検品したアベノマスクにまだ「虫」…作家で医師の海堂尊が画像を公開し「絶対に着用すべからず」、背景にある安倍政権の体質も批判

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
検品したアベノマスクにまだ「虫」…作家で医師の海堂尊が画像を公開し「絶対に着用すべからず」、背景にある安倍政権の体質も批判の画像1
配布されたアベノマスク


 安倍首相の新型コロナ対応を象徴するものといえば、なんといっても、約466億円もの予算(最終的な契約額の総額は約260億円と発表)を投じた「アベノマスク」だろう。15日、厚労省は安倍首相肝いりの「アベノマスク」について、「おおむね配布を完了した」と発表したが、SNS上では「まだ届いていない」という声が続出している。

 だが、もし「アベノマスク」が届いていたとしても、着用はやめたほうがいい。といっても、これは本サイトが“安倍憎し”のあまり言っているわけではない。実際、そう呼びかけている人物がいるのだ。それは、作家の海堂尊氏だ。

〈今回は日本全国民に一世帯あたり2枚配布された布マスク、いわゆる「アベノマスク」について、注意喚起します。〉

 海堂氏といえば、ドラマ・映画化された『チーム・バチスタの栄光』『ジェネラル・ルージュの凱旋』(ともに宝島社)などの“チームバチスタシリーズ”や、やはりドラマ化された『ブラックペアン1988』(講談社)など医療をテーマにした作品で知られる小説家だが、同時に海堂氏は外科医、病理医でもあり、オートプシー・イメージング(Ai/死亡時画像診断)の導入を提唱してきた人物。現在も国立研究開発法人放射線医学総合研究所の研究員を務めている。

 その医療従事者である海堂氏が「アベノマスク」に注意喚起をおこなったのは、16日に公開されたNIKKEI STYLEで連載中の「海堂尊の死ぬまで生きる」でのこと。

 海堂氏は、4月中旬に「アベノマスク」が届いていたものの〈「アベノマスク」は衛生上、大変不潔なものだという評判が立ってい〉たことから、〈元外科医として清潔という概念を徹底的に教え込まれた身としてはとても使う気にならず、放置していました〉という。だが、知人から“「アベノマスク」を携帯電話のカメラで拡大撮影するとゴミだらけだった”と写真が送られてきたことから、自身の手元に届いていた「アベノマスク」も〈観察〉してみたのだという。

〈すると我が家の「アベノマスク」には小昆虫らしきものがいました。つまり我が家のアベノマスクは「ムシノマスク」バージョンだったわけです。〉

 海堂氏はその写真の画像も公開。たしかにそれを見ると、何かが付着していることがわかる。口元に密着させて長時間を過ごすなど、とてもじゃないが御免被りたいシロモノだ。

 しかも、SNS上では海堂氏と同じように、「アベノマスク」に虫がついていたという報告が多数ある。たとえば、海洋生物学が専門の大久保奈弥・東京経済大学教授も、自身の手元に届いた「アベノマスク」を未開封のまま、上下から光を当てられる実体顕微鏡に顕微鏡カメラを付けて撮影し、虫にしか見えない物体が付着していることがはっきりわかる画像をTwitter上に投稿している。

「アベノマスク」に虫やゴミの混入、カビの付着があったことは厚労省も認めていることで、だからこそ4月23日に布マスクを納入した興和、伊藤忠商事は未配布分の回収を発表。妊婦・介護施設など向けの分と合わせて約8億円をかけて検品作業をおこなう、と政府は発表している。だが、結局、こうして国民の手元には、虫入りのアベノマスクが届いているのが実態なのだ。無論、虫やゴミがついているのかわからないまま着用している人も多いはずだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

検品したアベノマスクにまだ「虫」…作家で医師の海堂尊が画像を公開し「絶対に着用すべからず」、背景にある安倍政権の体質も批判のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。アベノマスク厚生労働省安倍晋三森巧水井多賀子海堂尊の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
2 安倍政権が消費者庁のジャパンライフ立入検査ツブシ、内部文書が
3 自民党のネット誹謗中傷対策メンバーの平井卓也が女性蔑視書き込み
4 ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
5 デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
6 三原じゅん子が「政権を握っているのは総理大臣だけ」と無知発言
7 三原じゅん子の演説がカルトすぎる!
8 ジャパンライフの広告塔に田崎とNHK島田も
9 安倍晋太郎が山口会長に「金儲けの秘訣を教えて」と懇願した夜
10 菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
11 倒産したジャパンライフと安倍側近
12 香港の国家安全法制報道で安倍応援団の「デマ認定」フェイクに本田圭佑が
13 小籔だけじゃない、おかずクラブや尼神インターも政府PR
14 区立中学の性教育に自民党が圧力!
15 大新聞が光通信の名前を伏せ字に
16 警視庁捜査、ジャパンライフと安倍政権
17 『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
18 「桜を見る会」ジャパンライフ招待問題にマスコミが消極的な理由
19 菅政権の官房長官に決定 加藤勝信厚労相がコロナ対応で見せた無能
20 東芝崩壊と“影の総理”今井首相秘書官
1菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
2菅官房長官がテレビでもポンコツ露呈!『報ステ』では徳永有美に陰険クレーム
3 菅官房長官のトークのポンコツぶりが話題に!
4安倍首相は本当に病気だったのか? 辞任表明以降一度も病院に行かず
5つるの剛士が畑泥棒を「近くの工場で働いてる外国人」「あそこ怪しすぎる」
6デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
7安倍首相が昨晩、フルコースを完食しワイン、ゴルフの約束まで! 
8菅政権の官房長官に決定 加藤勝信厚労相がコロナ対応で見せた無能
9菅義偉“総理”誕生で権力のために不正を働く「忖度官僚」だらけに
10総裁選で自民党がまた新聞社に圧力文書!
11大坂なおみの黒人差別抗議マスクに冷ややかなマスコミとスポンサー
12台風を理由にテレビ討論欠席も菅官房長官は“災害対応おざなり”の常習犯!
13ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
14小泉今日子が怒りの反論「共産党から出馬」ガセ情報は内調の仕掛けか
15大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
16菅内閣が「第三次安倍政権」化! 6月の時点で密約説
17『スシローと不愉快な仲間たち』11 「ほんこんおもんない」が証明したもの
18日産への政府保証1300億円は「半沢直樹」のモデル日本航空の倍!
19三浦瑠麗が特別講師「N高政治部」で麻生太郎が民主主義否定の暴言
20『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄