があるので、彼女を愛人として養いたいと思っています」
「18歳女子です。処女を奪われたため一生独身を覚悟しています。親からは縁談を勧められていますが断る方法を教えてください」

「発言小町」の釣りトピか?と思われた方もいるかもしれないが、これらの人生相談は「発言小町」や「Yahoo!知恵袋」などのネット掲示板に書き込まれたものではない。

 実はこれらの人生相談はすべて、大正時代に新聞に寄せられた悩み相談を今っぽい言い回しに筆者が書き換えたもの。『こうして女性は強くなった。 家庭面の100年』(読売新聞生活部・編/中央公論新社)によると、遡ることちょうど100年前、1914年(大正3年)に始まった読売新聞家庭面の「身の上相談」コーナーこそが、女性たちが自分の思いを社会に発表する最初の場になったのだという。現在の読売新聞が運営し、女性たちが日々論争を繰り広げる掲示板「発言小町」の、まさに直系の元祖だ。

「女は自分の意見を持ってはいけない」と考えられていた時代。読売新聞という大手のマスメディアを通じて、女性の関心事や女性を取り巻く事象が社会に発信されるのは、当時画期的なことだった。当事者にとっては切実、けれど無関係な人にとっては下世話な好奇心をそそられるトピックスの宝庫だった「身の上相談」が大人気だったというのも頷けるが、それ以外の記事も時代と世相がダイレクトに反映されていておもしろい。

 たとえば、昭和初期の人気連載「街頭をゆく女 批判レンズ」は今でいう「街角ファッションチェック」。日本人のファッションが和装から洋装へとシフトしていった過渡期ならではの一般人のちぐはぐファッションを、ドン小西ならぬメイ牛山を名乗る美容家(男性)がぶった斬っている。

 服装が変われば必然、メイクの方向性も変わってくる。それまでは、おしろい、眉墨、口紅をつけるくらいとシンプルだった日本女性の化粧法から、西洋人のような立体的な顔立ちを作るテクニックが強化される流れに。「明眸を誇張して欠点をゴマ化す」という大見出しと共にハリウッドで流行中の当時の最新テクが紹介されているのも新鮮だ。

 1935年(昭和10年)に掲載されたコンドームの広告も興味深い。夫の友人から贈られたコンドームを手に「どんな意味ですの」と無邪気に首をかしげる妻と、「僕だけ解ればいいよ」と微笑む夫。一見ほほえましい光景だが、当時の女性が避妊の知識を与えられなかったことがよくわかる一コマだ。「女は処女で結婚すべき」「貞操は命懸けで守るべきもの」という考えが根強かったこの時代、女性が避妊の知識を得るなど言語道断だったのだろう。

 これらのトピックス以外にも、本書では職業婦人としての生き方や育児スタイルの変化、婦人参政権獲得までの道のりなども紹介。「くらし家庭面」の100年の歩みは、か弱く従順だった「女」がいかにして「人間」になったのかという進化の過程ともいえるだろう。

 ちなみに、冒頭に挙げた「18歳女子」に対する歌人の窪田空穂(男性)の回答が素晴らしいので、最後に紹介しておこう。W杯で盛り上がる渋谷で痴漢が続出した件について、「そんなときに渋谷に行く女が悪い」と言っているバカ男にはぜひ読んでほしい。

「婦人が自意識が足りないためとか、または勇気が足りないためとかいうのではなく、男子が暴力をもって、婦人を蹂躙していることがわかります。(中略)記者は良縁があったら結婚される事を希望します。良縁というべき縁であったら、必ずその事は許されるべき事だろうと思います」
(阿部花恵)

最終更新:2018.10.18 03:18

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

こうして女性は強くなった。 家庭面の100年

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

元祖・発言小町だった!? 100年前の読売新聞家庭面がおもしろい!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。マスコミ読売新聞釣りの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 Dappi運営会社社長が、“安倍の懐刀”元宿自民党事務総長の親族の土地に家を
2 Dappi運営企業と取引報道の自民党ダミー会社は岸田、甘利が代表の過去
3 維新の野党共闘ディスが悪質!吉村知事も“暴言王”足立康史と一緒に
4 安倍晋三が杉田水脈の名簿順位を上げ、あの初村元秘書の公認ゴリ押し
5 有名ネトウヨ「Dappi」の正体は自民党が取引先のウェブ制作会社!
6 甘利明が「スマホは日本の発明」「消費税の使途は社会保障に限定」の嘘
7 岸田首相に「話が長くて中身がない」「何を言いたいのかわからない」と悪評
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 東山紀之が“反ヘイト本”を出版
10 コロナ感染が再拡大するなか安倍首相が有名人とステーキ会食!
11 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
12 『ひるおび!』出演者のバービーが番組の野党の扱いに疑問!
13 ネトウヨDappiと自民党の関係が国会で追及されるも岸田首相はゴマカシ
14 検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
15 辻元清美が自らの不正への対応を語って甘利明に説明要求!
16 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
17 すぎやまこういち死去報道で封印された歴史修正主義と性差別肯定発言
18 首相官邸のSNSはやはり電通が仕切っていた! 高橋まつりさんも母親に
19 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
20 忘れるな、福島原発事故の主犯は安倍だ
1 Dappi運営企業と取引報道の自民党ダミー会社は岸田、甘利が代表の過去
2 有名ネトウヨ「Dappi」の正体は自民党が取引先のウェブ制作会社!
3 甘利明が「スマホは日本の発明」「消費税の使途は社会保障に限定」の嘘
4 『ひるおび!』出演者のバービーが番組の野党の扱いに疑問!
5 甘利幹事長に「闇パーティ」広告塔疑惑
6 ネトウヨDappiと自民党の関係が国会で追及されるも岸田首相はゴマカシ
7 Dappi運営会社社長が、“安倍の懐刀”元宿自民党事務総長の親族の土地に家を
8 岸田首相の解散直前『報ステ』単独出演に「放送の中立性欠く」と批判殺到!
9 辻元清美が自らの不正への対応を語って甘利明に説明要求!
10 岸田首相に「話が長くて中身がない」「何を言いたいのかわからない」と悪評
11 安倍晋三が杉田水脈の名簿順位を上げ、あの初村元秘書の公認ゴリ押し
12 維新の野党共闘ディスが悪質!吉村知事も“暴言王”足立康史と一緒に
13 すぎやまこういち死去報道で封印された歴史修正主義と性差別肯定発言

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄