“壁ドン”からの“壁ギュ”…女子が一番萌える“壁ドン”はどれ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kabedon_140704.jpeg
『きみと壁ドン』(講談社コミックスフレンドB)

「壁ドン」なるものをご存知だろうか。男性が女性を壁際で追いつめ、「ドン!」と壁に手をつき迫る。この「壁ドン」が、いま女子高生のあいだで、「一度はされてみたい!」と大人気なのである。

NHK教育テレビのバラエティ番組『Rの法則』で全国200人の女子高生に聞いた“「男子が好きな女子に出していると思う」脈ありサイン”というランキングでも、「壁ドン」は見事1位に。さらに、「壁ドン」ブームの火付け役といわれるマンガ『L DK』(渡辺あゆ/講談社コミックスフレンドB)が映画化された際は、出演者が女子高生に壁ドンするというイベントも行われた。7月8日スタートのドラマ『GTO』(フジテレビ系)でも、Sexy Zoneの菊池風磨が壁ドンするシーンが見られると話題になっている。

もはや、「壁ドン」といえば、うるさい隣人へのクレームでも、カツアゲの前フリでもない、女子のときめきシチュエーションとして浸透。この多くの女子をときめかせている「壁ドン」だが、最近ではそのバリエーションもかなり豊富になってきており、「壁ドン」ばかりを集めたオムニバス『きみと壁ドン』(講談社コミックスフレンドB)まで出版された。「壁ドン」がなぜそこまで女子を萌えさせるのか。同書から「壁ドン」の魅力を探ってみよう。

まずは、“いつも恋人未満の男友だちから壁ドン”されるパターン。「なやめるハンサムガール」(作・るかな)に登場する真琴は、長身スレンダーで中性的な顔立ちに低めの声のため、男の子に間違われることもしばしば。幼なじみで同じ部活の健介ともいつも一緒にいるものの、男同士のような関係になっていた。自分が女として見られていると思えず、ほかのかわいい女の子たちに嫉妬してしまう真琴。

そんな真琴に対して、健介は握ったこぶしを力強く壁にたたきつけるように壁ドン! そして、一言。「じゃなきゃ毎日一緒にいねーし」――。普段とはちがう真剣な男の表情を見せるのだ。いつも一緒にはしゃいだり、じゃれたりしている相手からいきなり男の部分を見せられると、たしかにドキッとしてしまう。

また、「スイーツ黒澤~シュークリームと黒澤君~」(作・Ishiko)では、嫉妬した彼氏からの壁ドンが見られる。ヒロインのむつみと黒澤は付き合いたてのカップルなのだが、むつみが調理実習のシュークリームをクラスメイトの男子にあげたのを見て、黒澤はヤキモチを妬く。そして、「なんで純平にシュークリームあげたの?」と、ここで壁ドン。

しかも、逃げる彼女を抱えあげ、壁際の棚に座らせてからの壁ドン! これなら、身長差も関係ない。右手で壁ドンし、左手を腰に添えることで彼女が倒れないように支える優しさを見せながら、より逃げられない雰囲気も演出されるので、ドキドキ度も増量。自分の表情も隠せず気恥ずかしいが、「(ほかの女子からのシュークリームを)むつみがくれると思って断ってたんだけど」という相手の拗ねた表情も至近距離で見ることができる。セリフと表情の威力を最大限に引き出すためにも、壁ドンは最高のシチュエーションなのだ。

 そして、ここまでは男子から壁ドンされるシチュエーションだったが、逆に女子から壁ドンしてみるのもありだ。「青春乙女番長!~鬼ごっこDE壁ドン~」(作・清野静流)では、ヒロインの女の子が好きな男の子と鬼ごっこをしているときに、両手で壁ドンして追いつめる。かわいい男の子が瞳をうるませ、壁際に縮こまっている姿を見たら、壁ドンしたくなる男子の気持ちも理解できるかもしれない。

 また、たとえかわいい男の子相手でなくても、「L DK~壁ぎわのファンタジスタ~」(作・渡辺あゆ)で登場するカップルのように、壁ドンしてきた女性をそのままギュッと抱き寄せる「壁ギュ」に移行する可能性もある。自分が攻めていたはずなのに、結局いつの間にか立場が逆転してしまうというこの流れには、女子なら抗えないはずだ。

 ほかにも、意地悪で通せんぼするような壁ドンに、身動きをとれなくさせてお仕置きするための壁ドンなどが本書には登場するが、少女マンガにはまだまだたくさんの壁ドンがあふれている。草食男子が増える一方、強引な男子への憧れがより高まっているのかもしれない。

 とはいえ、「一度はされたい」といっても、いわゆる“ただしイケメンに限る”というやつなので、リアルで実践するのはご注意を!
(田口いなす) 

最終更新:2018.10.18 04:38

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

きみと壁ドン (講談社コミックスフレンド B)

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

“壁ドン”からの“壁ギュ”…女子が一番萌える“壁ドン”はどれのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ハラスメント壁ドン新語の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 れいわから出馬 水道橋博士が主張する「反スラップ訴訟法」の重要性!
2 葵つかさが「松潤とは終わった」と
3 岸田政権の“改憲”の本命「緊急事態条項」はこんなに危ない!
4 町山、ロマン、水道橋、春日、豪の論戦
5 坂上忍『バイキング』打ち切りはフジ上層部による政権批判潰し
6 自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
7 維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
8 『女が嫌いな女』アンケートの噓を暴く
9 「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
10 古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
11 X JAPAN、TAIJIの死の謎
12 古舘伊知郎“最後の一刺し”がテレビ大賞
13 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
14 オリラジの吉本興業退所でマスコミが触れない松本人志をめぐる圧力
15 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
16 ペジー社社長の財団が山口敬之の実家に
17 ロシア入国禁止リストに“安倍元首相の名前なし”で「やっぱり」の声!
18 古舘降板は安倍とテレ朝上層部のせい
19 朴槿恵と同じ!安倍も操られていた
20 川島なお美が近藤誠の診断を告発
1 「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
2 自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
3 維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
4 れいわから出馬 水道橋博士が主張する「反スラップ訴訟法」の重要性!
5 古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄