安倍政権が即位パレードのコースを変更させたのはこれが目的? 天皇皇后が前を通った自民党本部に巨大垂れ幕!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
安倍政権が即位パレードのコースを変更させたのはこれが目的? 天皇皇后が前を通った自民党本部に巨大垂れ幕!の画像1
自民党本部には垂れ幕が!


 本日、天皇の即位を披露するパレード「祝賀御列の儀」がおこなわれ、日の丸の小旗が振られる沿道とともにオープンカーに乗った天皇・皇后の姿をテレビが大々的に生中継。お祝いムード一色に染め上げられた。

 だが、このパレードが3分の1を過ぎたあたり、落ち着いた公共建築物がつづくコース沿いに、屋上から〈天皇陛下のご即位をお祝い申し上げます〉という垂れ幕をデカデカと吊り下げていた建物があった。

 ほかでもない、自民党本部だ。今回、あらたにパレードのコースが変更され自民党本部前を通過したのだが、天皇・皇后が通り過ぎる目の前に、安倍自民党はこの巨大なメッセージを掲げたのだ。ちなみに、沿道の観覧ブースでは横断幕の持ち込みが禁止され、沿道住民にはベランダに植木鉢や洗濯物を置かないように呼びかけられていたのだが……。

 そもそも、今回の自民党本部前を通るルートは、安倍首相が変更させたものだ。

 平成の代替わりの際は、皇居前広場から国会議事堂前を通り、赤坂見附、青山一丁目を通過して赤坂御所に着くという約4.7キロのコースだった。しかし、安倍首相は今年5月、国会正門前を右折し、前回は三宅坂交差点に出て青山通りに出ていたところを、今回は憲政記念館前の交差点を左折し国会図書館前を通って青山通りの平河町交差点に抜ける新ルートに決定。つまり、新ルートに変更したことで、自民党本部前をがっつり通るコースになったのだ。

 ルート変更の理由については「首都高速道路の高架沿いを通る距離を短くした」だの「より開放的な空間をパレードできる」だのと説明しているが、カットされる高架下の距離はわずか約500メートル。しかも、パレードの距離は前回より100メートルほど短くなっている。なのにわざわざこのルートを選択したのである。

 じつは、このパレードのルート変更は官邸の意向が強く反映されている。たしかに「高架沿いを避けた」新しい即位パレードのルートは昨年の秋の段階で提案されていた。だが、それは桜田通りを南下して虎ノ門の交差点を右折した後、外堀通りを進む、自民党本部前を通る今回のルートからは大きく離れたものだった。そして、この案は警備上の問題などで反対され、年明け、平成の代替わりと同じコースを踏襲することに内定。マスコミもそのことを報じていた。

 ところが、そのあと、官邸が自民党本部の前を通るルートに変更するよう強い働きかけをはじめたのだという。宮内庁や政府内には「政治利用と批判を受ける」という反対意見があったが、最終的にこのルートがごり押しされたという。

 普通なら、天皇および皇室が特定の政治色を帯びることのないように、いかなる政党や政治団体の関連施設の前も避ける配慮をするものだが、安倍政権は逆にそれを強行したのである。

 その結果、〈天皇陛下のご即位をお祝い申し上げます〉という垂れ幕を掲げた自民党本部前で多くの人が沿道で日の丸の小旗を振り、そこを天皇・皇后が通ることになった。

 しかも、即位パレードでは、天皇・皇后のオープンカーに加え、安倍首相、菅官房長官、官房副長官らを乗せた車も車列に加わったが、前回は官房副長官が2人で1台だったのを、今回は3人で3台に変更。そのため、官邸関係者の車列がのび、存在感がより強くなるかたちとなったのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

安倍政権が即位パレードのコースを変更させたのはこれが目的? 天皇皇后が前を通った自民党本部に巨大垂れ幕!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。即位パレード君が代天皇安倍晋三日本会議編集部自民党の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 Dappi運営会社社長が、“安倍の懐刀”元宿自民党事務総長の親族の土地に家を
2 Dappi運営企業と取引報道の自民党ダミー会社は岸田、甘利が代表の過去
3 安倍晋三が杉田水脈の名簿順位を上げ、あの初村元秘書の公認ゴリ押し
4 有名ネトウヨ「Dappi」の正体は自民党が取引先のウェブ制作会社!
5 甘利明が「スマホは日本の発明」「消費税の使途は社会保障に限定」の嘘
6 岸田首相に「話が長くて中身がない」「何を言いたいのかわからない」と悪評
7 コロナ感染が再拡大するなか安倍首相が有名人とステーキ会食!
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
10 『ひるおび!』出演者のバービーが番組の野党の扱いに疑問!
11 ネトウヨDappiと自民党の関係が国会で追及されるも岸田首相はゴマカシ
12 東山紀之が“反ヘイト本”を出版
13 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
14 辻元清美が自らの不正への対応を語って甘利明に説明要求!
15 ALS患者を殺害した元厚労省医系技官らの優生思想! 麻生や古市と同類
16 小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
17 眞子内親王をPTSDにした小室圭さんバッシングの裏にある差別的本質!
18 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
19 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
20 岸田首相の解散直前『報ステ』単独出演に「放送の中立性欠く」と批判殺到!
1Dappi運営企業と取引報道の自民党ダミー会社は岸田、甘利が代表の過去
2有名ネトウヨ「Dappi」の正体は自民党が取引先のウェブ制作会社!
3甘利明が「スマホは日本の発明」「消費税の使途は社会保障に限定」の嘘
4『ひるおび!』出演者のバービーが番組の野党の扱いに疑問!
5甘利幹事長に「闇パーティ」広告塔疑惑
6ネトウヨDappiと自民党の関係が国会で追及されるも岸田首相はゴマカシ
7岸田首相の解散直前『報ステ』単独出演に「放送の中立性欠く」と批判殺到!
8辻元清美が自らの不正への対応を語って甘利明に説明要求!
9Dappi運営会社社長が、“安倍の懐刀”元宿自民党事務総長の親族の土地に家を
10岸田首相に「話が長くて中身がない」「何を言いたいのかわからない」と悪評
11安倍晋三が杉田水脈の名簿順位を上げ、あの初村元秘書の公認ゴリ押し
12すぎやまこういち死去報道で封印された歴史修正主義と性差別肯定発言

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄