全米決勝進出! 大坂なおみの「黒人差別抗議マスク」に冷ややかな反応しかしない日本のマスコミとスポンサーの意識の低さ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
全米決勝進出! 大坂なおみの「黒人差別抗議マスク」に冷ややかな反応しかしない日本のマスコミとスポンサーの意識の低さの画像1
大坂なおみTwitter


 テニスの大坂なおみ選手が、全米オープンで2年ぶりに決勝に進出した。決勝は日本時間13日早朝におこなわれる予定でまだ勝敗はわからないが、いずれにしても、この間の大坂の戦いの軌跡は、まちがいなく歴史に残るものだ。

 2回目の全米決勝進出だからではない。テニスプレーヤーとして大きな大会の試合に取り組みながら、同時にこれまでだれもやらなかったかたちで反差別のメッセージを発信し続けたからだ。

 大坂選手は、1回戦、今年3月に自宅で寝ていたところを警察官に撃たれて死亡したアフリカ系女性ブレオナ・テイラーさんの名前が、白抜きでプリントされた黒いマスクをつけて登場。全米オープンの決勝戦までの7試合につけるため、黒人差別・ヘイトクライムによって命を奪われた犠牲者たちの名前を記した7枚のマスクを用意したことを明かし、「(犠牲者が多く)7枚のマスクでは数が足りないことを、とても悲しく思います。なんとか決勝まで勝ち残り、すべてのマスクを見せたい」と語っていた。

 その後、大坂選手は宣言どおり勝ち続け、2回戦では昨年8月にコロラド州で警察官に首を絞められ死亡したイライジャ・マクレーンさん、3回戦には今年2月ジョージア州でジョギング中に白人男性に射殺されたアマード・アーベリーさん、4回戦にはBLM運動の始まるきっかけとなった2012年フロリダ州で自警団に射殺された高校生トレイボン・マーティンさん、準々決勝にはBLM運動拡大のきっかけとなった今年5月ミネソタ州で警察官に殺害されたジョージ・フロイドさん、準決勝では2016年にミネソタ州で職務質問中に射殺されたフィランド・キャスティルさんの名前が、それぞれプリントされたマスクをつけてコートに立ってきた。

 そして大坂は13日、宣言通りに7枚目のマスクをつけて、決勝戦に臨む。それだけでもすごいことだが、しかし、それ以上にもっと評価したいことがある。それは大坂がここにいたるまでずっと悪辣な攻撃や冷ややかな反応にさらされていたにもかかわらず、まったく怯むことなく真っ向から戦い続けてきたことだ。

 大坂の黒人差別への抗議行動が初めてクローズアップされたのは、今年5月25日にアメリカ・ミネソタ州ミネアポリスでアフリカ系男性ジョージ・フロイドさんが警察に殺害されたことをきっかけに全米に広がっていった黒人差別への抗議運動、Black Lives Matterに参加したことだった。

 詳しくは既報を読んでいただきたいが(https://lite-ra.com/2020/06/post-5459.html)、ツイッターなどで繰り返し差別への抗議を熱心に発信し、路上の抗議運動にも参加。大坂選手のツイートには、彼女の知性とセンスを感じさせるユーモアを交えながらも、その言葉には強い怒りと切実さがハッキリと込められていた。

 たとえば、恋人であるラッパー・YBNコーディの〈もはや沈黙は裏切りだ(there comes a time when silence is betryal)〉という投稿をリツイート(5月29日)するなど、大坂選手は差別そのものに怒っているのはもちろん、差別に対していまもまだ多くの人が沈黙していること、さらに多くの人が大坂選手に沈黙を強いてくることにも、強い違和感を吐露していた。

 自身が差別への抗議を表明するとともに、繰り返し大坂選手が訴えていたのは、差別をなくすために、沈黙するのではなく、もっと多くの人に発言してほしい、動いてほしいということだった。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

全米決勝進出! 大坂なおみの「黒人差別抗議マスク」に冷ややかな反応しかしない日本のマスコミとスポンサーの意識の低さのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。アマード・アーベリージョージ・フロイドテニス全米オープン大坂なおみ酒井まど黒人差別の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
2 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
3 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
6 高市推薦、自民党ヒトラー本が怖すぎ
7 安倍が支援、高市早苗が「さもしい顔して貰えるもの貰う国民ばかり」
8 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
9 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
10 高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
11 海上自衛隊が「イジメ自殺」を過労死として隠蔽
12 DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 
13 安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
14 自衛隊に横行するいじめ自殺の実態
15 統一教会が安倍トランプ会談を仕掛けた
16 山口敬之逮捕を握り潰した“官邸の忠犬”中村格が警察庁ナンバー2に!
17 室井佑月の『ひるおび!』降板で麻木久仁子が滝川クリステルに疑問
18 「政治のせいで命失う」正論を口にした野々村真が炎上させた自民党応援団!
19 自民党政権が「一般病床削減」を継続、看護師5万人削減の計画も
20 高市早苗発言に池上、田原らが抗議!
1安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
2安倍が支援、高市早苗が「さもしい顔して貰えるもの貰う国民ばかり」
3八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
4高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
5八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
6山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
7河野太郎がワクチンを総裁選に利用!はじめしゃちょー相手にデマも
8堀江、竹中だけじゃない 菅首相に「がんばった」と同情論寄せる世論
9「政治のせいで命失う」正論を口にした野々村真が炎上させた自民党応援団!
10総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
11河野太郎が会見で露骨な安倍忖度!森友再調査の質問に答えずワクチンで大嘘
12安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
13自民党政権が「一般病床削減」を継続、看護師5万人削減の計画も
14DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄